イベント情報

  1. 京都市立芸術大学トップ
  2. イベントカレンダー
  3. クリスチャン・ヤンコフスキー「Floating World」

クリスチャン・ヤンコフスキー「Floating World」

  • メールで送る
  • 印刷する

クリスチャン・ヤンコフスキー「Floating World」

京都市立芸術大学ギャラリー@KCUAでは,ベルリン在住の作家,クリスチャン・ヤンコフスキー氏を招聘し,日本初の個展を下記のとおり開催します。展覧会では,今年6月の京都でのリサーチや,本学出身の若手作家,学生などを交えたレクチャーパフォーマンスを経て制作された作品を発表します。

皆様の御来場をお待ちしています。

京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA

会期

2018年9月15日(土曜日)~10月28日(日曜日)

午前11時~午後7時

(月曜日休館,月曜日が休日の場合は翌火曜日を休館。ただし,10月9日(火曜日)は開館。10月5日(金曜日)はニュイ・ブランシュKYOTO 2018のため午後10時まで開館。)

会場 京都市立芸術大学ギャラリー @KCUA(アクア)

(地下鉄東西線「二条城前駅」2番出入口を南にすぐ)

※入場無料

 作家

クリスチャン・ヤンコフスキー(Christian Jankowski)

1968 年ゲッティンゲン(ドイツ)生まれ 。ベルリン在住。ハンブルク美術大学卒業。さまざまな業種の人々との協働作業を通じて,アートの世界とそれとは異なる世界とを接続し,その関係性やそれぞれのあり方を問いかける活動を行うヤンコフスキーは,映像,写真,パフォーマンスを中心に,芸術に限らずさまざまな分野のスペシャリストと協働し,コンセプチュアルでウィットに富んだ作品を制作することで知られる。毎年ヨーロッパを中心に世界中での複数回の個展のほか,国際展をはじめとしたグループ展にも精力的に参加。また,マニフェスタ11(2016)では芸術監督を務めるなど,キュレーションの分野についてもその手腕を発揮している。ヨコハマトリエンナーレ2017 では身体と公共彫刻の関係性について言及する三部作《重量級の歴史》(2013),《アーティスティック・ジムナスティック》(2014),《マッサージ・マスターズ》(2017)を出品。シュトゥットガルト芸術アカデミー教授。
主催 京都市立芸術大学
助成 公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団,芸術文化振興基金
協力 ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川,BAR-BARA,三村康仁
問合せ先
  • 京都市立芸術大学 連携推進課(附属施設担当)
    〔電話〕 075-334-2231
    ※午前8時30分~午後5時15分(平日のみ)
    〔FAX〕 075-333-8533
  • 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA
    〔電話〕 075-253-1509
    ※午前11時~午後7時(月曜日休館)
    〔FAX〕 075-253-1510

開催中のイベント

京都市立芸術大学ギャラリー&コンサートガイド

年度別アーカイブ

卒業生のイベント

  • 美術学部同窓会
  • 音楽学部 同窓会真声会

ソーシャルメディア

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube