プロダクト・デザイン専攻

ひと・モノ・社会の関係を

包括的に学び,考え,デザインする。

教育目的

授業風景

プロダクトデザインとは,自動車や家具,おもちゃ,文房具など,ありとあらゆる身の回りのモノから,アプリやタッチパネルの操作感,Web上でのチケット予約の仕組み等に至るまで幅広い分野に形やサービスを提供していく活動です。今後も多様化する社会によってその扱うテーマは変化していくでしょう。

デザインという分野はその時々の時代と密接に関係しており,社会の要求を敏感に受け止め最善な選択をしていく必要があります。 プロダクト・デザイン専攻では,既成概念に捉われない自由なアイデアを生み出す為に社会や人間の本質の探求及び,自らの手を動かしモノ作り(素材や加工法など)を体感することを重視しています。そのような「デザインの学び」を通して適切な人とモノと社会の関係を包括的に見つめ直し,多様な表現と提案の出来る発想力豊かな人材の育成を目指しています。

授業概要(カリキュラム)

プロダクト・デザイン専攻の実技授業は,実社会のデザインの現場から遊離することのないよう,2年間を通して外部講師を招聘しています。そして,自らの手でモノ作りを体感・体験することを重視しており,アイデアや模型に終始することなくできる限りもの作りを経験させ,実社会でのデザインの制作に生かせる造形力を軸とした資質形成を主眼としています。

1年次〜2年次

授業風景

入学後,半年の総合基礎実技を経て,1年次後期と2年次に,デザイン科3専攻の全教員が担当するデザイン科基礎を共通で履修します。

総合基礎実技

デザイン科基礎

3年次

授業風景

デザイン科内で各専攻に別れた後,プロダクト・デザイン専攻では,家電や自動車などの工業製品や,文房具,食器など身の回りの物をテーマに,デザインの手法やプレゼンテーション方法,モノの仕組みや構造,加工法の理解及び製作プロセス,コンピューターや新しい技術を用いた表現方法,また日常生活からの気づき(発想力育成),人とモノと社会の関係性の理解などを各方面から講師を迎え,企業内デザイナーとして活動する為の必要なスキルは元より,広くモノ作りやその周りの活動に携わる者として社会に通用する技術を身につけます。

4年次

授業風景

自らコンセプトを設定し,それを元に制作を行います。また並行して,社会とプロダクトデザインの関わりの中からテーマを設定し論文としてまとめます。後期には論文との関連性を含めた卒業制作に取り組みます。

卒業後

主に製造業を中心とした下記のような企業やデザイン関連会社に就職します。その他,教職,研究職,大学院進学,海外留学などプロダクト・デザイン専攻で得た学びを活かして,様々な分野で活躍しています。

在学生の声

​プロダクトデザイン専攻は生活の中での気付きを課題に活かせる専攻だと思います。

授業は曜日毎に課題が変わり、年間を通じて並行して課題をこなします。作品完成まで区切りが付きにくいので場合によっては大変な時期が重なり苦労しますが、ふとした時に出たアイデアが作品の中で活きます。そういった意味では長期間同じ課題を常日頃から頭の隅に置いておくことでアイデアの幅が広がり、より良いものづくりに繋がります。

この専攻の1番の強みは外部から講師を招いての授業です。そのほとんどがプロダクトデザイナーとしてメーカーでモノ作りをされていた方なので将来のビジョンが見やすくなります。その知見を持った指導のもと、新しい観点やモノとヒトの在り方を学べるのはとても勉強になります。

そして先生とクラスメイトとの検討会によりプレゼン能力や自分だけでは見えてこなかった様々な角度からの表現や製作プロセスが身につきます。

他の授業では、頭の中のデザインをカタチにする為に必要な技術力を学んだり、人にアイデアを伝える為の3DCAD、アドビソフト、マーカーによるレンダリングなども特別講師を招き教えていただけます。制作室の他にプロダクトデザインの生徒専用のPCルームに加え、デザイン科専用の写真スタジオ、木工室や金属加工室、塗装室やモデリング室といった作業するのに比較的整った環境で制作が出来ます。

