(日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧

  1. Kyoto City University of Arts
  2. (日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧
  3. Painting

Painting

教育目的

価値の多様化が進む今日、「表現者」の果たす社会的役割はますます大きいといえます。そのために美術家には表現に至る明確な動機と、個性豊かな技法とを探求していく自立心が必要です。

自立した表現者の育成を目指し、油画専攻では1年次後期と2年次前期の全教員による基礎授業と、2年次後期からの個人指導を中心に各学生に内在する個性を伸ばすとともに、絵画の社会的意義を認識させ、充分な見識と技術を身につけた表現者を育成していくことを目指しています。

制作風景

授業概要(カリキュラム)

少数制の各教室での授業を通じ、油彩をはじめとする水彩、アクリル、フレスコなどの技法を学びつつ、複合的な絵画表現の研究と制作を行います。

油画専攻では、「つくること=制作」、「みること=批評」、「おくこと=展示」の技法を、実践的に学ぶことが出来るカリキュラムに基づいて制作研究を行っています。

具体的な履修の流れは以下のようになります。

油画専攻を志す学生は、半年間の総合基礎実技を経て美術科基礎「油画A」または「油画B」を履修し、基礎修了後、各自の希望に応じて、油画「1」、「2」、「3」、「壁画」の4教室のいずれかに進むことができます。各教室は段階的に順追って履修するものではなく、担当教員の研究内容に 応じて編成されており、2年次後期から4年次までの学年を超えた混合教室となっています。そして、教室の移動は、登録のある半期単位で自由に移動することができます。

授業風景

科目一覧

学生インタビュー

京都芸大に入学して一番感動したことは主体性が尊重されていることです。さらに油画専攻は自由制作主義なので、作品の展開、制作環境やスケジュールなどを綿密に選択していけるので、自己の発展に集中して取り組んでいけます。

作品名:「転ぶ」

4回生 新平誠洙

学生作品

2gallerys
作家名:木村翔馬
技法:立体視360度映像(VR)
サイズ:可変
制作年:2016年

mix ×
作家名:小倉史佳
技法:キャンバスに油彩・オイルパステル
サイズ:F30号
制作年:2016年

プールびらき
作家名:高瀬栞菜
技法:キャンバスに油彩
サイズ:1620mm×1940mm  
制作年:2016年

教員一覧

FITZGERALD Simon
  • 教授
  • Painting

ISHIHARA Tomoaki
  • 教授
  • Painting

AKAMATSU Tamame
  • 教授
  • Painting

WATANABE Nobuaki
  • 教授
  • Painting

HOKI Nobuya
  • 教授
  • Painting

KANEDA Shoichi
  • 准教授
  • Painting

ITO Zon
  • 准教授
  • Contemporary Art

非常勤講師(実技)一覧

  • KAWATA Satoshi
  • KAWATA Satoshi
  • KAWATA Satoshi
  • TERASHIMA Midori
  • NOHARA Kenji
  • KAWATA Satoshi
  • [HARAGUCHI Minamii
  • HISHIKI Asuka
  • KAWATA Satoshi

非常勤講師(実技)
プロフィールを見る

(日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧

Home