(日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧

  1. Kyoto City University of Arts
  2. (日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧
  3. Nihonga

Nihonga

教育目的

都市生活の中に自然をうまく取り込み、じっくりとかつ大胆に新しい価値を創造してきた京都。

日本画専攻では、その京都で育まれた日本画の伝統の精神を受け継ぎながら、描くことを通して、「見つめる」・「感じる」・そして「創る」を重視し、自然に学び、岩絵の具や紙、水などと語り合い、独自の日本画を創造するための基盤を作ります。

また、制作を通して、人間が精神的により豊かに生活するための確かな価値観を持った、美術の分野はもちろんのこと広く社会で指導的な立場に立てる人材を育てます。

制作風景

授業概要(カリキュラム)

日本画制作の基本は、まず対象をそして自分自身を見つめ、そこにある事象を感じることです。その繰り返しが大切なものを生み、創ることにつながっていきます。そのため3年間は基礎であると考え、自然を対象としたデッサンを繰り返し行い、技法の習得はその流れに沿って行います。

また、古典絵画を模写することで、その時代の技法や精神を学び、各自の制作に生かします。

特に模写の研究を深めたい場合は、模写のクラスを選択することができます。

授業風景

【1回生~2回生前期】

入学後、半年間の総合基礎実技を経て、日本画専攻では基礎を順に積み上げていくために、1回生後期、2回生前期は必ず日本画基礎を履修します。自然を対象にデッサンを重視し、日本画技法の基礎も習得します。

【2回生後期~3回生】

2回生後期からは主に人体を対象に線や空間など絵画における造形の基礎を学びます。

3回生後期からは、対象を広げながら見つめ感じることを深め、技法を模索します。特に模写の研究をしたい場合は、3回生前期から選択し、その技法を習得します。

【4回生】

4回生では、各自が自由にテーマを設定し、独自の日本画表現を目指します。創るから伝えるを意識し、後期は展覧会への出品を含め制作を深め、卒業制作に取り組みます。

科目一覧

学生インタビュー

「日本画専攻で学んで良かったことは?」

 信頼できる友人、先輩、後輩に出会えたことです。先生方には小手先のことでない「ものの見方」の根本から、教えて頂くことができました。自分に根差した制作ができるよう、インプットとアウトプット両方のバランスに意識的に生活する習慣ができました。

4回生 松平莉奈

授業関連活動

京都市立芸術大学日本画研究室では、数年前から、〈現在の大学における日本画教育と研究を、今日的な視点から見直し、あらためて再構築する共同研究〉に学生と共に取り組んでいます。

その内容は、日本画制作を軸とした研究、カリキュラムの改善、学生の様々な進路に活かせる教育体制の構築、社会資源としての活用等、多岐にわたります。日本画そのものの再構築、岩彩画研究における中国との国際交流、初等中等教育にアプローチした「美しいと出会うプロジェクト」、生涯教育としての「学ぶ 日本画プロジェクト」等は、それらの一環です。

○日本画の再構築と東アジアレベルでの岩彩画の展開

  • 2009「東アジアにおける岩彩画の展開 東方岩彩画展」(上海大学美術学院画廊/中国)
  • 展示初日に討論会、会期中に講座を3回、ギャラリートーク等を開催
  • 2010「日本画をつなぐ」(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA1,2) 
  • 第1章 模写・修復技術の伝承、第2章 日本画の発展・展開-京都市立芸術大学日本画研究室の現在、第3章 中国における「岩彩画」の展開
  • 会期中に関連講座「敦煌壁画保存修復活動の現在」(敦煌研究院美術研究所所長)、「中国における岩彩画の現在」(上海大学美術学院講師)、大学院公開ゼミ2回、公開授業3回を開催
  • 2011「敦煌意象-中日岩彩画展」「敦煌芸術の伝承と当代岩彩画創作シンポジウム」
  • (敦煌研究院/中国)シンポジウムにおいて本専攻教員7名が研究発表