他の大学のプロダクトに比べて専攻が別れるのが遅く、専門的な分野を学ぶ時間が少ないです。しかしその分、ヴィジュアルや環境デザインを学ぶことで広い視野でデザインを考える事が出来ます。また、人材育成に力を入れており、本人が進みたい将来を様々な角度から応援してくれるのが京芸プロダクトの良い所だと思います。先生方は常に就職や授業外での相談にアドバイスして下さりとても面倒見の良い専攻だと思います。

内藤詩織(4回生)

授業に関連した専攻での活動について

コミュニケーションとモノ作り体験をデザインする

授業での成果を発表する場として、芸大祭で模擬店を企画し、実際に来場者に体験してもらう「おめん作り」ワークショップを実施しました。

3回生の課題として、「人と空間の関係性をデザインする」というグループ制作により、提案するだけのデザインではなく、実際に人が集まる機会を使い、実践的なアプローチからデザインの可能性や価値を見出すことを狙いとしています。

まずは具体的な内容をアイデアを出し合い、全員でブレーンストーミングを行います。そのアイデアから最終の内容をまとめ、ワークショップに必要なものや模擬店の空間などをデザインします。おめん作りのワークショップでは、用意したプラスチック板を熱で加工し整形し、絵の具やマーカーで着色します。地域の子ども達から卒業生まで幅広い年代の方々が楽しんで参加する企画となりました。

産学連携

産学連携は,近年,積極的にかかわるケースが増えてきました。教育の一貫として,様々な企業から,商品開発に関するデザイン的諸問題を提示いただき,その中から学生課題として相応しいものを選びます。学生が中心となり企業に対して問題解決及び提案を行い,その成果を企業に提供するものもあります。これは企業内でのデザイン開発における閉塞感・マンネリ感等から少しでも新鮮な学生の感覚・発想やアイデアから刺激を受けることを目的に行う場合が多く,一方,学生にとっては企業での商品開発に参加する事により,様々なプロセスを経験できる場になります。企業の人々に直接プレゼンテーションできる機会でもあり,学生間や教員に向けたプレゼンテーションとは違う体験を得ることができます。

新しい文具の提案,和菓子のオーナメント提案,スイーツパッケージ提案,端材を使ったテーブルウェアなどを実施し,学生のデザイン提案が実際に商品かされ高い評価を得ているケースもあります。

産学連携には,まだまだ解決しなければならない多くの問題が企業の側にも,そして大学側にもあります。しかし,少しずつながら,この十年企業との共同作業を通して学生の力を活用した事例を重ねてきました。この蓄積を糧として,今後も教員各自の研究と共に,学生の力を社会に還元し,リアルな企業の現状・現場からの情報を教育に活かして行きたいと考えています。

学生作品

étudiant
氏名:伊藤葉月
制作した学年:4回生
市長賞

SHU
氏名:細谷圭悟
制作した学年:3回生
奨励賞

pegboard shelf
氏名:清水秀志
制作した学年:3回生

ひろいものバコ 
氏名:前田花
制作した学年:4回生

しきりなおし
氏名:田中美有
制作した学年:修士1回生

conbooks
氏名:藤本萠恵子
制作した学年:3回生

ポールチェア
氏名:福谷康博
制作した学年:4回生

Work space
氏名:柳 在昊
制作した学年:修士2回生
大学院市長賞

教員一覧

塚田章
  • 教授
  • プロダクトデザイン

高井節子
  • 准教授
  • 環境デザイン

牛田裕也
  • 准教授
  • 機械工学,ものづくり全般

非常勤講師(実技)一覧

  • 小粥千寿
  • 小池清
  • 高橋一友
  • 曽緋蘭
  • 村井陽平
  • 吉田朝麻
  • 吉原香代子

非常勤講師(実技)
プロフィールを見る