出原司

出原司IZUHARA Tsukasa

出原司

  • 役職:教授
  • 専攻:版画
  • 専門:リトグラフ

コメント

版画専攻では「版画」を、複数性と間接性の美術一般と大きく捉えています。また、伝統的には版画は大きく4つの技法に分かれます。(銅版画、石版画、シルクスクリーン、木版画)このうち、石版画を中心とした表現、状況に応じた様々な現代的表現が私の専門です。前述の版画芸術概念に準じた幅の広い制作が可能な環境づくりをしています。

略歴

1953 京都生まれ
1979 京都市立芸術大学西洋画科専攻科修了

最終学歴及び学位称号

京都市立芸術大学美術専攻科西洋画専攻修了
芸術学士

業績・研究発表

受賞歴
1989 朝日放送賞 京展・京都市美術館
1991 優秀賞 次代を担う作家展・京都府立文化芸術会館
1992 京展賞 京展・京都市美術館
1997 大阪21世紀協会賞 大阪トリエンナーレ1997—版画(第8回国際現代造形コンクール)・マイドーム大阪
2001 フリーマンフェロー ヴァーモントスタジオセンターフリーマン財団
個展・グループ展
1977 現代日本美術展
1988 MAXI GRAPHICA('89, '90, '01, '08)
1989 和歌山版画ビエンナーレ('93)
版から/版へ(京都市美術館)
1994 アートナウ(兵庫県立美術館)
現代の版画 渋谷区立松濤美術館
1997 大阪トリエンナーレ 版画
1999 現代版画・21人の方向(国立国際美術館)
2001 ワンバイメニー(デンマーク)
2002 "Looking East/Looking West" (USA)
2010 釜山ビエンナーレ
研究発表・講演
1982 工房に木村希八さんを訪ねる 大学版画学会報 No10、pp15〜16
1992 クジラをめぐる六つの物語 版画芸術第78号、pp214〜215
1997 私のリトグラフ、私の疑問 大学版画学会報 No27、pp11〜13
2004 ispaJAPAN京都会議報告 大学版画学会報 No33、pp〜
その他の活動
2008 森の力2(アーティスト イン レジデンス、和歌山県中辺路)
2010 clumusica クラムジカ第3回公演に参加(舞台等美術)

作品

「南の海でゆっくり漂う」
リトグラフ、木製支持架
1988
Comfortable drift in south sea
Lithography, wooden suport pole
392.0×949.0(cm)

「鯨の袖振る」
クラムジカコンサート2つゆのそぼふる、会場写真
2010
モノプリント(一部リトグラフ)、いずみ紙BFKリーブ紙
約320×400cm

「見返りマナティー図」
モノプリント(一部リトグラフ)、ベラン・アルシュ紙
2010
約320×80cm