イベント情報

  1. 京都市立芸術大学トップ
  2. イベントカレンダー
  3. 京都市立芸術大学 芸大祭 2017

京都市立芸術大学 芸大祭 2017

  • メールで送る
  • 印刷する

京都市立芸術大学 芸大祭 2017

オーケストラをバックにした臨場感あるミュージカルや趣向を凝らした独創的な模擬店など京都芸大ならではの学園祭を開催!!

京都市立芸術大学は,日本で最も長い歴史を持つ芸術大学であり,学生たちはこれまでの伝統を継承しつつ,独創的な芸術の創造に日夜取り組んでいます。

こうした学生たちの日々の活動の成果はもとより,京都芸大の楽しさを,広く市民の皆様にも味わっていただく機会として,「京都市立芸術大学祭」を毎年開催しています。

今年のテーマは,『弾丸はチョコレイト』です。

学園祭を作り上げるために交錯している学生たちの強い思いを弾丸に,その思いが秘めている心のこもった暖かさをチョコレートに見立て,そのチョコレートのような弾丸で学生と来場者の方々との間にある壁を壊して,全ての人と一緒に学園祭を作り上げていきたいという思いが込められています。

作品展や学生コンサートのほか,生演奏をバックにした臨場感あふれるミュージカルステージや,趣向を凝らした独創的な模擬店など,京都芸大ならではの学園祭に,ぜひお越しください。

また,学園祭を前に,プレイベントを京都市内の寺町京極商店街で実施します。こちらもお楽しみに。

特設サイト
(学生による企画・運営)

日時

2017年11月3日(金曜日・祝日)から11月5日(日曜日)まで

10時~20時(最終日は20時30分まで)

会場 京都市立芸術大学構内
住所 京都市西京区大枝沓掛町13-6
テーマ 「弾丸はチョコレイト」
問い合わせ先

京都市立芸術大学教務学生課(学生・国際担当)

電話:075-334-2211

主催 京都市立芸術大学・京都市立芸術大学祭実行委員会
交通・アクセス

交通アクセスのページを御覧ください。

※ 駐車スペースがないため,車での御来場は,御遠慮ください。

プレイベント

パレード「弾丸はチョコレイト」

 美術学部学生による独創性あふれる衣装や装飾と,音楽学部学生による力強い演奏で京都芸大を発信します。

日時

10月22日(日曜日)14時開始(約1時間)

*雨天決行

会場 京都三条会商店街

本祭主要イベント

(1)芸大ミュージカルグループ(G.M.G)公演

 京都市立芸術大学祭で毎年好評を博している公演です。今回は脚本,音楽,すべてオリジナル!美術学部の学生たちが制作した舞台美術あり,音楽学部の学生たちによるオーケストラの生演奏ありと,見逃せないステージです。

GMG2017の公式Twitterはこちら→@gmg_musical

演目 Bleuet(ブルーエ)
日時

[第1回公演]11月3日(金曜日・祝日)開演 15時(開場 14時30分)

[第2回公演]11月4日(土曜日)開演 13時(開場 12時30分)

会場 講堂
公演協力金 前売700円(完売),当日900円
備考
  • 公演時間は3時間を予定しています。
  • 前売券は教務学生課学生・国際担当窓口にて10月2日から販売。
  • 両日分ともに売切れました。
チケット予約

※WEBでの予約受付は終了しました。

WEB予約ページ

※当日券は若干数となります。講堂前にて開演時間の2時間前より販売開始の予定です。

(2)クラシックコンサート

 世界的に活躍する演奏家と音楽学部の学生オーケストラによるコンサートです。無料で御鑑賞いただけますので,クラシック音楽に関心のある方には絶好の機会となります。

日時 11月5日(日曜日)開演 13時(開場 12時30分)
ソリスト 田村 響(本学音楽学部ピアノ専攻講師)
演目
  • リスト/ピアノ協奏曲第1番変ホ長調 S.124/R.455
  • ラフマニノフ/ピアノ協奏曲 第2番ハ短調 Op.18
会場 講堂
入場料 無料
(3)学生コンサート

 音楽学部の学生たちのコンサートです。みずみずしい感性あふれる演奏をお楽しみください。

日時 [器楽・室内楽]11月5日(日曜日)開演 15時30分(開場 15時20分)
[ブラスバンド]11月5日(日曜日)開演 19時(開場 18時30分)
会場 講堂
入場料 無料
(4)テーマ展「bom bom bom!!」

