大学概要

  1. 京都市立芸術大学
  2. 大学概要
  3. 卒業生インタビュー
  4. 卒業生インタビュー[music_15]白子正樹さん 1/4

卒業生インタビュー[music_15]白子正樹さん 1/4

1. プロの演奏家を目指して

interviewer_music楽器を始められたきっかけは何ですか。

白子 幼少の頃,ピアノを習ったのがきっかけです。でも,練習はあまり好きではありませんでした。ヤマハの音楽教室で,グロッケン(※1)を叩いたり,リコーダーを吹いたりしたのは楽しい思い出です。中学校で吹奏楽部に入部した時に,部員数が多くて,やりたい楽器を第一希望から第三希望まで書かされたのですが,どうしてもクラリネットをやりたくて,全部,クラリネットって書いたんです。それで,念願かなってクラリネットを吹かせてもらうことになりました(笑)。

(※1)グロッケン…グロッケンシュピュール。金属製の音板をもつ鍵盤打楽器で,鉄琴の一種。

interviewer_musicご家族は音楽をされていたのですか。

白子 両親は,音楽は好きだったかもしれないけど,専門的な知識はないし,家では,クラシック音楽も鳴っていなかったし,音楽を聴きにコンサートに行くこともなかったですよ。ただ,母親は,自分が昔ピアノをやりたかったけどその夢は叶わなかったから,兄弟3人全員にとりあえずピアノはやらせたいと考えていたようです。それが,私を音楽に近づけてくれたきっかけになっているので,そういう意味では,両親には感謝しています。

interviewer_musicクラリネットを吹き始めた頃,自分に合っていると感じましたか。

白子 そうですね。クラリネットに出会った中学1年の頃から,部活では周りの子たちより上手く吹けたこともあって,クラリネットの魅力にはまり,クラリネットを続けるために進学した石山高校(滋賀県)でも吹奏楽部に入部し友達と一緒に頑張っていました。

interviewer_musicプロの演奏家になりたいと思うようになったのはいつですか。

白子 高校の時のクラリネットの先生がたいへん厳しくて,「今後どういうふうに進んでいくのか将来像を描くように」と言われた時だったと思います。でも,当時は,プロとは何なのか,何をしたら食べていけるのかということぐらいしか考えていなくて,大学へ進学することがプロの演奏家になるための近道なんだろうなと漠然と考えていたように思います。

interviewer_music京都芸大を志望した理由を教えてください。

白子 僕は,実は他大学を不合格になり,翌年に京都芸大に入学したので,とにかく京都芸大で頑張ろうと思って学生生活を始めました。そういうこともあるので,志望するきっかけはなんでも良いと思っているんです。京都芸大に来た意味を自分でどう解釈していくかということが大切なんだと思います。結果論ですけど,他の大学に行っていたら,今の自分はなかったと思っています。京都芸大で学んだことによって,オーケストラ奏者になりたいという気持ちがより強くなったので,今では京都芸大に入学して良かったと思っています。

インタビュアー:刀田大生(音楽学部 管・打楽専攻 4回生*取材当時の学年

鎌田邦裕(音楽学部 管・打楽専攻 3回生*取材当時の学年

(取材日:2014年11月14日・本学音楽棟217号室にて)

Contents

  1. プロの演奏家を目指して
  2. 京都芸大での4年間【11月11日公開予定】
  3. 現状には満足しない【11月18日公開予定】
  4. 今の夢【11月25日公開予定】

Profile:白子 正樹【しらこ・まさき】クラリネット奏者

滋賀県生まれ。2006年京都市立芸術大学を「音楽学部賞」を受賞して卒業。卒業後ロームミュージックファンデーション奨学生として渡独し,ケルン音楽大学を最優秀の成績で卒業。

第76回読売新人演奏会出演。第5回滋賀県新人演奏会において最優秀賞を受賞。第6回パドヴァ国際音楽コンクール管楽器部門第1位。第4回“SaverioMercadante”国際クラリネットコンクール第1位。2009年1月ケルンのBechsteinhausにおいてソロリサイタルを開催。

同年4月からザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団契約団員。2011年5月から札幌交響楽団のクラリネット副首席奏者として活躍している。