(日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧

  1. Kyoto City University of Arts
  2. (日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧
  3. Printmaking

Printmaking

教育目的

現代の社会は、さまざまな印刷物で溢れています。人々は、世界中にはり巡らされた情報伝達のネットワークを通じて、お互いのやり取りをする事も、不特定の相手に発信する事もできるようになりました。これらに先鞭をつけたのは、版画という複製技術でした。複製技術の出現は、人々の生活を根本的に変えてしまったといってもよいでしょう。そのような時代にあって、美術はどのような役割を果たすべきなのでしょうか?

版画専攻では「版画」を、複数性と間接性の美術一般と大きく捉え、4つの基本的な版画技法である、銅版画、木版画、リトグラフ、シルクスクリーンを土台に、写真、デジタル処理を含む、様々な複製メディアの独自性を最大限に活用した、現代の版画表現を追求します。

制作風景

授業概要(カリキュラム)

この教室では“版画”が複数生産可能なものであり、間接手段を使うことを理解してもらうことがとても大切だと考えています。

この二面を理解してもらうために版画専攻では、専門的に受講する前段階として、美術科共通のカリキュラムである美術科基礎、版画A(1年次後期)または版画B(2年次前期)を履修します。

A、Bは異る版種をベースにしているため、続けてでも一つだけでも履修可能です。版画を専門に学ぶために必要な基礎的技術と知識を修得するため、4つの項目(基礎造形・映像・版画論・版種別の基礎実習ーA、Bに2版種ずつ)によって構成されたプログラムを履修する必要があります。

2年次後期及び3年次前期・後期は、基本4版種の中から1つのメジャーワークショップ(工房)を選択します。工房同士は緩やかに結びついていて(例えば写真製版工房は全版種共通で利用できます)、カリキュラムは工房別のスキルアップと版種を問わない作品指導が混在しています。以降、工房別の指導のもと、作品制作を行います。適宜開かれる合同合評会に出品し、版画の技術・知見を向上させます。前述したステップアップのための技法演習は、作品に応じた個別指導、グループによる演習など様々です。また、時により、世界で活躍する作家、専門職の技術者などの特別講義を受講します。

4年次前期・後期は、これに加え、文書講読を主としたゼミが行われることもあります。卒業生全員共同でのポートフォリオ制作、そして卒業制作、作品展出品が目標になります。

授業風景

科目一覧

学生インタビュー

「版画専攻で学んで良かったことは?」

 一学年10人という小規模な定員の中で、仲間や先輩たちと工房を共有し、先生方一人一人と関わり合いながら制作できる工房生活は、真剣であり、だんらんであり、私にとっては大学生活のエッセンスそのものです。

 中には家に籠り、黙々と制作したいと思う人もいるかもしれませんが、私にとっては工房という緊張感のある環境において、先輩として、また後輩として、ときには譲り合い、主張し合い、尊敬し合うといったコミュニケーションの中で自分が制作出来たことはとても良かったと思っています。

 暗黙のルールとか、上下関係が厳しいという関係は案外あっさりこなせるのですが、そうではなく、お互いが同じように工房を使う中で他と自分の真剣、欲求をベストに満たすことを考えられる柔軟性こそが本当に必要なコミュニケーションだと私は思います。誰だって同じように真剣で、誰だって同じように可能性を持っているのだと思います。

 私がこの版画専攻で4年間学んだ思い出は、版画制作だけではなく、いつ振り返っても私の人生の中にたった一度しかない、大学時代の学びの園なのです。

4回生 横内朝

版画集制作授業

卒業、修了生による版画集制作、ここで制作された版画は、年度毎に行われている芸術系大学版画ポートフォリオ展に出品しています。

四条ストリートギャラリー参加(制作風景です)

学外連携事業の四条ストリートギャラリー参加のシルクスクリーンによるガラス壁面へのインスタレーション作品、2009年度の”通貨ー通過”制作風景です。担当教員の木村秀樹教授を中心に学生たちのアイデアが下京区の四条FTスクエアの出入り口のガラス扉に形作られて行きます。

作品詳細は”通貨ー通過”参加学生、堂東由佳、金光男、他

「椿姫」版画プレゼント

京都市立芸術大学創立130周年記念事業音楽学部のオペラ公演に卒業生の助成を得て演目「椿姫」にテーマを絞ったオリジナル版画を御来演の方に配布しました。

椿姫版画プレゼント

学生作品

c
氏名:永松奈奈

制作年:2016年
制作した学年:4回生

技法:石膏刷り

しんごる
氏名:水野真緒
制作年:2016年
制作した学年:3回生
技法:リトグラフ

ランドセル
氏名:有吉かな子
制作年:2015年
制作した学年:3回生
技法:木版画

干支
氏名:長野 美里
制作年:2017年 
制作した学年:4回生

教員一覧

IZUHARA Tsukasa
  • 教授
  • Printmaking

ONISHI Nobuaki
  • 准教授
  • Printmaking

YOSHIOKA Toshinao
  • 准教授
  • silkscreen

非常勤講師(実技)一覧

  • UEDA Yuna
  • KIRIZUKI Saki
  • SAKAI Junji
  • SHIMIZU Minoru
  • FUJITA Sae
  • TORIIMOTO Takafumi
  • FUJITA Sae

非常勤講師(実技)
プロフィールを見る

(日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧

Home