デザイン科基礎

本学は専攻別入試ではなく,科別入試を採用しています。1回生前期の総合基礎実技を履修後,各科の基礎実技を学びます。

デザイン科の基礎実技

1年次後期から2年次後期までのデザイン基礎で3専攻の基礎を学び,3年次から各専攻に分かれます。

デザイン基礎1(1年次後期)

一日一課題の制作(立体課題,レタリング,色彩課題,自然観察,製図課題)を多様なデザイン技法を用いて制作することで,表現技術を習得します。

デザイン基礎2A(2年次前期)・2B(2年次後期)

素材そのものの体験から自己の表現を見つけることを重視しながら,1~2週間で完成させる課題を繰り返し行うことで,デザイン全般に通じる木工,写真,ペーパーワーク,空間造形,シルクスクリーンなど様々な表現技術を習得し,各専攻に進むための発想と技術を訓練します。