タイムベースドメディア作品アーカイブにおける鑑賞性の保存・修復・再創造

| 2019年度から |

プロジェクトリーダー:砂山太一(美術学部准教授)
共同研究者
 佐藤知久(芸術資源研究センター教授)
 石谷治寛(芸術資源研究センター非常勤研究員)

芸術資源研究センターで構築したダムタイプ作品《pH》のデジタル・アーカイブと仮想現実(VR)シミュレーターの更なる活用方法に関して研究する。シミュレーター内でのパフォーマンスの再現および情報技術を用いたアーカイビングの技法を探求し,VRによる作品鑑賞を介したアーカイブ閲覧の今日的可能性について検証する。


ページトップへ戻る