山田智恵子

山田智恵子YAMADA Chieko

山田智恵子

  • 役職:教授
  • 専門:音楽学・三味線音楽・義太夫節

コメント

人形浄瑠璃文楽の音楽である義太夫節を音楽面から研究している。人形浄瑠璃文楽は、これまで近世文芸として、あるいは演劇として研究されることが中心であったが、その音楽面特に浄瑠璃という声のパートは研究者がほとんどおらず、わからないことが多い。声のパートの視覚化のために、五線譜採譜を行ってきた。三味線音楽の五線譜化という方法は、西洋音楽が入ってきた明治期から行われている。現在は、大正期以降その方法により三味線音楽の旋律型研究の中心となった町田佳聲について共同研究を行っている。

略歴

1952 岐阜県生まれ
1975 東京芸術大学音楽学部楽理科卒業
1980 東京芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了(芸術学修士)
2003 学位請求論文により博士(文学)(大阪大学より)
職歴
1984-1986 東京国立文化財研究所芸能部非常勤調査研究員
1988-2006 大阪音楽大学非常勤講師
1991-2005 大阪芸術大学非常勤講師
2000-2005 京都市立芸術大学非常勤講師
2005-2008 くらしき作陽大学音楽学部教授
2008 4月より現職
所属学会

東洋音楽学会、日本音楽学会、楽劇学会

最終学歴及び学位称号

東京芸術大学大学院音楽研究科音楽学専攻修了

業績・研究発表

受賞歴
2004 第17回清栄会奨励賞(研究者部門)
研究発表・講演
学会発表
1989.10 「浄瑠璃の楽型分類に関する一考察」第40回東洋音楽学会大会(武蔵野女子大学)
1999.10

「田中正平による義太夫節の五線譜化」

第50回東洋音楽学会大会(東京学芸大学)、SIMS(国際音楽学会)

2004.7 「Aspects of chari:humorous expression in gidayu-bushi」(メルボルン)
講演
1994.6

「清元節の音楽 歌舞伎舞踊曲としての音楽構成」

大阪府立文化情報センター「古今東西音楽考」

2001.6

「文楽の音楽 義太夫節の基本的旋律型」

大阪府立文化情報センター「古今東西音楽考」

論文
1985 「義太夫節におけるマクラの音楽語法」東京国立文化財研究所芸能部編『芸能の科学15』
1988

「ひらかな盛衰記の音楽 三段目・四段目を中心に」

国立文楽劇場調査養成課調査資料係編『国立文楽劇場上演資料集20』

1996 「義太夫節の今昔」桜井哲男・山口修編『音の今昔』(東京、弘文堂)
2002

「義太夫節の音楽構造と文字テクスト」

時田アリソン・薦田治子編『日本の語り物、口頭性・構造・意義』(日文研叢書26,国際日本文化研究センター)

2003 「義太夫節の語りにおける規範と変形 地合の音楽学的研究」(博士学位請求論文)
2004

「義太夫節地合における変形可能性 同一曲における演奏者による変形可能性」

『日本伝統音楽研究第1号』(京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター)

田中正平による義太夫節の五線譜化」『大阪音楽大学研究紀要第43号』(大阪音楽大学)
2008

「Gidayu-bushi: music of the bunraku puppet theatre」

『The Ashgate Research Companioin to Japanese Music』

(SOAS Musicology Series, Ashgate Publishing,)

著書
1986 共著『義太夫節の様式展開』(アカデミア・ミュージック)
1993 共編著『文楽談義 語る・弾く・遣う』(大阪、創元社)
2003 共著『日本の伝統芸能の魅力上巻』(NHKソフトウエア)

トップページに戻る