閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

ビジュアル・デザイン専攻

高度な構想力と表現力,効果的なプレゼン力を併せ持つデザイナーへ。

教育目的

制作風景

ビジュアルデザイン専攻は,グラフィック,広告,ゲーム,テキスタイル,ファッションなど多様なメディアを対象としています。本専攻では平面表現を基本に造形力を養いますが,パッケージやディスプレイといった立体,あるいは写真や映像など,表現する領域は多岐にわたります。

高度な表現力を醸成することに加え,人間社会の諸相を考察した高いレベルの構想力と,適切な手法による効果的なプレゼンテーション力を併せ持つデザイナーの育成を目指しています。

授業概要(カリキュラム)

授業風景

ビジュアルデザイン専攻のカリキュラムは,デザイン基礎の課程で培ったデッサン力と色彩構成力を基盤に,紙や布などの素材が持つ「質感」を伴った表現力を身につけることを目標として構成されています。

授業は学生個々に対する緻密な個人指導となっていますが,専任の教員に加え,デザインの最前線で活躍しているデザイナー,コピーライター,アーティストなどの多彩な講師陣が指導にあたることで,学生が最先端のデザインについて実感できる授業となっています。

1年次〜2年次

入学後,半年の総合基礎実技を経て,1年次後期と2年次に,デザイン科3専攻の全教員が担当するデザイン科基礎を共通で履修します。

3年次

授業課題は,イラストレーション,ポスター,広告,タイポグラフィ,エディトリアル,パッケージ,テキスタイル,ファッションなどを複合した構成となっており,学生が,ビジュアルデザインの基礎力を身につけることを目標としています。

4年次

3年次に培ったビジュアルデザインの基礎力をベースに,学生個々が,自らの特性に見合ったデザイン領域を見極めるためのカリキュラムとなっています。

個人制作に加え,インクルーシブ・デザインやソーシャル・デザインをテーマにしたグループ制作も行います。これらの授業ではPBL(Problem based leaning)の手法を取り入れ,問題の発見〜構想〜解決というプロセスについて学びます。

ビジュアルデザイン専攻詳細ホームページ等

在学生の声

ビジュアル・デザイン専攻では,平面のデザインだけでなく,テキスタイルやパッケージのデザインなど,様々な制作をします。どの課題も共通して,「手を動かす」ことを大切にしていて,より実践的にデザインすることを体験できます。私は,そのような課題の制作を通して,将来進みたい道を時間をかけて見つけられるところがこの専攻の魅力だと感じます。

指導してくださる先生方は,実際にデザインの現場で活躍されている方々なので,デザインの流れや考え方はもちろん,就職活動についても的確なアドバイスをくださいます。

一つ一つの制作は決して楽なものではありませんが,コツコツとこなしていくことで自分の力になっていると実感しています。

宇野冴香(4回生

授業に関連した専攻での活動について

ビジュアルコミュニケーションデザイン 平面ー立体ー空間への展開

科学と芸術が共存した世界を可視化する試みとして,2018年度,公益財団法人DNP文化振興財団との共催で「グラフィックで科学を学ぼう 進化のものがたり」展を開催しました。この展覧会では,生物の進化の専門書を読み解き,その内容を子供たちに伝えるためのデザインを行います。さらに,ゲーム,映像,絵本など多岐に渡る作品を空間デザインに展開しました。

デイサービス施設との連携授業

高齢化社会が進む現代において,デザインがすべきことは何か?

​デイサービス施設との連携授業では,施設を利用されている介護が必要な方々や,施設運営を行なっているNPOのみなさんと共に考え,検討し,創りあげる。 実践型の授業を通して,より快適で豊かな生活とは何であるかを学びます。

ヨーロッパの大学との共同授業

ビジュアルデザイン専攻では,2009年度からヨーロッパの芸術大学とイラストレーションの共同授業を行なっています。

​2016年度のテーマは「内と外」です。

《参加校》

  • Accademia di Belle Arti di Bologna

    ボローニャ・アカデミー(イタリア)

  • Hochschule für Angewandte Wissenschaften

    ハンブルグ応用科学大学(ドイツ)

  • École Nationale Supérieure des Arts Décoratifs

    国立パリ高等装飾美術学校(フランス)

  • La Massana Arts & Design school

    マッサーナ美術学校(スペイン)

Makeup−過去・現在・未来

shu uemura / Kyoto City University of Arts – Visual Design

2015年ビジュアル・デザイン専攻では,shu uemuraとの連携プロジェクトを開催しました。学生主導で企画された展覧会・メイクアップショー・パネルディスカッションは,学年や学部・専攻を横断し,イベント実現化のすべてのプロセスを体験しました。

連携事業

ビジュアルデザイン専攻では,現代社会を構成する「企業」「行政」「非営利組織(NPO)」という3つのセクターとの連携事業を推進しています。

また,国内外の大学との共同授業も行っており,毎年,4回生全員が国内外の展覧会に出品しています。

授業関連の連携先

  • 京都市内各企業
  • 京都市(西京区役所,中京区役所,下京区役所 等)
  • 京都府立図書館
  • 西京区内各自治連合会
  • 医療法人等

共同授業を行っている大学

  • フランス国立パリ高等装飾美術学校(ENSAD)(フランス)
  • ハンブルグ応用科学大学(ドイツ)
  • ボローニャ・アカデミー(イタリア)
  • バルセロナ美術大学(スペイン)
  • ウェスト・オブ・イングランド大学(イギリス)
  • テヘラン大学(イラン)
  • 京都大学

卒業後の進路

ビジュアルデザイン専攻の進路指導は,学生個々に対し教員が緻密に行います。進路指導の方針としては,将来フリーランスになる希望を持つ学生に対しても社会人としての視野を拡げるため,就職・進学することを推奨しています。

本専攻の卒業生の進学率は10年以上にわたり,ほぼ100%となっています。

近年5年間の就職・進学先

任天堂/オリエンタルランド/カプコン/コナミ/ソニー/デンソー/スズキ/NHK/凸版印刷/読売新聞社/電通/大広/エー・ティ・エー/GKダイナミクス/GK京都/日本デザインセンター/たき工房/NHKアート/サンゲツ/スミノエ/ファイブフォックス/高島屋/近鉄百貨店/桂新堂/京都西川/ファミリア/花王カスタマーマーケティング/宇仁繊維/オリックス水族館/コロプラ/NHNPlayArt/AQインタラクティブ/大伸社/バウコミュニケーションズ/Graph/ブレーンセンター/阪急デザインシステムズ/WAVE/秀和/デザイン風/Xena/アデル/HATA/ロワール/ユニバーサル・パブリシング/ウィズ・クリエイト/Metamorphose/おかだ/ユニバーサルエンターテインメント/カミオジャパン/ラフバレー/北京人民査察院

京都市立芸術大学大学院/東京藝術大学大学院/国立高等装飾芸術学校(フランス)

受賞者リスト

2015京都マラソン魅力探訪

大学院修士課程ビジュアル・デザイン専攻生が,「京都マラソン2015」の魅力を紹介するマップを作成しました。是非,ご覧ください。

魅力紹介マップ

学生作品

海底2万里

氏名 田井 佳織(2013年修士修了) 制作した学年 修士2回生 2012年度大学院市長賞


travel of dandelion font

氏名 南部 真有香(2011年卒業) 制作した学年 4回生 2010年度同窓会賞受賞


早朝に届いた静寂と大きな期待

氏名 伊佐地 麻夢(2010年卒業) 制作した学年 4回生 2009年度市長賞受賞


教員紹介

非常勤講師(実技)一覧