Sujin Memory Bank Project

| 2015年度から |
*2018年度「映像アーカイブの実践研究」から名称を変更

プロジェクト・リーダー:林田新(客員研究員)

過去を保存し未来へと継承することは,アーカイブに期待される機能の一つです。残されたものの事後の検証・活用に,写真を含む映像が果たす役割や可能性について,実践的な立場で研究に取り組み,ワークショップ等で考察を深めます。

【研究活動】
2015年度
2016年度
2017年度

映像アーカイブの実践研究1 映像アーカイブの実践研究2
・ワークショップ「声なき声」の様子

 

ページトップへ戻る