(日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧

  1. Kyoto City University of Arts
  2. (日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧
  3. Ceramics

Ceramics

教育目的

陶磁という素材の理解と技術の習得をもとに、創作と研究を行います。

粘土の調整・成形・加飾・釉薬・焼成などの基本からその応用までを学びながら、機能と量産の面からの考察、伝統技法からの展開、自由な思考による新しい表現など、様々な角度から陶磁表現の可能性を探ります。

陶芸の分野で確かな技術を習得し、専門的知識を生かした創作活動を行う事に限らず、社会における芸術の持つ可能性を認識し、専門的知識を活用できる人材を育てます。

授業概要(カリキュラム)

学生は各セメスターの制作にあたって、研究テーマ・制作予定期間など具体的な研究届を提出し、各科目ごとの教員と適宜ディスカッションを経たのち、制作を行っていきます。そして、各セメスターの終了時には合評を行います。

また、非常勤講師による集中講義などにより、実践的な技術を学んだり現場の話を聞く機会も持ちます。

さらに、研修旅行において陶産地、窯業関係工場、美術館等を見学したり、登り窯など薪窯での焼成実習体験などをとおし、陶磁器全般に対する知識と理解を深めます。

【1回生後期】

入学後、半年間の総合基礎実技を経て、工芸科の学生は工芸基礎を履修します。ここでは、染織、漆工、陶磁器の3専攻の基礎的課題に取り組みます。

【2回生】

ろくろ成形の基礎および板づくり・手びねり成形の基礎及び、釉薬実習を学び、陶磁器表現で必要な技術を習得します。

【3回生】

前期は2回生に引き続き陶磁器表現に必要な磁器成形の基礎である石膏型による成形と磁器ろくろ成形を学び、技術を習得します。後期は思考的に陶磁器表現を考察し自主テーマによる制作を通じ陶磁器の表現を深化させます。

【4回生】

4回生では、自主テーマによる制作を行い、独自の陶磁器表現を目指します。後期は展覧会への出品に向けて制作を深め、卒業制作に取り組みます。

科目一覧

学生インタビュー

「陶磁器専攻で学んで良かったことは?」

学生インタビュー常にさまざまな人と関わることができ、世界感が広がったことです。窯を焚く際には、2回生から院生まで一緒になって行い、協力したり、技術を教わったりするので、良い刺激になり、毎日が新しい発見です。

3回生 境田早智子

授業に関連した専攻での活動について
(学外連携や文化芸術資源の地域還元の取組等)

「生活の中の美術 ―食と工芸―」~自分の作った茶碗でご飯を食べよう!~

陶磁器専攻では、京都市立楽只小学校において、「生活の中の美術」と題した授業を実施しました。

自分だけの「お茶碗」を作ることによって、京都の伝統産業である「京焼」と、人にとっての「食事」について学びます。また、「やきもの」は窯で焼きます。その時に起こる変化は「化学」、「科学」の両面を目で観ることができます。

「お茶碗」を作ることによる自己表現、自分で目標を立てて作り上げる達成感など様々な要素を芸術が核となって、多方面へ繋いでいきます。

また、自分の手で「モノ」を作り、その「モノ」を使うことによって「モノ」を作る楽しさや達成感を体感し、この授業を通し、日常にある美術、芸術を感じてもらいました。

学生作品

色絵五輪車文独楽形鉢
氏名:加藤 栞(2016年卒業)
制作した学年:3回生

虚飾
氏名:西久松 友花(修士2回生)
制作した学年:4回生

氏名:宮本 杏子(2015年卒業)
制作した学年:4回生

変わらない眼差し
氏名:高江洲 佳乃(2015年卒業)
制作した学年:4回生

クローゼットの観察
氏名:釣 光穂(2016年修了)
制作した学年:修士2回

Rebirth from the Fossil Specimen
氏名:王 裔婷(2015年修了)
制作した学年:修士1回

教員一覧

EIRAKU Zengoro
  • 特任教授
  • Ceramics

AKIYAMA Yo
  • 教授
  • Ceramics

HASEGAWA Naoto
  • 教授
  • Ceramics

SHIGEMATSU Ayumi
  • 教授
  • Ceramics

MORINO Akito
  • 准教授
  • Ceramics

非常勤講師(実技)一覧

  • SAIJO Akane
  • SAIJO Akane
  • TANAKA Masafumi
  • NAKAMURA Ryohei
  • SAIJO Akane
  • HIRATA Maha
  • MURATA Takuya
  • YOKOYAMA Tadanori

非常勤講師(実技)
プロフィールを見る

(日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧

Home