(日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧

  1. Kyoto City University of Arts
  2. (日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧
  3. Product Design

Product Design

教育目的

 プロダクト・デザインは、その領域を表すレーモンド・ローウィの自伝で「口紅から機関車まで」と言われているように、公共車輌・乗用車などから家庭電化製品、照明器具、音響・映像機器、スポーツ用具、レジャー用品、家具、ファッション関連等々・・・一般家庭用から工業用機器まで様々な分野の製品がデザインの対象となります。

 その領域は大変広く、扱う製品も多種多様になりますが、プロダクト・デザイン専攻では、学生が各自の目標領域を模索しながら、適切なヒトとモノと社会の関係に於ける具体的な提案の出来る発想豊かなデザイナーの育成を目指しています。

授業風景

授業概要(カリキュラム)

 プロダクト・デザイン専攻の実技授業は、実社会のデザインの現場から遊離することのないよう、全期を通して外部講師を招聘しています。そして、何より自らの手でモノ作りを体感・体験することを重視しており、アイデアや模型に終始することなく、できる限り実物のモノづくりを経験させ、実社会でのデザイン制作に生かせる、造形力を軸とした資質形成を主眼としています。

 プロダクト・デザイン3回生では、プロダクト・デザインとしての基礎的訓練を行います。

 前期は、デザインの表現手段、プレゼンテーション方法、製品の加工法、制作プロセスの理解・習得、そして製品のメカニズムの研究、従来のスケッチ・ドローイング表現に加えて、コンピュータによる表現方法の習得などを行い、併せてプロダクト・デザインの理論的理解も深めます。

 後期には、それらを踏まえてより具体的機能をもった製品デザインを行います。

 4回生の前期は各自の設定したコンセプトをもとに制作を行います。並行して社会とプロダクト・デザインの係わりの中からテーマを設定し、理論的考察を行い、論文としてまとめ、後期はこれら全ての作業を踏まえて、論文との関連性を含めた卒業制作に取り組みます。

授業風景

科目一覧

学生インタビュー

「プロダクト・デザイン専攻で学んで良かったことは?」

 デザイン科に入り3年目から専攻に分かれます。大学生活の残り2年で何を得ようかと考えた結果、自分の手で何かを作ってみたい、一番身近な「生活」に彩りを与えられるプロダクト・デザインを専攻しました。少人数制度には利点がたくさんあり、基礎を学んでいた2年間に3つの専攻の先生方にとてもお世話になりました。専攻を決める上で、私の中では尊敬できる先生のもとで制作したい、就職活動の時にたくさんお世話になりたいと思える先生方がプロダクト・デザイン専攻にいらっしゃったのも理由の一つです。

 京都芸大では、自らの手で作ってみる、モックを削ってスケールを見るということを大事にしています。近年、CADなど三次元ソフトで始めからパソコン上で制作し、実際に作らないという授業が増えています。でも学生のうちに私は、色々な素材に触れ自らの手でものづくりをしたいと考えていたので、プロダクト・デザイン専攻での授業はとっても合っていました。粘土、木材、紙、電気、鉄などを使っての制作は何回も失敗をしますが、触ってみて初めて知る素材の特徴や自分にしか発見できない魅力を感じることができました。

 素材と向き合い自分にしかできないものづくりをしていきたいです。

4回生 梅原彩那

授業に関連した専攻での活動について
(学外連携や文化芸術資源の地域還元の取組等)

産学連携

 近年特に強い要請があるのが産学連携です。これまでも様々な取り組みを行ってきましたが、特にこの10年間積極的に関わるケースが増えてきました。その中に教育の一貫として、様々な企業からその企業が抱える商品開発に関する主にデザイン的諸問題を提示いただき、その中から学生の課題として相応しいものを選び、学生が中心となり企業に対して問題の解決・提案を行い、デザイン成果を企業に提供するものがあります。これは、企業内でのデザイン開発における閉塞感・マンネリ感等から、少しでも新鮮な学生の感覚・発想やアイデアからインハウスデザイナーが刺激を受ける事を大きな目的に行う場合が多く、残念ながら即戦力的に商品開発に結びつくものではないようですが、学生にとっては、リアルな企業での商品開発に参加する事により、様々な商品開発におけるプロセスを体験・体感できる場です。また、企業の人々に直接自己のデザインをプレゼンテーションできる機会でもあり、学内における教員や学生間でのプレゼンテーションとはひと味違う体験の場でもあるのでしょう。

 新しい文房具の提案・和菓子のオーナメント提案・駅中スイーツパッケージ提案等々、を行ってきましたが、学生のデザイン提案が実際に商品化され、高い評価を得ているケースもあります。

 産学連携には、まだまだ解決しなければならない多くの問題が企業の側にも、そして大学側にもあります。しかし、少しずつながら、この十年企業との共同作業を通して学生の力を活用した事例を重ねてきました。この蓄積を糧として、今後も教員各自の研究と共に、学生の力を社会に還元し、リアルな企業の現状・現場からの情報を教育に活かして行きたいと考えています。

学生作品

étudiant
氏名:伊藤葉月
制作した学年:4回生
市長賞

SHU
氏名:細谷圭悟
制作した学年:3回生
奨励賞

pegboard shelf
氏名:清水秀志
制作した学年:3回生

ひろいものバコ 
氏名:前田花
制作した学年:4回生

しきりなおし
氏名:田中美有
制作した学年:修士1回生

conbooks
氏名:藤本萠恵子
制作した学年:3回生

ポールチェア
氏名:福谷康博
制作した学年:4回生

Work space
氏名:柳 在昊
制作した学年:修士2回生
大学院市長賞

教員一覧

TSUKADA Akira
  • 教授
  • Product Design

TAKAI Setsuko
  • 准教授
  • Environmental Design

USHIDA Yuya
  • 准教授
  • Mechanical Engineering / Making Things

非常勤講師(実技)一覧

  • OGAI Chizu
  • v
  • MURAI Yohei
  • Tseng Fei-Lang
  • MURAI Yohei
  • YOSHIDA Asao
  • MURAI Yohei

非常勤講師(実技)
プロフィールを見る

(日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧

Home