(日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧

  1. Kyoto City University of Arts
  2. (日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧
  3. Visual Design

Visual Design

教育目的

 ビジュアル・デザイン専攻は、デザインを、人間社会がより美しい暮らしを実現するための方法としてとらえ、「美を創り、美を伝える」デザイナーの育成を目的としています。

制作風景

授業概要(カリキュラム)

 ビジュアル・デザイン専攻では、1、2回生の間に培った基礎力である、描く力、作る力をベースに、より高度な考察力と表現力を身につけるための多彩なカリキュラムが組まれています。その多彩なカリキュラムは、学生各人の個性を引き出すことに主眼を置いていますが、同時に、学生が、社会の中でのデザインの役割について、深く考察する内容にもなっています。

 学生は、デザインのエキスパートである教員による、綿密な個人指導を受けることで、各人に見合った進路を探っていくことができます。

 3回生から4回生の2年間,段階的に実力をつけるための課題が出されます。

授業風景

【3回生前期】

 主として描くこととデザインすることの関係を学びますが,テーマを理解しコンセプトを作る構想力に関しても力がつくよう,指導が行われます。課題に対する制作期間は1週間から数ヶ月です。夏期休業期間中も自主制作に対して個人指導が継続されます。

【3回生後期】

 前期で学んだことを基盤とし,より高度な構想力・表現力・プレゼンテーション力を培うための課題が出されます。課題に対する制作期間は,4週間から6週間です。

【4回生全期】

 3回生で学んだことを基盤に,さらに高度なデザイン力を培うために,学生個々のテーマに沿った制作とグループ展・卒業制作などを4~12週間単位で行います。また,これと並行して,就職のための徹底した個人指導が行われます。

 卒業後の進路としては、広告などのグラフィックデザインを中心に、ゲーム、ディスプレイ、ファッション・テキスタイル、そして工業製品のカラーデザインなど、多様なデザイン領域に進むことができます。また日本国内の大学院や海外の大学に留学することもできます。

 ビジュアル・デザイン専攻では、長年に渡り100%に近い就職・進学率を達成しています。また、現役学生や卒業生が、広告、グラフィック、絵本など各分野のコンペで、数多くの受賞を果たしています。

科目一覧

学生インタビュー

「ビジュアル・デザイン専攻で学んで良かったことは?」

学生インタビュービジュアル・デザイン専攻では、一般的なPC でがっつり作業するデザイン科とは違い、基礎から手描きで作業することが多く、また平面にとらわれず色々なジャンルの課題をさせてもらえるので、柔軟な作品作りができるようになれたことです。
4回生 本田陽香

学生作品

travel of dandelion font
氏名 南部 真有香(2011年卒業)
制作した学年 4回生
2010年度同窓会賞受賞

海底2万里
氏名 田井 佳織(2013年修士修了)
制作した学年 修士2回生
2012年度大学院市長賞

早朝に届いた静寂と大きな期待
氏名 伊佐地 麻夢(2010年卒業)
制作した学年 4回生
2009年度市長賞受賞

教員一覧

TATSUMI Akihisa
  • 教授
  • Visual Design

TAKIGUCHI Yoko
  • 教授
  • Visual Design

KUSUDA Masashi
  • 教授
  • design

FUNAKOSHI Ichiro
  • 准教授
  • Visual Communication Design

非常勤講師(実技)一覧

  • IMANISHI Keisuke
  • OKANO Kunihiko
  • KUSUNOKI Maya
  • YAMASAKI Yasuhiro
  • SAKANO Toru
  • NAKABO Sosuke
  • NAKAMURA Maki
  • FUJIWAKI Shingo
  • YAMASAKI Yasuhiro

非常勤講師(実技)
プロフィールを見る

(日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧

Home