artistic00
芸術支援

ARTISTIC SUPPORT 芸術支援

芸術支援/美術

制作活動、作家活動についての各種相談を承ります。

主な相談内容
 ☆卒業後の制作活動,制作場所について
 ☆展覧会,イベントを開催するための準備
 ☆ポートフォリオ(作品ファイル)の作り方
 ☆プレゼンテーションについて
 ☆ギャラリーについて
 ☆公募,助成金情報の収集

など,その他何でもお気軽に御相談ください。
制作活動に関わる資料も御用意しております。
  
在室日:月曜日,木曜日,金曜日
利用時間:午前9時から午後5時まで(祝日・登校禁止日を除く)

ART ADVISER 芸術アドバイザー(美術)

アドバイザー 佐々木 萌水

2021年4月より本センターアドバイザー。
漆という素材の持つ様々な可能性や魅力を、多くの方に知っていただきたいという思いから漆作家をしています。
漆を各お家で「作る」・「使う」・「直す」ことを目指す「uruō」(うるおう)というプロジェクトとして、美術作品制作、漆器の製作販売のほか、漆教室の講師として活動しています。


1991年 北海道生まれ
2014年 京都市立芸術大学 美術学部工芸科漆工専攻 卒業
2016年 同大学 大学院美術研究科工芸専攻漆工 修了


主な展覧会
2015    個展「おやすみ」「おはよう」「いただきます」(同時代ギャラリーコラージュ、京都)
2015,16   次世代工芸展(京都市美術館別館、京都)
2015,16,18 THE GIFT BOX(京都文化博物館、京都)
2017    個展「忘却と祈りの旅」(同時代ギャラリーコラージュ、京都)
2020    個展「川で交わる 漆でつなぐ」(高瀬川・四季AIR、京都)

ARTISTIC SUPPORT 芸術支援

芸術支援/音楽

演奏活動,音楽活動についての各種相談を承ります。

ART ADVISER 芸術アドバイザー(音楽)

アドバイザー 外村 雄一郎

演奏会や演劇,各種イベントの立ち上げから運営・実施に関わること全般について

 

アドバイザー 柳楽 正人

2012年4月より本センターアドバイザー。依頼演奏のコーディネートを担当。

1993年京都市立芸術大学音楽学部卒業。ホルン奏者として活動後,“音楽を愛する人たちのサポーター” になることを目標に掲げ,楽譜販売店,CDショップ,コンサートホールのマネージャーなど様々な立場から音楽をサポート。2011年,個人事務所「ミュージックメッセージ」を設立。演奏家派遣,コンサート企画,クラシック講座の講師などを通じて,クラシック愛好家を広げる活動を行っている。

2011年ジャズ批評誌「第6回ジャズオーディオ・ディスク大賞2011」特別賞受賞(東日本大震災復興支援アルバム『道』/企画・制作)
2021年テレコーラス・プロジェクト(代表:本山秀毅)「第2回テレコン(Tele-chorus Concours)」一般賞「とにかく好き!部門」第3位受賞(ボーカルシンセイサイザーによる混声合唱「力こそパワー」/音源・動画制作)

TERMS OF SERVICE 利用規約について

旧京都市立音楽高等学校研究室の使用について

本学音楽学部卒業生及び音楽研究科修了生を対象に,旧京都市立音楽高等学校研究室使用の受付を開始します。使用に当たっては,本学のガイドライン[PDF:367.88KB]を踏まえ,マスクの着用,換気,消毒,手洗い等を徹底するほか,体調管理に努め,体調不良の際は使用を控えるなど,感染拡大防止の意識を持って行動してください。

なお今後の状況により,対応を変更する場合がありますので,あらかじめ御了承ください。

1 対象者(以下の条件を全部満たしていること)
 ○卒業・修了後5年以内  ○アンサンブル利用限定 ○真声会会員
 ※アンサンブルのメンバーが会員外でも参加は可

2 使用時間
 午前10時から午後6時まで
 1回あたり90分以内(夏季休暇期間(9月27日(日)までは2時間以内)月5回まで
※以下の枠での予約のみ受け付けます。
①10:00~11:30
②12:00~13:30
③14:00~15:30
④16:00~17:30

3 使用可能な研究室
 旧音楽高校 K201研究室(グランドピアノ2台) 使用上限人数:9名
       K301研究室(グランドピアノ1台) 使用上限人数:6名

4 注意事項
 ・使用禁止期間は学年暦に基づきます。
  ただし,前期・後期実技試験・ピアノ重奏試験の1週間前およびその他大学が指定する期間は使用できません。
 ・予約を取り消す場合や,予約申込時から使用者が変更になった場合には必ずキャリアデザインセンターまで連絡してください。
 ・旧音楽高校に入る際には手指消毒を徹底してください。
 ・予約した部屋以外の部屋への立入りは禁止します。
 ・物品消毒用のアルコールを各部屋に配備しますので,使用後はドアノブや窓枠など,触れた部分を消毒し,十分な換気を行ったうえで退出してください。
 ・使用の前後には,警備室で使用簿に開始時刻・終了時刻を記入してください。
 ・使用者同士で三密(密閉・密集・密接)の状態にならないよう注意してください。
 ・その他,大学から指示があればそれに従ってください。
 ・本学のガイドラインおよびここに記載された事項が守られていないと判断した場合には,施設の使用を禁止します。

5 申込方法
 ・使用希望日の1ヶ月前から1週間前までに,電話又はメールで予約申込みをお願いします。
 ・使用申込書には,使用者全員の名前を明記してください。
 ・従来は1回の予約につき3時間を上限としていましたが,90分を上限(夏季休暇期間中は2時間を上限)とします。

旧音高使用申込書(PDF)

CONTACT

お問合せ/相談予約