(日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧

  1. Kyoto City University of Arts
  2. (日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧
  3. General Science of Art

General Science of Art

教育目的

現代社会にあって、芸術や文化をめぐる状況は大きく変化し多様化しています。それに応じて芸術を対象にする研究領域も広がりを見せ、実践的に芸術にかかわる人材が求められています。

本学に総合芸術学科が開設されたのは、従来の研究だけでなく、こうした社会的要請に応えるためでもあります。そのため本学科は、旧来のいわゆる芸術学の枠組みにとらわれない研究内容を含んでおり、「芸術」という境界を超えた多様な文化領域も視野にいれるものです。また、本学の実技教育に参加することを通じて、制作活動を現場で経験し、理解を深めることができるようなカリキュラムが組みこまれています。

授業概要(カリキュラム)

研究内容の大きな柱としては、(1)日本・東洋・西洋の美術史研究、(2)映像メディアをはじめ、多様化した現代文化の美学的研究、(3)工芸デザイン美術教育など、社会と芸術の関わりの研究があげられます。

1回生は、本学科の入門講座(基礎演習A)を必修科目として履修します。それ以外に総合基礎実技など、実技専攻の基礎科目に参加します。またこの時期に外国語の基礎や美学美術史関係の科目、一般的な基礎講義科目など、幅広い授業を自由に選択することができます。

2回生後期から、本学科の専門科目が中心になります。冊子の企画・取材・編集・レイアウト・印刷の実習(基礎演習B)、専門的な語学演習、デジタル機器に対応した実技授業等が始まります。

3回生に入ると、学生は自分の専門領域を定め、それぞれ内容に即した指導を受けることになります。第1ゼミ「芸術の歴史と理論」、第2ゼミ「文化と感性の理論」、第3ゼミ「芸術と社会」の3コースがあり、そのいずれかに所属します。また、合同演習では、各人が研究成果を発表したり、全体で議論しながらそれぞれのテーマを深めていきます。また、情報サイトを運営したり、展覧会を企画・運営する活動を通して、生きた芸術を学びます。

4回生は、3回生に引き続き、ゼミでの研究が中心になります。研究発表を重ねながら自分のテーマを掘り下げ、最終的にその成果を卒業論文にまとめます。なお、卒業論文に関連した作品を提出することも可能です。

科目一覧

学生インタビュー

「総合芸術学専攻に入りたかった理由は?」

1年前期から2年前期まで,他専攻の人達にまざって好きな実技をみっちりとることができます。3年生からはゼミに分かれての研究も始まるので,勉強がしたい,でも制作もしたいという私にはぴったりの専攻です。

3回生 森咲花

授業に関連した専攻での活動について
(学外連携や文化芸術資源の地域還元の取組等)

「Colors of KCUA2011 京都市立芸術大学芸術学研究室学生による総合選抜展」

会期:2011年8月13日-21日

会場:京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA

芸術学研究室コアメンバー:入澤聖明,上田祥悟,高井彩,増田愛美,山下晃平,李趙雪

京都市立芸術大学芸術学研究室(総合芸術学科および芸術学専攻)の学生が中心となって企画、実施する展覧会を、ギャラリーアクアで開催しました。本展覧会の目的は,制作内容や動向を幅広く伝えることにあり,展覧会タイトル「Colors of KCUA」の「Colors」は、多くの色彩という意味から、学生の無数の個性(色)や多様なジャンルを表しています。
そして「Colors of KCUA2011」とすることで、「今の京都市立芸術大学に広がる多様な個性」を伝える展覧会としています。

出品作家の選定にあたっては、芸術学研究室学生が一年を通じて学内の学生の作品を調査し、更に2011年2月の作品展での成果に基づきながら、学部生や大学院生、そして2011年3月卒業・修了生まで幅広く視野に入れました。とりわけ、芸術学研究室学生による独自の視点で選ぶこと、そして社会へ発信することを中心に据えています。

美術が社会に進出するには、作品を様々な解釈で咀嚼し広める、評論家や学芸員の存在が不可欠でしょう。独自の視点で美術を発見し提示することで、美術と社会の架け橋となり、美術と社会を繋ぐことができます。

本展覧会では、日々実技の学生と身近に接している芸術学研究室の学生ならではの視点のもと、各自の研究領域も生かしつつ、複数のジャンルに渡り、横断的に本学の作品・動向を紹介します。中には賛否両論を巻き起こすような作品もあるかも知れません。そうした作品は多元的な解釈が可能であり、既存の制度への挑戦も感じさせます。挑戦的な作品もまた積極的に取り上げ、様々な角度から見直すことで、新たな魅力や価値の発見につなげられればと願います。

まさに京芸の「今」と「これから」の作品を多様に展示する展覧会となりました。

学生作品の紹介

研究テーマ「10世紀の日本の造仏について」 坂谷史穂子(4回生)

研究の概要

平安時代後期に起こった仏像の和様化は11世紀、仏師定朝によって大成され、仏像の様式面に大きな革新をもたらした。また技法面においても、それまで主流であった一本の材から像の主要部分をつくる一木造に対し、計画的に材を合わせて彫刻するという寄木造も彼の時代にその形が整えられ、師である仏師康尚と共に、その当時だけでなく後世の造仏界にも多大な影響を与えた。

10世紀は一般的に仏像の和様化における過渡期とされているが、その様相は不確定な部分が多く、はっきりとした定説も特にみられない。この頃の制作と見られる作品はある程度存在するが、それらの繋がりや系譜については、確実な資料も少なく、なかなか明確にされていないのが現状である。

しかし平安時代、特に後期の彫刻について語る上で、この10世紀の位置づけというものが重要になり、また避けて通ることはできない。さらに10世紀の造像を考えることで、その後における康尚・定朝の制作の様相も部分的に見えてくると考えられる。

研究テーマ「美術における身体表現:パフォーマンス研究」 高井彩(4回生)

研究の概要

自身の研究において、パフォーマンスとは美術史的には20世紀初頭の未来派、ダダを源流とし、第二次世界大戦後にハプニング、フルクサスなどの運動を生み出していった、身体表現を中心とする一連の動きを指す。その構成要素は、「空間」、「時間」、「身体」、「偶然性」などが挙げられるが、現在はその中でも「観客」の存在に重きを置いて研究を行っている。具体的には観客参加型のパフォーマンスにおいて、観客らはどのような働きをし、いかに作品に作用しているか、そして彼らの美的体験はどんなであるか、ということについて考察を行っている。

卒業論文ではユーゴスラビア出身の作家、マリーナ・アブラモヴィッチについての研究を予定している。

関連写真:Yves Klein 《Leap into the Void》 1960 (出典:「アクション 行為がアートになるとき 1949-1979」展図録 東京都現代美術館)

研究テーマ「アート情報マガジン『SHAKE ART!』」 塩谷舞(4回生)

研究の概要

関西の美大生による団体SHAKE ART!を結成。同名の情報誌を創刊。展覧会企画も多数行い、若手作家の情報を広く発信している。

教員一覧

YOSHIDA Masako
  • 教授
  • History of Textiles

KASUYA Akiko
  • 教授
  • Art Theory and Aesthetics

TAJIMA Tatsuya
  • 教授
  • Japanese Art History

TONAMI Keisho
  • 教授
  • Art history of Japanese Buddhist sculpture

HATANAKA Eiji
  • 准教授
  • Ceramic History / Archeology

TAKENAMI Haruka
  • 准教授
  • History of Chinese painting

FUKAYA Michiko
  • 准教授
  • History of Western Art

SUNAYAMA Taichi
  • 特任講師
  • Advanced Design

非常勤講師(実技)一覧

  • KURAMOCHI Miki
  • TAKAI Takako
  • HITOOSA Kazuki
  • FUJIKI Akiko
  • FUJITA Mizuho
  • YAMASHITA Kohei

非常勤講師(実技)
プロフィールを見る

(日本語) 美術学部・美術研究科 学科・専攻一覧

Home