工芸科基礎

本学は専攻別入試ではなく,科別入試を採用しています。1回生前期の総合基礎実技を履修後,各科の基礎実技を学びます。

工芸科の基礎実技

1年次後期の工芸基礎において3専攻の基礎を学び,2年次から各専攻に分かれます。

工芸基礎(1年次後期)

陶磁器,漆工,染織の各専攻課程へ進むために必要となる素材と技術の基礎を修得し,各専攻の専門課程の内容を知り,選択の指針とします。(それぞれ4週間程度)

  • 陶磁器…成形から本焼成に至るまでの作陶の基本的な工程をひと通り体験します。
  • 漆工…木を削り合成漆を塗装し,装飾を加えるという基本的な漆工芸のプロセスを体験します。
  • 染織…「糊型染」を基礎学習のテーマとして,観察からのイメージの発想,展開,そして表現へと発展させる染織美術の基本を体験します。

陶磁器基礎A(2年次前期)・B(2年次後期)

成形技術として「ろくろ」「タタラ」「手びねり」の習得,装飾技術として「呉須(ごす)」「鉄絵」「化粧」などの基礎的加飾方法と,「釉薬実習」で釉薬と焼成の基礎的知識を取得します。

漆工基礎A(2年次前期)・B(2年次後期)

漆芸の用具,漆の性質,木工具・機械等の使用方法,漆工全般の基礎実習と制作を行います。デッサン,木地(製図,箱,器,家具),髹漆(器物及び変わり塗り),加飾(パネルに漆技法で装飾),乾漆(立体造形・複合素材加工)の学習を重ね,それぞれの技法の要点を習得します。

染織基礎A(2年次前期)・B(2年次後期)

「染織基礎A」は,染技法を中心に,ろう染制作,プリント表現,型染制作,植物染料実験等を行います。また,「染織基礎B」は,織,繊維を中心に繊維造形実習,繊維素材研究,織物制作,技法研究(フェルト・ニットなど)等に取り組みます。

「染織基礎A」,「染織基礎B」ともにドローイングやデッサン,染色実験なども行います。