実施予定講座について

すべての講座の申込受付を終了いたしました。
 多数のご応募ありがとうございました。


2017年度実施予定講座・日程
  • 記載情報:講座番号と講座名(講座内容は一覧をご参照ください)
  • 複数の講座を受講希望の場合は日程の重複にご注意ください。
  • 講座の形式

    実 技
    画材や道具を使って制作をする講座です。
    講 義
    スライドレクチャーによる,普段の大学の講義の雰囲気を味わえる講座です。
    教員免許状更新講習対象講座
    教員免許状更新講習対象講座本学で実施する「平成29年度教員免許状更新講習」の申込者が,「実技講座(12時間)」として選択できる講座です。


    ※「サマーアートスクール」の申込方法とは異なりますのでご注意ください。
    ・・・詳細はこちら

    講座一覧・申込状況

    各講座の詳細は,講座名をクリックしてください。

    講座番号講座名日程申込状況
    1 ポートレート再発見
    デジタル時代にポートレートを描くとは
    8/8(火)〜8/9(水) 受付終了
    2 一歩ちかづいてみる 中国絵画の見方 8/8(火)〜8/ 10(木) 受付終了
    3 箔絵で作る飾り盆 8/8(火) 受付終了
    4 日本仏像史概説 8/9(水) 受付終了
    5 京都芸大の日本画
    裸婦デッサンから学ぶ『線』
    8/8(火) 〜 8/9(水) 受付終了
    6 シルクスクリーンで
    オリジナルの扇子を作る。
    8/8(火) 〜 8/9(水) 受付終了
    7 日本画伝統表現 琳派を学ぼう! 8/11(金・祝) 〜 8/13(日) 受付終了
    8 中高生に向けたデザイン基礎講座 10 / 22 (日) 受付終了

    …教員免許状更新講習対象

    すべての講座の申込受付を終了しました


      
    8 中高生に向けた
    デザイン基礎講座
    募集期間
    8/1(火)〜8/ 31(木)

    ※受付終了
    日時 平成29年10月22日(日)
    13:00〜17:00
    1日(4時間)
    形式 実技 / 講義

    (昨年度の様子)

    対象 中学生および高校生
    内容 ビジュアル・デザイン専攻では,「中高生のためのデザイン基礎講座」を行います。「デザインって何?」をテーマにデザインで何ができるのかについて,本学教員がわかりやすく解説します。また,学内で開催中のビジュアル・デザイン専攻学生の作品を展示した「VD展」でのギャラリートーク,実技授業として色紙を使った色彩構成を行います。
    講師 辰巳 明久 (ビジュアル・デザイン専攻教授)
    滝口 洋子 (ビジュアル・デザイン専攻教授)
    楠田 雅史 (ビジュアル・デザイン専攻教授)
    舟越 一郎 (ビジュアル・デザイン専攻准教授)
    定員 40名(最少催行人数20名)
    受講費 5,000円(画材代,資料代込)
    会場 京都市立芸術大学内
    持ち物 筆記用具,はさみ(必要な画材は全て支給します)
  • この講座は,デザインに興味を持つ中高生に,デザインという分野の実際を伝え, 中高生自らが,自分のキャリア形成を考える機会とするために行う講座であり,受験対策の講座ではありません。よって持参作品の指導は行いません。
  • 保護者の方にも,講義やギャラリートークを聴講していただくことは可能ですが,スペースの都合上,実技教室への保護者の入場はご遠慮いただきます。
  • ビジュアル・デザイン専攻の紹介ページへ

    講座一覧・申込状況へ戻る

    1 ポートレート再発見
    デジタル時代にポートレートを描くとは
    教員免許状更新講習対象講座
    日時 平成29年8月8日(火)〜8月9日(水)
    各日10:00〜17:00
    (昼休憩1時間を含む)
    2日間(計12時間)
    形式 実技

    イメージ

    対象 大学生以上の美術制作経験のある方
    内容 本学で30年余り教鞭をとる英国出身の教授を中心に,誰もがスマートフォンでポートレートを撮る今日,ポートレート絵画の意義を改めて考えてゆきます。西洋におけるポートレートの歴史的背景や,現在活躍する英国人アーティストの作品映像などを通して本テーマを学ぶとともに,実践的にポートレートを描いてゆきます。あなた自身のポートレートを再発見してみませんか。
    ※ 内容は都合により変更する場合があります。
    講師 サイモン フィッツジェラルド (油画専攻教授)
    中田 有美, 新平 誠洙 (ティーチングアシスタント)
    定員 20名(最少催行人数名)
    受講費 9,000円(材料費込)
    会場 京都市立芸術大学内
    持ち物 鉛筆,色鉛筆,コンテ,パステルなど,スケッチ用の使い慣れた画材
    ※ 講座では、水彩用ブロック(四方天糊型スケッチブック)を用意します。

    油画専攻の紹介ページへ

    講座一覧・申込状況へ戻る

    2 一歩ちかづいてみる
    中国絵画の見方
    教員免許状更新講習対象講座
    日時 平成29年8月8日(火)〜8月10日(木)
    8日(火)・9日(水)13:00〜16:10
    10日(木) 9:00〜16:10
    (昼休憩1時間及び途中休憩を含む)
    3日間(計12時間)
    形式 講義

    夏の廬山(江西省)
    (講師撮影・2016年)

    対象 経験不問
    内容 中国絵画は三千年を超える歴史があり,日本絵画にも大きな影響を与えてきました。関西では,古代から近現代に至るまで中国絵画が収集され続け,現在も多くの作品が伝わっています。
    本講座では中国絵画を鑑賞するための基礎知識のほか,より深くその歴史を理解するためのヒントをご紹介します。
    講師 竹浪 遠(総合芸術学専攻准教授)
    定員 30名(最少催行人数名)
    受講費 4,000円
    会場 京都市立芸術大学内
    持ち物 筆記用具

    総合芸術学専攻の紹介ページへ

    講座一覧・申込状況へ戻る

    3 箔絵で作る飾り盆 教員免許状更新講習対象講座
    日時 平成29年8月8日(火)
    各日10:00~17:00 
    (昼休憩1時間を含む)
    1日(6時間)
    形式 実技
    対象 経験不問,ただし小学校1年生以上
    *作業内容上,小学生が参加する場合は保護者同伴を条件とします。
    内容 ステンシル技法を使って,お盆にNOA漆(かぶれにくい漆)で絵を描き,その上に金箔を蒔いて箔絵の飾り盆を作ります。
    ※ NOA漆はかぶれる可能性もあります。その点ご理解の上受講してください。
    講師 栗本夏樹(漆工専攻教授)
    安井友幸(漆工専攻准教授)
    笹井史恵(漆工専攻准教授)
    大矢一成(漆工専攻講師)
    定員 20名(最少催行人数10名)
    受講費 6,000円
    会場 京都市立芸術大学内
    持ち物 作業着(汚れてもいい服装),カッターナイフ,筆記用具
    ※ NOA漆,金箔,筆,ステンシルシートなどの必要な材料は用意します。

    漆工専攻の紹介ページへ

    講座一覧・申込状況へ戻る

    4 日本仏像史概説 教員免許状更新講習対象講座
    日時 平成29年8月9日(水)
    各日とも10:00~17:00
    (昼休憩1時間を含む)
    1日(6時間)
    形式 講義

    (過年度の講座の様子)

    対象 経験不問
    内容 日本の仏像について,如来・菩薩・明王・天など形式別の特徴にも触れつつ,飛鳥時代・7世紀から鎌倉時代 ・13世紀までの様式展開を概説します。
    講師 礪波 恵昭 (総合芸術学専攻准教授)
    定員 20名(最少催行人数15名)
    受講費 3,000円
    会場 京都市立芸術大学内
    持ち物 筆記用具

    総合芸術学専攻の紹介ページへ

    講座一覧・申込状況へ戻る

    5 京都芸大の日本画
    裸婦デッサンから学ぶ『線』
    教員免許状更新講習対象講座
    日時 平成29年8月8日(火)〜8月9日(水)
    各日とも9:00~12:00
    (昼休憩1時間を含む)
    2日間(計6時間)
    形式 実技

    (イメージ)

    対象 経験不問,ただし高校生以上
    内容 日本画では古来より対象を「線」によりとらえ,作画を行ってきました。この講座では,本学日本画専攻が行っている人体の課題に即して,そうした「線」による表現の基礎的な解釈を,裸婦デッサンを通して学びます。
    講師 小島 徳朗 (日本画専攻准教授)
    三橋 卓 (日本画専攻講師)
    上坂 秀明 (日本画専攻非常勤講師)
    定員 25名(最少催行人数10名)
    受講費 5,000円(材料費込)
    会場 京都市立芸術大学内
    持ち物 デッサン用具一式(鉛筆(複数本),消しゴム)

    日本画専攻の紹介ページへ

    講座一覧・申込状況へ戻る

    6 シルクスクリーンで
    オリジナルの扇子を作る。
    教員免許状更新講習対象講座
    日時 平成29年8月8日(火)〜8月9日(木)
    8日(火) 13:00〜15:00
    9日(水) 13:00〜17:00
    2日間(計6時間)
    形式 実技

    (イメージ)

    対象 経験不問 (ただし高校生以上)
    内容 真夏の京都は暑い。そんな時,スッと取り出した〈扇子〉が自分の作ったものであれば,清々しい気分になることでしょう。本講座では,絵柄の指導も含め,シルクスクリーンの技法を学びます。
    講師 吉岡 俊直 (版画専攻准教授)
    定員 10名(最少催行人数名)
    受講費 5,000円
    会場 京都市立芸術大学内
    持ち物 汚れても良い服装(エプロンなど),筆記用具
    ※ 扇子材料,シルクスクリーンの用具一式は用意します。

    版画専攻の紹介ページへ

    講座一覧・申込状況へ戻る

    7 日本絵画の伝統表現 琳派を学ぼう!
    日時 平成29年8月11日(金・祝)〜8月13日(日)
    各日10:00〜17:00
    (昼休憩1時間を含む)
    3日間(計18時間)
    形式 実技

    (イメージ)

    対象 経験不問
    内容 日本絵画の伝統素材と表現を学ぶことを目的とした本講座では,昨年度と同じく琳派の技法を取り上げます。
    琳派の特徴を学ぶため,伝統的な材料=天然岩絵の具や棒絵の具・箔を使用して実習を行い,日本画材の魅力を体感していきます。
    また,実習だけではなく伝統的日本画材料についての講義を交えながら,琳派の技法と表現を学びます。
    ※ 昨年度と同じ内容で実施します。
    講師 宇野 茂男 (保存修復専攻教授)
    定員 25名(最少催行人数名)
    受講費 10,000円 (材料費込)
    会場 京都市立芸術大学内
    持ち物 墨,硯,筆(線用・彩色用),筆洗,ぞうきん,小皿,作業に支障のない服装
    ※ 和紙,箔,絵の具など,受講者準備物以外の材料・道具は用意します。

    保存修復専攻(修士課程)の紹介ページへ

    講座一覧・申込状況へ戻る


    このページのいちばん上へ

    お問合せ

    京都市立芸術大学 事務局 連携推進課 事業推進担当