閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

環境デザイン専攻

古都のデザイン資源から学び

環境を豊かにする方法を提案

教育目的

制作風景

環境デザイン専攻では,世界的な観点から見て高い価値のある京都という古都を観察し,その豊かな環境デザインの資源から学び,それを現代の制作に活用する可能性について考えます。京都の庭園,伝統建築,歴史的な街並みに直接触れることにより,学生は長期的,大局的な視点からものを判断し制作する方法を発見するようになります。卒業直後だけではなく,一生にわたり日本の今後の環境と生活の意匠を豊かにする方法を自主的に探り,積極的に提案できることを目指します。

授業概要(カリキュラム)

1年次前期の総合基礎実技を修了後,1年次後期—2年次後期のデザイン基礎で3専攻(ビジュアル,環境,プロダクト)の基礎を学び,3年次から各専攻に分かれます。

デザイン基礎1(1年次後期)

制作風景

デザイン基礎(総合的なデザイン基礎課題,各専攻の基礎等)を,1週間から3週間の期間で取り組む課題を行い,デザインするために必要な表現方法や,基礎的な技術を身につけます。

デザイン基礎2A(2年次前期)・2B(2年次後期)

環境デザインを選択した学生は,インテリアや住宅などの小規模な建築,庭園のデザインを通して環境デザインの基礎を学びます。模型制作や2D・3DCADでの製図の基礎を身につけます。

環境デザイン1(3年次)

自然,都市,庭園,道路,建築,内装,家具,備品など,デザインを形成する部分と全体の関係について,実際に現場を訪れたり,建材や仕上材などの質感や色合いに触れながら学びます。与えられた環境に対するデザインの提案を目標に,歴史的な背景などを調べ,求められている改善策や,永く存続する環境の構築に貢献できるデザインの作り方を探っていきます。

環境デザイン2(4年次)

人のあり方や動き方を決める環境のつくり方を学ぶ過程で,多くの人が長い時をかけてつくってきた環境を対等に見据え,幅広い問題意識をもって,より大きな文脈の中で蓄積されてきた叡智に触れられるようにします。

制作課題を通して,新しいデザインが古い意匠と共に経年変化に耐えて末永く残るためにどのような方法があるのか,またデザインの評価と価値の創出はどのような関係にあるのかなどについて考察し,人間社会の継続にとって意味のある環境をつくる力を身につけます。

在学生の声

複雑かつ壮大なものを対象とするからこそ,やりがいがあります。

西尾 綾香さん(環境デザイン専攻4回生)

環境デザイン専攻では,家具などのインテリアや住宅・お店から都市環境まで,スケールの大小を問わず,空間づくりに関わるものなら何でも扱います。

物でも人間でも,一つあったものが二つに増えると,そこには空間が発生します。そのような空間がたくさん集まり,関係しあって,この世界ができているとすると,環境デザインは複雑かつ壮大なものを対象としていると感じます。だからこそやりがいのある分野なんじゃないかなと思います。

また,課題や制作を進めるほかに,週に一度の見学授業があり,個人的に好きな授業でもあります。普段は家や制作室に籠もっていますが,毎週,京都の庭園や建築などの“本物”に触れられる機会があるのは,とても刺激的で勉強になります。いろんな景観を比較して見ていくことで,私たちが暮らす地域に目を向けて,多角的な視点をもつことができます。

専攻独自の取り組み

バルフェスティバルの家具デザイン

専攻の活動

香川県の丸亀バルフェスティバル実行委員会の方から依頼を受け,バルフェスティバルで使うカウンターの企画,デザイン,モックアップの制作を行いました。制作はShopBotというCNCルーターを用いて行いました。デザインから制作まで一貫したプロセスを経験することができました。

京都駅東広場の「憩いの場」の提案

専攻の活動

京都駅ビル開発株式会社からの依頼を受け,京都駅東広場を憩いの場として有効に活用できるよう,デザイン基礎の授業において,現地見学会,グループワークなどを行い,グループごとに「憩いの場」のプレゼンテーションを行いました。

祥栄小学校の「祥栄の森再生プロジェクト」

専攻の活動

京都市立祥栄小学校からの依頼を受け,緑の空間「祥栄の森」の活用方法を提案しました。学生が「祥栄の森」を視察し,議論を重ねたのち,6つのグループに分かれて案を作成し,小学5年生に各グループからプレゼンテーションを行いました。学生にとっては,周辺環境を読み取りその場にふさわしい空間を提案するだけでなく,小学生たちが利用できるような内容を検討するなど,非常に有意義な取り組みとなりました。

学生作品

《Roundabout 1+2+...》 市長賞

氏名:遠藤桃花
制作年:2020年
制作した学年:4回生

《鳥居の見える塔の小屋》奨励賞

氏名:安田結葵
制作年:2020年
制作した学年:2回生

《父がひとりで建てる小屋》市長賞

氏名:竹中 千瑠莉
制作年:2019年
制作した学年:4回生

孤独な老人たちの独身寮

氏名:小栗衣里加 制作年:2017年 制作した学年:4回生 2016年度 中井賞

Small Maximum

氏名:坪崎智裕 制作年:2017年 制作した学年:4回生 2016年度 市長賞

田口家会議

氏名:田口真希 制作年:2017年 制作した学年:4回生 2016年度 同窓会賞

教員紹介

非常勤講師(実技)一覧