○美しいと出会うプロジェクト 

本学は、2007年京都市教育委員会と包括協定を締結しました。それを機に日本画専攻では、小~高の教育現場で多様な学習機会を提供しています。すでに1000名以上の児童学生が参加しています。

2010年以降の活動
  • 京都市立御所南小(6年生166名)、講演「敦煌・キトラ・平城京, そして京都 -神宿る世界-」 実技「敦煌壁画を描いてみよう」
  • 京都市立衣笠小(6年生58名)「画学校再現-毛筆画に挑戦!画伯に學べ」
  • 京都市立石田小(1年生31名)「しろとくろのまほう」芸術系大学・京都市教育委員会連携協議会リーディング事業
  • 宇治市立伊勢田小(6年生)「白と黒とであざやかに」

○学ぶ日本画プロジェクト

本学日本画専攻における研究教育の魅力を広く伝えるために、様々な機会で、展示はもちろんのこと、講義や実技講座などを行っています。

2010年以降の活動
  • 第8回織田瑟々桜画展

    講演「日本画は何から出来ている?~瑟々の桜画を材料から探る~」
  • 佐川美術館ワークショップ「日本画材を使ってオリジナル団扇を作ろう」
  • 京都芸大サマーアートスクール2010

    実技講座 京都芸大の日本画に学ぶ「画学校再現」、講演会 竹内浩一「受け継がれてきたもの、そして・・・」、2011「日本画の写生-ユリの花を描く」
  • 「京都日本画の誕生」学生による宣伝プロジェクト なうどす⁺⁺

    京都市美術館会場内における日本画画材資料展示案内「日本画の玉手箱」
  • 佐川美術館ワークショップ「発見を描く」
  • 京都府、京都文化ベンチャーコンペティション実行委員会 

    第4回文化ベンチャーネットワークの会 レクチャーと実習「うつすということ」
  • 京都芸大日本画 × 大丸  日本画作品展  CLASS 大丸心斎橋店南館

    講義「日本画の作り方・レシピ1~3」
  • 第26回国民文化祭・京都2011「美術展」ワークショップ「光琳・栖鳳を扇子に描こう」

    親子招待ワークショップ「あのチリメンモンスターを扇子に描こう!」 

これらの活動は、産学公そして社会との関わりの中で様々な側面を持っています。美術教育に関する現場での活動を通じての研究はもちろん、画材や教材の開発、美術館やギャラリー空間での提案、文化行政に関する具体的活動を伴った提案等々。

さらにここには学生や卒業生が主体的に関わり、それぞれの研究内容や興味に合った活動をしています。手本を参加者に教えるために必死で前日に練習したり、大学の外でたくさんの人の前で自分のことを話す経験など。日本画というものが、絵を描くということが、そして何より少し大きくなった自分自身が、その環境によって変化して見えてきます。喜びや共感だけでなく、ジレンマや孤独に出会うこともあります。そのような中で、個々が絵を描くということを深めていきます。

学生作品

元・宋時代作品模写
氏名:中村美葉
制作年:2017年
制作した学年:3回生

こがねいろにただよう
氏名:本馬彩花
制作年:2017年
制作した学年:4回生

輪郭
氏名:森萌衣
制作年:2017年
制作した学年:4回生

シメリケ
氏名:大槻拓矢
制作年:2017年
制作した学年:4回生

教員一覧

ONO Toshiaki
  • 特任教授
  • Japanese style painting

ASANO Hitoshi
  • 教授
  • Nihonga

HIKAGE Kei
  • 教授
  • Nihonga

KAWASHIMA Wataru
  • 教授
  • Nihonga

奥村美佳
  • 准教授
  • Nihonga

KOJIMA Tokuro
  • 准教授
  • Nihonga

MITSUHASHI Taku
  • 講師
  • Painting

非常勤講師(実技)一覧

  • NISHIKAWA Reika
  • KOSAKA Hideaki
  • NOMURA Yuka
  • NISHIKAWA Reika
  • NISHIKAWA Reika
  • NISHIKAWA Reika

非常勤講師(実技)
プロフィールを見る

(日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧

Home