重要なお知らせ一覧

  1. 京都市立芸術大学
  2. 重要なお知らせ一覧
  3. 京都市へ本学の崇仁地域への移転整備を要望

京都市へ本学の崇仁地域への移転整備を要望2013.03.28

  • メールで送る
  • 印刷する

 京都市立芸術大学におきましては,西京区の皆様をはじめ京都市民の皆様の御理解・御協力のもと,公立の総合芸術大学として着実な発展を遂げてまいりました。しかしながら,近年,大学を取り巻く環境は厳しく,現在地に移転してから30余年が経過し,本学の施設は,「立地条件」,「老朽化」や「狭あい化」,「必要な機能の不足」など様々な課題を抱えております。これらの課題を解消し,本学が京都のまちとともに発展していくことを目指し,京都市基本計画実施計画をはじめ京都市の各計画及び本学の中期計画において,「大学の市内中心部への移転整備構想を検討・策定すること」を掲げております。

 大学におきまして,この計画の実現を目指し,学内で検討を重ね,上記の課題を解消するとともに,京都の玄関口・京都駅に近い京都の中心部であり,産業界や他大学との連携が図りやすい点,大学の展覧会・演奏会等に市民にお越しいただきやすい点,文化資源の利活用がしやすい点などから,移転先として,JR京都駅東側に位置する崇仁地域が望ましいという結論を取りまとめるに至りました。

 この結論を大学の方針として決定し,本日,3月28日に京都市役所におきまして,本学の建畠晢理事長から門川大作京都市長に対して,「同地域へ本学を移転・整備すること,そして,移転後の大学跡地について洛西地域に資する活用を検討すること」などの要望をまとめた要望書を提出致しました。

 今後,本学の要望につきましては,京都市において検討が進められます。

移転整備に関する要望書(PDF[281KB])