学外連携

  1. 京都市立芸術大学
  2. 学外連携
  3. 学外連携の取組(平成27年度)

学外連携の取組(平成27年度)

京都市立芸術大学・大学院では,教育研究の成果を社会に還元し,また,京都の個性と魅力を一層高める一翼を担うため,伝統産業から先端産業まで各種業界や文化芸術機関,大学等教育研究機関,小中高校など様々な分野と連携しています。

平成27年度の取組

1 産学連携事業

連携先など 概要

読売連合広告社との連携

「祇園祭うちわデザイン」

 祇園祭宵山で観光客などに配布される同社製作のうちわの表面を飾るデザインを,デザイン科1回生の授業課題として制作し,12月の審査会で30作品の中から翌年宵山で使用するグランプリ作品を選定しました。

JR西日本・京都水族館等との連携


 

「モニュメントデザイン」

 京都鉄道博物館の開館を記念し京都駅から梅小路公園周辺までのエリアの持続的な賑わいづくり,回遊性の向上に取り組むために,JR西日本,京都水族館などが中心となる企業・団体が,京都駅から梅小路公園までのアクセスルートに15基設置するモニュメントのデザインを本学学生を対象に募集されました。

 28年3月26日にはモニュメント完成披露式典が開かれました。

洛西シミズ病院との連携

「病院の内装デザイン」

 洛西シミズ病院の増築に伴い,内装デザインやサイン計画についてのアドバイスの依頼があり,ビジュアルデザイン研究室が受託研究(平成27年8月10日~28年4月30)として取り組みました。

京都市交通局・京都水族館との連携

「ペタペタスタンプラリー」

 市バス・地下鉄の利用促進と水族館を中心にした梅小路公園エリアの活性化を目指して,平成28年3月14日から3月23日まで,東山花灯路に合わせて円山公園や京都水族館,地下鉄京都駅・東山駅を巡るスタンプラリーを実施しました。デザイン科ビジュアルデザイン専攻の教員・学生がスタンプラリー台紙,チラシ,景品のデザインを担当しました。

京都市交通局との連携

地下鉄二条城前駅「七夕アート作品」展示

「京の七夕」堀川会場の最寄駅となる同駅の地下通路に,七夕にちなんだ作品をデザイン科2回生の授業課題として制作し,7月2日から34点を展示しています。

京都市産業技術研究所との連携

共同研究・講師派遣等

 平成25年度に締結した包括協定にもとづき,美術学部の教員が産業技術研究所の共同研究に参加した他,産業技術研究所の職員が工芸科で授業を行っています。「21世紀鷹峰フォーラム」に関連し,12月2日に産業技術研究所の職員を講師として招き,介護現場の職員も交えて本学教員との研究成果をトークセッション「食と工芸」で発表しました。また,8月8日には,産業技術研究所が市民向けに開催する「京都ラボフェス~夏休みものづくり体験デー~」に似顔絵コーナーを開設するなどの連携を行っています。
京都銀行との連携

京都銀行美術研究支援制度

 京都銀行が平成13年度に創設した「京都銀行美術研究支援制度」により,本学学生の作品7点が購入され,11月16日に購入作品の受け渡し式が行われました。

展覧会「京銀コレクションの15年」

 平成27年度は制度創設15年の節目に当たり購入作品も通算117点に達したため,11月17日から11月30日まで,制度創設15年記念展覧会「京銀コレクションの15年」が同行金融大学桂川キャンパスにて開催されました。総合芸術学科の学生が展示企画及び広報を担当しました。

京都新聞との連携

「クリスマス・チャリティーコンサート」

 12月25日に大学院生を中心にしたオーケストラ及び合唱団が,京都国際交流合唱団とともにクリスマスにちなんだ曲を演奏しました。コンサートは京都新聞との共催により京都市立堀川音楽高校ホールにおいて開催され,収益は京都新聞社会福祉事業団に寄付されました。

