環境デザイン専攻

古都の豊かなデザイン資源から

環境と生活を豊かにする方法を学ぶ。

教育目的

授業風景

 環境デザイン専攻では,世界的な観点から見て高い価値のある京都という古都を観察し,その豊かな環境デザインの資源から学び,それを現代の制作に活用する可能性について指導することを目指します。京都の庭園,伝統建築,歴史的な街並に触れることにより,学生は長期的,大局的な視点からものを判断し制作する方法を習得するようにします。

 卒業直後だけではなく,一生にわたり日本の今後の環境と生活の意匠を豊かにする方法を自主的に探り,積極的に提案できる人材を育成します。

授業概要(カリキュラム)

 環境デザイン専攻では,制作を通して,自然,都市,庭園,道路,建築,内装,家具などの意匠を形成する,部分と全体の関係について学びます。人の在り方や動き方を決める環境の作り方を学ぶ課程で,多くの人が長い時を掛けて作ってきた環境を対等に見据え,より大きな文脈の中で蓄積されてきた叡智に触れられる授業を行います。

1 年次後期

 一日一課題の制作( 立体課題,レンダリング,色彩課題,自然観察,製図課題)を多様なデザイン技法を用いて制作することで,表現技術を習得します。

2 年次

 素材そのものの体験から自己の表現を見つけることを重視しながら,1~2週間で完成させる課題を繰り返し行うことで,デザイン全般に通じる表現技術を習得し,各専攻に進むための発想と技術を訓練します。

3 年次

 都市と田園,街並みや界隈,家具と備品,建材や仕上材の質感や色合いに触れながら,長らく存続する環境の構築に貢献できる意匠の作り方を学びます。授業では,与えられた環境に対する意匠を提案することを目標に,現場を訪れ,歴史的背景などを調べながら,求められている改善策を探求し,制作します。

4 年次

 学生自らが,制作課題を通して,新しい意匠が古い意匠と共に経年変化に耐えて末永く残るためにどのような方法があるのか,また意匠の評価と価値の創出はどのような関係にあるのかなど,様々な問題意識を育みます。人間社会の継続にとって意味のある環境を作る力を身につけます。

授業風景

 環境デザイン専攻の教育プログラムには,住宅,店舗,集合住宅,美術館,ホテルなどの設計課題があります。

 課題制作と並行して,木造建築の設計製図,鉄筋コンクリート造建築の設計製図,CADを用いた建築設計製図も学びます。これらを通して,身近な生活領域から都市的な社会領域に至る間で,幅広く空間デザイン設計の出発点を形成します。

 家具や住宅,飲食店やブティックから工場・オフイスビル・駅前商業施設・空港・都市計画・農山村計画など,私たちの社会におけるあらゆる空間のデザイン設計が可能な領域を学習し,体得します。

 環境デザイン領域の教育の中心的プログラムには,計画手法・構造・設備・スケール・部位の仕様・素材・法規・空間の歴史・地球環境問題等,現実社会でデザインを行う根本的課題とその解決手法が含まれます。

 本専攻は,総合的な“芸術”に根ざし,感性に満ちた環境デザインと空間デザイン領域認識に向かうプログラムを目標としています。

 教育にあたっては,教員のほか,デザイナーや教育者として実践の場に立つ外部の先生方の協力を得ながら,学生は自分自身が得意な分野(建築デザイン・インテリアデザイン・ランドスケープデザイン・家具デザイン・都市デザイン)またはそれらがオーバーラップされた空間領域を学び,探究します。卒業後は,大学院や就職の場において,デザイナーとしての個性の発露させ,社会へ空間デザインを提案していくこととなります。

科目一覧

在学生の声

環境デザイン専攻では建築やインテリアに関する課題に取り組みます。公共施設の設計や食堂の改修提案,椅子の設計・制作などという様々な課題を通して,全く知識のなかったところからでしたが,時間をかけて多くのことを学び,それを自分のデザインとして作品を作り出すことの難しさや楽しさを毎日のように感じています。

学部生,院生,留学生と全員で合評を行うため,それぞれの発想や違った着眼点にいつも刺激を受けます。少人数なので,先生や学生間の距離がとても近く,先輩にも作品のアドバイスをもらったり,先生方にも手がけられた仕事や作品の話を聞けたりとても視野が広くなります。

また,課題だけではなく,京都に多く残る伝統的な建築や庭園を見学する授業もあります。学部生だけではなく,院生や先生方も多く参加し,とても賑やかで楽しい授業です。専門的な知識のある先生からの解説を受けながら見学ができるため,とても勉強になります。

環境デザインはとても広い分野なので,常に新しいことと出会いながら,それを自分のものにしていくことがとても楽しく充実していると感じています。

坪崎智裕(3回生)

授業に関連した専攻での活動について

「京都市城巽学区でのサマーアートスクールの実施(2010年)」

 サマーアートスクールは,京都芸大の長い歴史の中で蓄積した専門的・総合的な芸術教育機能を活用して,専任の教員がそのノウハウを提供する講座です。

 環境デザイン専攻は,2010年に,城巽地区で活動されている方々からそのお話を伺うとともに,京都市の景観における地域の位置づけを確認し,現場のまち歩きを行いました。

 京都の中心部における景観まちづくりは,それぞれ地域の特徴を持って地域の人々によって進められています。城巽学区でも,30の町内会がまとまった自治連合会として,御池通の緑の活動や,フェスティバル,堀川の清掃活動など様々なまちづくりを進められています。

 都心の景観まちづくりが,どのような成果を上げているのか,また今後の課題をどう捉えていくのかを,景観まちづくりの指導に詳しい講師の導きにより,地域の方々と参加者のみなさんと共に考えました。

学生作品

Warp-Kyoto Design Center
氏名 高尾 美香(卒業生)
制作した学年 4回生
2002年度ATC卒業制作展 優秀賞受賞

夢路
氏名 横井 仁美(2010年卒業)
制作した学年 4回生
2009年度市長賞受賞

裏邸
氏名 遠藤 僚之介(2012年卒業)
制作した学年 4回生
2010年度建築新人戦賞受賞

教員一覧

堀口豊太
  • 教授
  • 環境デザイン

藤本英子
  • 教授
  • デザイン 景観

坂東幸輔
  • 講師
  • 建築

非常勤講師(実技)一覧

  • 井上和洋
  • 今村悦美
  • 尾河奈実
  • 川畑公人
  • 古鍛治達也
  • 小西愛子
  • 須磨一清
  • 髙橋美佳
  • 冨田美穂
  • 中根行宏
  • 山羽ひとみ

非常勤講師(実技)
プロフィールを見る