今年度の申込受付は終了しました。

平成29年度教員免許状更新講習を受講される方へ

京都市立芸術大学では、平成31年3月31日迄に修了確認期限を迎える方を対象に、選択領域18時間分の免許更新講習を開設します。
 なお、サマーアートスクールの一部の講座を更新講習の演習としますので、対象の講座には一般の受講者と同時に受講していただくことになります。


  • 本講習は、履修証明書を添えて免許管理者(都道府県教育委員会)へ申請することで、
      免許更新講習「教科指導、生徒指導その他教育の充実に関する事項」18時間分の受講と
      なります。
  • 教員免許状更新講習は一般の申込と方法が異なります。
  • お申込みは専用の申込用紙での郵送のみ受付けます。
  • 演習の対象講座については 講座内容をご参照ください。

講座概要

講座名美術工芸の体験と教材化(時間数:18時間)
会場京都市立芸術大学 ほか
開催期間平成29年8月7日(月)〜8月13日(日)
申込期間平成29年 6月1日(木)〜6月15日(木)(必着)
対象者小学校教諭(図画工作)、中学校教諭(美術)、高等学校教諭(美術及び工芸)
定員40名
受講料20,000 円
※ 「教員免許状更新講習料」(計18時間)として徴収いたします。(事前振込制)
※ 講座によっては材料費を別途頂く場合があります(各講座内容をご参照ください)。

ご注意

実技講座については、一般の受講者との合同受講のため、希望者多数の講座については厳正なる抽選の上調整させていただく場合があります。申込の際は,必ず第3希望まで選択してください。

▼ こちらも実技講習の選択対象講座になります
  美術教育のアイデア
(素材・技法・メディア)
教員免許状更新講習
対象講座
日時 平成29年8月11日(金・祝)〜8月12日(土)
各日とも10:00~17:00 (昼休憩1時間を含む)
2日間(計12時間)
形式 実技
対象 教員免許状更新講習受講者のみ
内容 創造への興味関心をかきたてるツールとしてタブレット端末,3Dプリンタなど新しい表現メディアが注目されています。
これらに加え,新しい素材・技法など実体験を通して教材作成に挑戦してみましょう。
講師 横田 学 (総合芸術学専攻教授)
定員 10名(最少催行人数名)
受講費 教員免許状更新講習受講料に含まれます
会場 京都市立芸術大学内
持ち物 筆記用具
※ ノートパソコン,タブレット,PC(iPadなど)をお持ちの方はご持参ください。

総合芸術学専攻の紹介ページへ

教員免許状更新講習へのお申込み


受付期間は終了いたしました。

更新講習内容に関する詳細のお問合せ

京都市立芸術大学 教職課程研究室