美術関連資料のアーカイブ構築と活用

| 2016年度から |

森村泰昌アーカイブ プロジェクトリーダー:加須屋明子(美術学部准教授)

井上隆雄写真資料に基づいたアーカイブの実践研究 プロジェクトリーダー:山下晃平(美術学部非常勤講師)

名画の中の人物や著名人に扮する作品で知られる森村泰昌(1951-)や,仏教美術,京都の文化,また美術作家の作品や展覧会の記録など幅広く撮影し続けた写真家井上隆雄(1940-2016)らの,各種関連資料のアーカイブ構築と活用について実践的に取り組みます。

【活動報告】
森村泰昌アーカイブ
2014年度
2015年度
2016年度

美術関連資料のアーカイブ構築と活用
2017年度

mori3-2

  • 森村泰昌に関する文献資料

井上隆雄写真資料に基づいたアーカイブの実践研究

  • 資料室での調査作業の様子
  • 京都芸大「今熊野・岡崎学舎」井上隆雄写真展の展示風景

ページトップへ戻る