イベント情報

  1. 京都市立芸術大学トップ
  2. イベントカレンダー
  3. 京都市立芸術大学 サテライトコンサート クリスマスチャリティーコンサート Vol.8

京都市立芸術大学 サテライトコンサート クリスマスチャリティーコンサート Vol.8

  • メールで送る
  • 印刷する

京都市立芸術大学 サテライトコンサート クリスマスチャリティーコンサート Vol.8

京都市立芸術大学では,日頃の教育研究の成果を発表する実践の場として,また市民の皆様に音楽をより身近に感じていただく機会を提供するため「クリスマスチャリティーコンサート」を開催しています。今回のコンサートは,親子でオペラの世界を楽しんでいただけるよう,著名なオペラの名曲をお届けします。本公演は,京都新聞との共催によるチャリティー演奏会となっています。

出演者と聴衆が一体となっての心温まる演奏を,是非お楽しみください。

チラシ(PDF:465KB)

日時

2017年12月22日(金曜日)午後7時開演(午後6時30分 開場)

会場

京都市立京都堀川音楽高等学校ホール

(京都市中京区油小路通御池押油小路町238-1)

出演
  • 指 揮:中井 章徳(本学大学院音楽研究科博士(後期)課程1回生)
  • 管弦楽:京都市立芸術大学大学院アカデミーオーケストラ
  • ソリスト:本学大学院音楽研究科修士課程 声楽専攻生 
曲目
  • W.A.モーツァルト/「フィガロの結婚」より~もう飛ぶまいぞこの蝶々~

  • W.A.モーツァルト/「魔笛」より~パ・パ・パの二重唱~

  • G.ビゼー/「カルメン」より~ハバネラ~

    ほか

    ※曲目は変更になる場合もございます。

入場料

1,000円 (定員300名 全席自由) 

   ※ 乳児同伴の御入場は御遠慮ください。

チケット取扱

2017年11月8日(水曜日)午前10時から12月21日(木曜日)まで

京都新聞文化センター

(京都市中京区烏丸通夷川上ル 京都新聞社ビル1階 電話:075-256-0007)

主催

京都市立芸術大学,京都新聞

問合せ先

京都市立芸術大学事務局連携推進課(事業推進担当)

[TEL]075-334-2204

アクセス
  • 地下鉄「二条城前駅」2番出口より南東へ徒歩3分
  • 市バス「堀川御池」バス停下車すぐ
その他

本演奏会の収益のうち運営経費を差し引いた金額は,京都新聞社会福祉事業団に

寄付し,地域福祉の向上に資する事業等に活用いただきます。

2018/05/10

平成30年度伝音セミナー 第1回 国際文化振興会レコード(KBS)に収められた謡曲と声明

2018/04/11~2018/05/13

京都市立芸術大学芸術資料館収蔵品展「明治150年記念展 画学生のまなざし-京都市動物園との出会い」

2018/04/28~2018/05/13

移転整備プレ事業 教室のフィロソフィー Vol.02 河野愛 個展「in the nursery 逸話ではないもの」

2018/05/19

京都国立近代美術館 ホワイエコンサート

2018/05/19

宮本妥子 打楽器・マリンバ リサイタル「かけがえのない光 ―Yasuko Miyamoto 20th Anniversary Concert―
」

2018/04/07~2018/05/20

京芸 transmit program 2018

2018/05/26

クロックタワーコンサート~京都大学と京都市立芸術大学による交流の午後~ コンサート&レクチャー“フィガロはいつも大忙し”

2018/06/07

平成30年度伝音セミナー 第2回 説教節を聴く

2018/06/08

上村昇教授退任記念コンサート

2018/06/19

京都市立芸術大学移転整備プレ事業「小濱妙美(こはまたえみ)ソプラノリサイタル」

2018/05/19~2018/06/24

京都市立芸術大学芸術資料館収蔵品展「新収蔵品展 2017-2018」

2018/07/05

平成30年度伝音セミナー 第3回 雅楽の今昔(その3)─こんにちの古譜解読と創作─

2018/06/09~2018/07/07

平成30年度(前期)日本伝統音楽研究センター「でんおん連続講座 B 京都の琴(その5)」

2018/04/27~2018/07/13

平成30年度(前期)日本伝統音楽研究センター「でんおん連続講座 A 常磐津節実践入門(その7)」

2018/09/06

平成29年度伝音セミナー 第4回 京都のうた(その4)

開催中のイベント

京都市立芸術大学ギャラリー&コンサートガイド

年度別アーカイブ

卒業生のイベント

  • 美術学部同窓会
  • 音楽学部 同窓会真声会

ソーシャルメディア

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube