起点としての80年代

  • メールで送る
  • 印刷する

起点としての80年代

2018年11月3日(土曜日・祝日)から12月16日(日曜日)まで,高松市美術館2階展示室において開催される,開館30周年記念特別展「起点としての80年代」において,本学美術学部の石原友明教授,中原浩大教授をはじめ,本学客員教授の森村泰昌氏,横尾忠則氏,ほか多くの本学卒業/修了生が参加します。初日の11時からは中原教授の公開制作も行われます。是非お出かけください。

なお当展覧会は,金沢21世紀美術館での開催(2018年7月7日〜10月21日)を経て,静岡市美術館でも巡回展(2019年1月5日〜3月24日)を開催予定です。

チラシ[PDF:2MB]

タイトル 起点としての80年代
会期 2018年11月3日(土曜日・祝日)~12月16日(日曜日)
開館時間 9時30分~19時(但し日曜日は17時閉館/入室は閉館30分前まで)
初日11月3日(土曜日・祝日)のみ展示室入室は10時15分から
休館日

月曜日(但し月曜日が祝日の場合は翌火曜日休館)

会場 高松市美術館 2階 展示室
所在地 香川県高松市紺屋町10-4
交通・アクセス

アクセス|高松市美術館

入場料

【一般】1,000円(800円)※65歳以上も一般料金
【大学生】500円(400円)
【高校生以下】無料
※( )内は前売り及び20名以上の団体料金
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳所持者は入場無料

関連企画

中原浩大公開制作(無料・申込不要)
 日程:2018年11月3日(土曜日・祝日)11時~12時
 会場:美術館エントランスホール

主催・問合せ 高松市美術館 電話:087-823-1711

開催中のイベント

京都市立芸術大学ギャラリー&コンサートガイド

年度別アーカイブ

卒業生のイベント

  • 美術学部同窓会
  • 音楽学部 同窓会真声会

ソーシャルメディア

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube