レクチャーシリーズ「10年後の京芸生」

10年後の京芸生web

京都芸大を卒業して、10年経った先輩たちは今、どんな人生を歩んでいるのでしょうか。
毎年恒例のキャリアアップセンター企画のレクチャーシリーズ、「10年後の京芸生」
今年も5人の卒業生をお迎えし、お話しして頂きます。

日時:12月10日(水)午後5時半〜7時半
場所:大学会館交流室
対象:在学生

中川 貴央
あかめのおこめ主催
大学院造形構想修了
現在、三重県立聾学校高等部の非常勤講師。
手植え、手刈りの田んぼ「あかめのおこめ」主催。
他に、「なばり放射線測定所しるみる」、「名張グリーン倶楽部」、
「なばり子ども支援グループ<リヨン>」など多数のボランティア団体の役員を務める。

牧 彩子
イラストレーター・模型作家
美術学部版画専攻卒。
大学3回生の頃、宝塚歌劇の世界観に魅了され、以来宝塚を題材にした作品を作り始める。
卒業後、宝塚歌劇の舞台模型制作や「タカラヅカ流日本史」(東京堂出版)など、
歌劇関連本の挿絵を中心に活動している。

吉川 辰平
映像+CG
フリーランスとして映画、ドラマ、CMなどの映像制作に関わる。
東京デザイナー学院映像デザイン科非常勤講師。
参加作品
「永遠の0」「BRAVE HEARTS 海猿」「踊る大捜査線 THE FINAL」
「坂の上の雲」「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

長宗 理恵子
株式会社Ricco 代表取締役
卒業後クラシックバーや式場で演奏をしながら
ヴォーカル教室と自宅で声楽・ピアノを指導。
結婚・出産を機に子供向けのコンサートを開催。
現在も自宅で音楽教室を主宰する傍ら
株式会社Riccoを設立し服飾雑貨のwebショップを運営。

石若 雅弥
作曲家
これまでの出版楽譜は30冊以上におよび代表作は
「こころの色」「君死にたまふことなかれ」など。
作品集のCDを6枚リリース。
また、10団体以上の合唱団の常任指揮などを務める。