お知らせ一覧

  1. 京都市立芸術大学
  2. お知らせ一覧
  3. デザイン科の学生による復興支援

デザイン科の学生による復興支援2011.12.08

  • メールで送る
  • 印刷する

義援金を渡すデザイン科の学生
義援金を渡すデザイン科の学生

京都市営地下鉄北山駅から京都コンサートホールに向かう地下通路に,「楽器」をテーマにした作品が数多く展示されています。

それらは,コンサートに向かう人たちのワクワク感を高めようと,京都市交通局,(財)京都市音楽芸術文化振興財団との連携により,本学デザイン科の学生が「楽器」をテーマに制作したものです。

この作品展示は,平成22年9月に始まり,1年ごとに新しい作品へと入れ替えを行う予定であったため,展示期間が終わると作品は学生の手元に返る予定でした。

京都新聞社会福祉事業団の担当者と意見交換を行う教員と学生
京都新聞社会福祉事業団の担当者と意見交換を行う教員と学生

しかし,予定していた展示期間のおよそ半分が過ぎた頃,東日本大震災によって未曽有の災害がもたらされました。

現地の惨状を前に学生はみな,「被災地を支援したい。でも具体的に何をすればいいのか分からない。」というもどかしさを抱えていました。そうした中,京都市交通局からデザイン科に,「展示作品のチャリティーオークションを実施できないか。」と提案をいただき,オークションの話を聞いた学生は「自分たちの作品が復興に役立てるなら。」と喜んで賛同しました。

オークションは,テレビや新聞等でも取り上げられ,多くの方に足を運んでいただいたおかげで,30点の作品に対し,延べ77件の入札がありました。

この収益金は,デザイン科の学生の手で,京都新聞社会福祉事業団に東日本大震災の義援金として寄付されました。
オークションに参加していただいた方,会場に足を運んでいただいた方に心からお礼を申し上げます。