第10回アーカイブ研究会のお知らせ

kasuga_lecture
第10回アーカイブ研究会

映像民族誌とアーカイヴの可能性
記録映画『スカラ=ニスカラ ~バリの音と陶酔の共鳴~』
上映+レクチャー

第10回は美術家、映像・音響作家、映像人類学研究者である春日聡氏をお迎えし,記録映画『スカラ=ニスカラ ~バリの音と陶酔の共鳴~』の上映会とレクチャーを行います。

〈概要〉
 映像民族誌とは映像で描く民族誌で、ほかの映像分野と同様に制作には膨大な素材(ストック・
フッテージ)が必要となる。
 映像・音響は祭礼や音楽やダンスなど一回性の事象を時間軸と伴に克明に記録する代わりに、文字
と違い、後から書き直すことができない。そのため記録者は事象の生起する場の流れを読み取り、臨
機応変に対応しなければならず、撮影・録音の技量が問われる。そうして記録した素材は価値を持つ
一方、さまざまな失敗やノイズが含まれる可能性がある。さらに長期保存や共有に関する問題が待ち
構えている。これらの問題はメディアのアナログ/デジタルに関わらずつきまとう。
 また記録者の存在によって事象の状況が変化する可能性を含むことに留意しておきたい。その場を
共有する記録者も刻々と変化する事象に影響を与えうる存在なのである。
 このようなことを踏まえ、ここでは、足かけ16年超のフィールドワークで撮影・録音した調査
アーカイヴを基に制作した記録映画を参照し、バリ島特有の事情も交えながら、映像民族誌における
アーカイヴとはどのような意味を持つのか、また映像作品制作によりよく活用できる創造的なアーカ
イヴとはどういうものなのか、映像民族誌とアーカイヴの可能性を考える。

  • 日時:平成27年12月8日(火曜日)午後5時から7時まで(上映60分+レクチャー)
  • 会場:京都市立芸術大学 中央棟 L1
  • 参加無料(事前申込み不要)
  • チラシ


■ 講師プロフィール
春日 聡
(かすが・あきら)
 美術家、映像・音響作家、映像人類学研究者。博士(美術)。東京藝術大学美術研究科先端芸術表
現領域博士後期課程修了。
 専門は映像人類学、音楽人類学、民俗芸能研究、映像・音響メディア研究。バリ島、日本列島にお
ける祭祀儀礼や芸能などの無形文化と聖地に関する民族誌研究。地域研究における映像・音響メディ
アの活用。
 1990年より日本列島各地、バリ島、ネパールなどでフィールド・ワークを続ける。祭祀儀礼や祝
祭空間における「可視/不可視」や「超越性」をテーマに民族誌映像の可能性を追求。
 バリ島の祭祀儀礼における多様なトランス・ダンスと、宇宙観における五大元素をモチーフにした
サウンド・スケープでつづる記録映画『Sekala Niskala スカラ=ニスカラ ―バリの音と陶酔の共鳴
―』を発表。「ふじのくに⇄せかい演劇祭2012」(SPAC静岡舞台芸術センター)、SARAVAH東京
(2012、2013年)、日本映像民俗学の会岐阜大会、東洋音楽学会西日本支部例会(2015年)など
各地で上映。
 奈良県立万葉文化館委託共同研究『日本列島の古代における音の超越性 ~祭祀芸能の比較研究と
音楽・映像による実践的研究の視座から~』研究成果発表シンポジウム「音と映像で体感する超越性
の古層」(2015年)において、パネル発表とともに映像・音響による演奏を行う。
 これまで音響彫刻作品、メディア・インスタレーション作品、ダンス作品の音楽、映像・音響作品
を多数発表。またライヴ・エレクトロニクスを中心とする演奏を自作のインスタレーション空間で行
うほか、ギャラリー、書店、神社、アート・イベントなどで発表。

講演会のお知らせ

Luciana-Galliano-Lectureai
芸術資源研究センター講演会 「イタリア未来派—芸術の革命」

イタリア未来派—芸術の革命

記譜法のプロジェクトの一環として,音楽学者で音楽美学者のルチャーナ・ガリアノ氏をお招きし,講演会「イタリア未来派—芸術の革命」を行ないます。

〈概要〉
イタリア未来派は20世紀初頭にイタリアで起こった芸術運動のひとつで,1909年に詩人フィリッポ・マリネッティがフランスの新聞『フィガロ』に発表した「未来派宣言」がこの運動の発端です。1913年にはルイジ・ルッソロが論文「騒音芸術」を発表し,ノイズ楽器「イントナルモーリ」を開発。伝統的な芸術観を否定する彼らの活動は,20世紀の芸術運動に大きな影響を与えました。絵画や彫刻といった造形芸術だけでなく,写真、建築,デザイン,ファッション,演劇,音楽,文学,政治活動に至るまで広範囲に及んだ芸術運動の思想的背景を探るとともに,ノイズ楽器のための記譜法について考察します。

  • 日時:平成27年11月20日(金曜日)午後5時から6時半まで
  • 会場:京都市立芸術大学大学会館交流室
  • 参加無料(事前申込み不要)
  • チラシ

■ 講師プロフィール
ルチャーナ・ガリアノ(Luciana Galliano)
音楽学者・音楽美学者。トリノ大学卒業。東京藝術大学修士課程修了。
2004年より2009年まで、CESMEO(国際東アジア高等研究所)取締役会役員。ミラノ音楽院、トリノ大学等にて講師を務めた後、1996年−2011年ヴェネツィア大学 Ca’ Foscari 教授。 2014年、国際日本文化研究センターに外国人研究員として滞在。現代音楽に関する深い知識と才能を兼ね備え、現代音楽、現代芸術関係の著作を数多く発表している。現在、日本のフルクサスについての著作を執筆中。イタリア未来派についても造詣が深く、今回は音楽と美術、詩、演劇などについて考察する。

シンポジウム開催のお知らせ

symposium0919

シンポジウム開催のお知らせ

ほんまのところはどうな ん、「 アーカイブ」~初心者にもわかるアーカイブ論 ~

<概要>
本イベントは,京都市立芸術大学芸術資源研究センターが主催する公開シンポジウムです。本学客員教授であり,本研究センターの特別招聘研究員を務める美術家の森村泰昌氏を迎え,今日の芸術文化において関心が高まっている「アーカイブ」について,教員・研究者がともに話し合います。自らを「アーカイブ初心者」と呼ぶ森村氏が,アーカイブに関して分からないことを研究者に聞いてみるという趣向です。「なぜ、いまの美術でアーカイブが話題となっているのか」を一緒に考えませんか。

  • 日時:平成27年9月19日(土) 午後1時~5時半
  • 会場:京都芸術センター講堂 ※会場がフリースペースから変更になりました
  • 主催:京都市立芸術大学芸術資源研究センター
  • 共催:京都芸術センター
  • 参加無料(事前申込み不要)
  • 問い合わせ先:芸術資源研究センター事務局 TEL:075-334-2231 MAIL:arc@kcua.ac.jp
  • チラシ(PDF)

登壇者:石原 友明(本センター所長・本学美術学部油画専攻教授)
    加治屋 健司(本センター准教授)
    加須屋 明子(本学美術学部教授)
    佐藤 守弘(京都精華大学デザイン学部教授)
    林田 新(本センター非常勤研究員)
    森村 泰昌(本学客員教授・本センター特別招聘研究員)        (五十音順 敬称略)

タイムスケジュール
13:00~13:30 その0:プロローグ「ボクにもわかるように話してな」(話者:森村 泰昌)
13:30~14:00 その1:「なんでそんなもんが出来てきたん」(話者:林田 新)
14:00~14:30 その2:「なにがおもろいのか教えてください」(話者:佐藤 守弘)
    休憩
14:45~15:15 その3:「アーカイブは病やて言うてる学者がいるらしい」(話者:加治屋 健司)
15:15~15:45 その4:「アーカイブを芸術にする人が増えてきた」(話者:加須屋 明子)
15:45~16:15 その5:「忘れることはよくないことですか」(話者:石原 友明)
    休憩
16:30~17:30 その6:討論「ほんまのところはどうなん、「アーカイブ」」(全員)

レクチャーコンサートのお知らせ

lecture_concert

「バロック時代の音楽と舞踏〜記譜を通して見る華麗なる時空間」

京都市立京都堀川音楽高等学校音楽ホールにおいてレクチャーコンサートを開催します。

入場を希望される方は,メールでの事前申込が必要となります。御注意ください。

<プログラム>
挨拶:柿沼敏江(本学音楽学部教授・芸術資源研究センター副所長)
導入:高野裕子(本学芸術資源研究センター非常勤研究員)
「バロック時代の音楽と舞踏」
第1部:レクチャー
 三島郁(本学音楽学部非常勤講師)
「『音楽』と『演奏』を書き留める—17〜18世紀の手稿譜を手がかりにー」
 赤塚健太郎(成城大学文芸学部芸術学科専任講師)
「舞踏譜は何を語るのかー資料としての舞踏譜の可能性と限界ー」
第2部:バロック・ダンスと演奏 〜17・18世紀のフランス・バロックオペラより〜
 リュリ:《アルミード》より〈パッサカーユ〉
 ラモー:《優雅なインドの国々》より〈野蛮人〉ほか
 樋口裕子(バロック・ダンス)
 永野伶実(バロック・フルート)
 大内山薫(バロック・ヴァイオリン)
 頼田麗(ヴィオール)
 三橋桜子(チェンバロ)

  • 日時:平成27年10月18日(日) 午後2時開演(午後1時30分開場)
  • 会場:京都市立京都堀川音楽高等学校 音楽ホール
  • アクセス:地下鉄「二条城前」2番出口すぐ 市バス「堀川御池」下車
  • (〒604-0052京都市中京区油小路通御池押油小路町238-1)
  • 主催:京都市立芸術大学芸術資源研究センター
  • 入場無料 要事前申込(先着300名)
  • チラシ

事前申込方法
メールで受付けています。
①入場をご希望される方の氏名,②連絡先ご住所と電話番号を明記の上,
arc@kcua.ac.jp へメールを送信してください。(メールでのお申込みが困難な方は,往復ハガキまたはFAXでお申込みください。)
確認次第,整理番号を記載したメールを返信します。
当日窓口にて,整理番号が記載されたメールのプリントアウト,あるいはメール画面を提示してください。
※事前申込みをされてから1週間経っても整理番号メールが届かない場合は,お手数ですが当事務局までお問い合わせください。
[問合せ]京都市立芸術大学 芸術資源研究センター事務局
〒610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6
TEL: 075-334-2231
FAX: 075-333-8533
メール: arc@kcua.ac.jp

特別授業のお知らせ

tatehata_lecture

国際展とキュレーション~今年のヴェネチア・ビエンナーレをふまえて

本校の客員教授である建畠晢氏にお話いただきます。

<概要>
ヴェネチア・ビエンナーレ日本館のコミッショナー(1990年、1993年)や、横浜トリエンナーレ(2001年)とあいちトリエンナーレ(2010年)のアーティステイック・ディレクターとしての経験をもとに、国際展のキュレーションについてお話しいただきます。今年のヴェネチア・ビエンナーレを振り返りつつ、今日の国際展のあり方についても論じる予定です。

  • 日時:平成27年7月23日(木) 午後1時~午後2時半
  • 会場:京都市立芸術大学 大学会館交流室
  • 主催:京都市立芸術大学芸術資源研究センター
  • 参加無料(事前申込み不要)
  • チラシ

■ 講師プロフィール
建畠晢
(たてはたあきら)
1947年京都生まれ。1972年に早稲田大学文学部卒業後、多摩美術大学教授、国立国際美術館館長などを経て、2011年から2015年3月まで京都市立芸術大学学長。専門は近現代美術。1990年、1993年のヴェネチア・ビエンナーレ日本館コミッショナー、横浜トリ エンナーレ2001、あいちトリエンナーレ2010のアーティステイック・ディレクターなどを務める。アジアの近現代美術の企画にも多数参画。詩人としても活躍し、1991年に歴程新鋭賞、2005年に高見順賞、2013年に萩原朔太郎賞を受賞。2015年4月から多摩美術大学学長、京都市立芸術大学客員教授。

第9回アーカイブ研究会のお知らせ

延期になっておりました第9回アーカイブ研究会の開催日が決まりましたのでお知らせいたします。

ishioka_lecture

第9回アーカイブ研究会

文化の領野と作品の領野―アーティファクトとしての視覚文化

第9回は批評家の石岡良治さんをお迎えいたします。

〈概要〉
『視覚文化「超」講義』(2014)は、現代を「情報過多時代」と捉え、そうした条件のもとでの視覚文化について考察している。そこでとりわけ注目したのは、YouTubeなどの「動画サイト」の存在などによって、膨大な情報が「イメージ」として可視化されていく傾向性である。このとき、「アーカイヴ」と「展示の空間」といった区別についての従来のイメージは大きく変容を被るように思われる。暗がりにあった資料に光を照らす、というイメージから、事物やデータの水平的な移動というイメージへの移行が何をもたらすのかを考察する。(講師談)

  • 日時:平成27年10月23日(金曜日)午後3時から4時半まで
  • 会場:京都市立芸術大学 アトリエ棟3F 構想設計ゼミ室
  • 参加無料(事前申込み不要)
  • チラシ

■ 講師プロフィール
石岡良治
(いしおか・よしはる)
批評家・表象文化論。青山学院大学ほかで非常勤講師。著書に『視覚文化「超」講義』(フィルムアート社、2014年)『「超」批評 視覚文化×マンガ』(青土社、2015年)ほか。

特別授業のお知らせ

igarashi_lecture

特別授業のお知らせ

3.11後に企画した展覧会とプロジェクト~あいちトリエンナーレ2013を中心に

建築史・建築批評家である,五十嵐太郎氏をお招きし,3.11後に企画した展覧会とプロジェクトについてお話しいただきます。

<概要>
東日本大震災の後,3つの展覧会を企画しました。また被災地において,建築と美術を横断するプロジェクトにも関わりました。そこで芸術監督をつとめた,あいちトリエンナーレ2013を中心に,アーティストや建築家がどのように向き合ったかについて振り返りたいと思います。(五十嵐太郎)

  • 日時:平成27年6月8日(月) 午後3時~(5時終了予定)
  • 会場:京都市立芸術大学 大学会館交流室
  • 主催:京都市立芸術大学美術学部
  • 共催:京都市立芸術大学芸術資源研究センター
  • 参加無料(事前申込み不要)
  • チラシ

■ 講師プロフィール
五十嵐 太郎
(いがらし たろう)
1967年生まれ。建築史・建築批評家。1992年、東京大学大学院修士課程修了。博士(工学)。
現在、東北大学教授。あいちトリエンナーレ2013芸術監督、第11回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展日本館コミッショナーを務める。第64回芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。『現代日本建築家列伝』(河出書房新社)、『被災地を歩きながら考えたこと』(みすず書房)ほか著書多数。

研修会のお知らせ

seminar.3

研修会のお知らせ

著作権の基礎知識

創作活動や論文作成に欠かせない著作権の基礎知識を学ぶ研修会です。
本学の顧問弁護士で、知的財産権問題の第一人者である弁護士の伊原先生を講師にお迎えし、
質疑をまじえ講義をしていただきます。ぜひご参加ください。

  • 日時:平成27年6月3日(水曜日)午後5時から90分程度
  • 会場:京都市立芸術大学 大学会館交流室
  • 対象:学生・教職員
  • 主催:京都市立芸術大学リポジトリ運営会議
  • 共催:京都市立芸術大学芸術資源研究センター
  • 参加無料(事前申込み不要)
  • チラシ

■ 講師プロフィール
伊原 友己
(いはら ともき)
弁護士・弁理士。昭和59年京都産業大学法学部卒業。平成2年弁護士登録。同年,京都産業大学法学部講師となる。以降,弁護士活動に加え,立命館大学・龍谷大学・関西大学・京都大学医学部でも教鞭をとる。平成26年度日本弁護士連合会知的財産センター委員長。現在,弁護士知財ネット理事を務めるほか,立命館大学(大学院・法務研究科)非常勤講師。近著(分担執筆)に「知的財産訴訟実務体系Ⅰ〜Ⅲ」「最新判例知財法」「実践知財ビジネス法務」など。

塩見允枝子特別授業のお知らせ

shiomi_lecture150616

塩見允枝子特別授業

フルクサス パフォーマンス・ワークショップ
〜実演を通してフルクサスを体験しよう〜

特別招聘研究員塩見允枝子氏によるフルクサス パフォーマンス・ワークショップを行います。

  • 日時:平成27年6月16日(火曜日)午後3時半から5時半
  • 会場:京都市立芸術大学 大学会館ホール
  • 参加無料(事前申込み不要)
  • チラシ

*FLUXUS(フルクサス)とは,1960年代以降,音楽,美術,演劇など,さまざまなジャンルとメディアを横断する芸術実験を国際的規模で繰り広げた前衛芸術運動。ジョージ・マチューナス,ヨーゼフ・ボイス,ナム・ジュン・パイクらに加え,日本からも塩見允枝子や小杉武久,ハイ・レッド・センターなどが参加した。

当日は,参加者の皆さまの中からパフォーマーを募って行いますので,どうぞ奮ってご出演ください。なお,音の出る小物体や簡易楽器をお持ちの方はご持参ください。


■ 講師プロフィール
塩見允枝子
(しおみ みえこ)
音楽家。1938年、岡山市に生まれる。1961年、東京芸術大学音楽学部楽理科を卒業。大学在学中より小杉武久らと「グループ・音楽」を結成、即興演奏やテープ音楽の制作を行う。1963年、ナム・ジュン・パイクを通じてフルクサスを紹介され、翌年ニューヨークに渡る。1965年、メールによるイヴェントシリーズ「スペイシャル・ポエム」を開始。同年帰国。1969年、音楽や映像、美術、舞踊など多様なジャンルの融合の実験として開催されたクロストーク・インターメディアに参加。1970年より活動の拠点を大阪に移し、言葉と音を軸にした室内楽や劇場的な作品を発表。90年代から電子テクノロジーへの関心を持ち、詩的な発想と独自の方法論で、音と視覚的要素を結合したパフォーマンスを編み出す。1995年パリ、1998年ケルンにて個展。その後も国内外で数々のフルクサス展に参加し、マルチプルの作品や出版物を出品、また各地で演奏会やワークショップを行う。本学との関係では、2005年11月大学会館にて大規模なワークショップ開催、2014年から芸術資源研究センター特別招聘研究員。

ニューズレター創刊号発行のお知らせ

newsletter_01

芸術資源研究センターニューズレター創刊号

目次

  • ロゴデザインについて 舟越一郎 01
  • 芸術資源研究センター概要 加治屋健司 02
  • プロジェクト 04
  • 研究活動 10
  • ささやかにして、壮大なー 建畠晢

2015年3月31日発行

PDF版をこちらでご覧いただけます。

1 2 3 4 5 6 7 8

ページトップへ戻る