休講情報

休講情報について

災害時の休講について

台風などによる休講措置は次のとおりですが,必要があれば休講情報を掲載します。

1 台風接近時等における授業及び試験等(以下「授業等」という。)の取扱いについて

 台風接近等により,特別警報(大雨,暴風,高潮,波浪,暴風雪及び大雪)が京都府に,又は暴風警報が京都府南部(京都・亀岡地域)に発令された場合の授業等の取扱いを次のとおりとします。

〖休講の場合〗

(1)午前7時現在発令中の場合は午前の全講時を休講とする。

(2)午前10時現在発令中の場合は午後の全講時を休講とする。

(3)午前10時以降に発令の場合は発令後の全講時を休講とする。

(4)特別警報(大雨,暴風,高潮,波浪,暴風雪及び大雪)発令時及び暴風警報発令の有無にかかわらず,被害甚大等の場合には,休講とすることがある。

 ※休講時には附属図書館は閉館となる場合がある。

 ※休講時には教室等使用も不可とする。

 

〖授業を行う場合〗

(1)午前7時までに上記の警報が解除された時は,平常どおり授業等を行う。

(2)午前10時までに上記の警報が解除された時は,午後の授業等を行う。

 

2 交通機関の不通(原因のいかんを問わず)に伴う授業等の取扱いについて

(1)午前7時現在において,下記の(ア)又は(イ)のいずれかに該当する場合は午前の全講時を休講とする。

(2)午前10時現在において,下記の(ア)又は(イ)のいずれかに該当する場合は,午後の全講時を休講とする。

 (ア)JRが不通であり,かつ大手私鉄(阪急・京阪・近鉄をいう。)のうちいずれかが不通の場合

 (イ)市バス,京阪京都交通バス及びヤサカバスが同時に不通の場合

※一部の区間のみが不通である場合は,具体的な状況に応じて,休講等の措置を決定する。

 

京都市立芸術大学教務学生課