 大学祭のテーマ「弾丸はチョコレイト」をもとに,「お菓子」「ミリタリー」をテーマにした作品展示です。

会期

11月3日(金曜日・祝日)〜5日(日曜日)10時〜17時

会場 大学会館 交流室
入場料 無料
(5)学生有志展

 学生有志による30組以上のグループのそれぞれが展示コンセプトを考え,学内で作品展示を行います。

会期 11月3日(金曜日・祝日)〜5日(日曜日)10時〜17時
会場 大学構内各所
入場料 無料
(6)芸大祭楽団公演「弾丸はチョコレイト」

「共闘」をテーマに,美術学部学生と音楽学部学生が協力して作り上げるオーケストラのステージです。

日時 11月4日(土曜日)17時20分~
会場 メインステージ
入場料 無料
(7)講演会

 CDジャケットや書籍の表紙イラスト等を数多く手掛けている中村佑介氏(イラストレーター)による講演会を行います。

開催日 11月4日(土曜日)開演12時(開場11時30分)
会場 中央棟3階 L1教室
入場料

前売230円 当日250円

*前売券販売期間:10月17日(火曜日)~10月31日(火曜日

申込方法

前売券は10月17日から10月31日まで,イベント企画担当宛申込みフォームで受付。

当日,10時30分から学内にて精算開始。

(8)ゲストライブ企画

 今年の10月でメジャーデビュー15周年を迎える人気ロックバンド「ストレイテナー」のヴォーカリストであり,ソロプロジェクト“ent”としても活動するホリエアツシによるソロライブを行います。

ゲストライブ企画

開催日時

11月3日(金曜日・祝日)

開演 14時30分(開場 14時)

※公演予定時間:1時間

出演者 ホリエアツシ(ストレイテナー, ent)
会場 大学会館 ホール
入場料

前売券・当日券ともに2,500円

※前売券はCNプレイガイドにて販売中。

(10)模擬店

模擬店

 学生たちが情熱を傾けて作り上げた模擬店の数々が皆様のお越しをお待ちしています。京都芸大ならではの色彩や装飾の凝った造りの模擬店をお楽しみください。

(11)その他

 自主企画イベント,ファッションパフォーマンス,コスプレショー等多彩なイベントを企画しています。

2018/09/15~2018/10/28

~アートと異なる世界との接続を通して社会に問いかけ続ける作家~クリスチャン・ヤンコフスキー「Floating World」

2018/11/01

平成30年度伝音セミナー 第5回 無声映画からトーキー映画初期 ―伝統音楽との関わり

2018/11/03~2018/11/05

京都市立芸術大学 芸大祭 2018

2018/11/17

京都国立近代美術館 ホワイエコンサート

2018/11/04~2018/11/18

京都日本画の歩みと京都市立芸術大学 −芸術資料館の作品を通して−

2018/11/03~2018/11/18

移転整備プレ事業 教室のフィロソフィー Vol.06 安枝知美 個展「毒の輪郭をさがす」

2018/11/22

文化会館コンサートⅠ 京都市立芸術大学 音楽学部・大学院音楽研究科 管・打楽専攻生によるアンサンブル 「music drops」

2018/11/10~2018/11/25

京都市立芸術大学退任記念展 秋山陽 -はじめに土ありき-

2018/10/27~2018/12/02

遷る学舎 画学校から芸大まで(御苑・吉田・今熊野・沓掛)

2018/12/09

京都市立芸術大学音楽学部・大学院音楽研究科 第159回定期演奏会

2018/12/08~2018/12/09

平成30年度(後期)日本伝統音楽研究センター「でんおん連続講座 D 三味線古譜で辿る義太夫節の音楽―『本朝廿四孝』四段目切「十種香の段」を例として―」

2018/12/20

平成30年度伝音セミナー 第6回 新内節に触れる ―前弾きの諸相と《蘭蝶》

2018/12/23

平成30年度伝音セミナー 第7回 京の都に捧げる音 ―祇園囃子の調査とそれにもとづいた創作

2018/09/29~2018/12/23

川デツナガル 自然とアートのまちづくり

2019/01/10

平成30年度伝音セミナー 第8回 人情と刃傷 ―音で知る「股旅もの」

2019/02/07

平成30年度伝音セミナー 第9回 国際文化振興会レコードの「俚謡」を聴く

2019/01/12~2019/02/09

平成30年度(後期)日本伝統音楽研究センター「でんおん連続講座 E 京都の琴(その6)」

2018/11/16~2019/03/01

平成30年度(後期)日本伝統音楽研究センター「でんおん連続講座 C 常磐津節実践入門(その8)」

2019/03/29~2019/03/30

平成30年度(後期)日本伝統音楽研究センター「でんおん連続講座F カラダで検証する雅楽研究(その2)」

開催中のイベント

京都市立芸術大学ギャラリー&コンサートガイド

年度別アーカイブ

卒業生のイベント

  • 美術学部同窓会
  • 音楽学部 同窓会真声会

ソーシャルメディア

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube