資料体の調査・収集

 芸資研は、京都芸大が所蔵する芸術作品や各種資料を中心に芸術資源を調査収集し、創造的に活用する予定である。芸資研は発足したばかりなので、収蔵庫も収蔵品・収蔵資料も持っていない。芸術資料館や附属図書館と連携しつつ、学内各所に点在する芸術資源の目録作成を進めると同時に、将来的には京都を中心とした学外の芸術資源も含めて、その創造的な活用を推進したいと考えている。

ページトップへ戻る