2 地域連携事業

タイトル 概要

京都・花灯路推進協議会との連携

「大学のまち京都・伝統の灯り展」

 平成28年3月12日から21日まで開催された東山花灯路・円山公園会場において,本学を含め京都の5芸術大学の学生によるアート作品展に出展しました。

京の七夕実行委員会との連携

「竹と光と友禅のアート作品展」

 8月1日~10日まで開催された京の七夕・堀川会場において,本学を含め京都・大阪の6大学の学生によるアート作品展に出展しました。

KYOTO駅ナカアートプロジェクト実行委員会(参加9大学,京都市交通局,京都市)との連携

 「駅ナカアートプロジェクト」

 同プロジェクトは,京都で芸術を学ぶ学生作品により地下鉄駅構内の活性化を目指す取組です。

 平成28年3月23日から5月31日まで地下鉄9駅構内で,「ディスカバー・地域」をテーマに伊藤若冲生誕300年記念事業の一環としては実施されました。本学学生は地下鉄二条条前駅構内で作品を展示しました。

西京区(行政及び住民団体)との連携

「西京区民ふれあいまつり」

 11月21日に開催された同祭のパンフレット・ポスターデザインと出店ブースでのアート作品の販売を美術学部の学生が,ステージでの演奏を音楽学部の学生が担当しました。

「西京魅力探訪」

デザイン科ビジュアル・デザイン専攻の学生が,平成22年度から26年度にかけて各学区の方々から話を聞きながら,各学区の魅力を手書きのイラストと文章で表現する壁新聞を制作してきました。27年度は,壁新聞タブロイド版収納ボックスの作成にビジュアル・デザイン専攻の教員が協力しました。

「大原野地域ブランド戦略」

  平成24年度から大原野の魅力をより高めるため,地域住民、NPO、企業、そして行政の協働により将来像を共有し実現のための取組が進められています。デザイン科ビジュアルデザイン専攻の教員が企画運営委員会に参加するとともに,学生もひまわり開花イベントや特産品のパッケージデザインなどで協力しています。

「DO YOU KYOTO? 西京デーゆかたでGO!」

  デザイン科ビジュアルデザイン専攻の学生が,水族館との協力で「水のいきもの」をテーマにデザインした浴衣を制作し,7月4日・5日に西京区役所で行われた浴衣着付け教室で披露しました。また,浴衣を着て公共交通機関を利用を啓発する団扇を配布しました。

「西京30景」

 西京区役所が同区のウォーキングマップを基に選定した名所を,デザイン科1回生の学生が取材し進級作品として制作しました。平成28年2月の作品展で発表するとともに,平成28年度に迎える西京区制40周年記念事業等の一環で「西京魅力探訪」とともに作品展の開催を予定しています。

「桂坂学区民体育祭第25回記念前夜祭」

   桂坂体育振興会からの依頼を受け,10月10日に桂坂小学校で開催された体育祭第25回記念前夜祭に音楽学部の学生がファンファーレとミニコンサート,美術学部・研究科の学生・教員が子ども工作教室,似顔絵コーナー,焚火カフェで協力しました。

アートスクールを中心にした地域交流

   毎年8月に行っているサマーアートスクールに地元西京区民に多く参加してもらうため,西京区地域力サポート事業補助金(300千円)を得て,西京区民向けのパンフレット,ポスターを作成しました。その結果西京区からの参加者は前年の3倍に当たる56名に増加したほか,12月5日には西京区民向けの特別講座「日本美術史から見る京菓子の美」を西京区役所で開催し,40名の参加がありました。

「境谷小学校レジデンス」

   平成23年度から京都市立境谷小学校と共同して,本学卒業生や在学生が,境谷小学校の空き教室で芸術作品を滞在制作し,日常的に児童と交流を行っています。

 平成28年2月24日から26日まで開催された同校の作品展にはレジデンス作家が地元文化サークル,洛西中学校美術部とともに参加しました。

下京区(区役所及び住民団体)との連携

「下京区ふれ愛ひろば」

   11月8日に開催された「ふれ愛ひろば」では,音楽学部学生による演奏と美術学部学生による似顔絵コーナー,ステージのバックパネルデザイン制作で協力しました。

「下京区親子アート教室」

 平成28年1月23日に開催された下京区役所「親子ふれあいアート教室~伝書鳩を飛ばそう~」を本学美術学部非常勤講師が企画し,親子約20組を対象に元崇仁小学校でワークショップを実施しました。

「下京渉成小学校レジデンス」

  平成27年度から京都市立下京渉成小学校で,本学卒業生が芸術作品を滞在制作し,日常的に児童と交流を行っています。3月8日から11日まで開催された同校の作品展にも参加しました。

「洛友中学校レジデンス」

   平成26年度から京都市立洛友中学校で本学卒業生が芸術作品を滞在制作し,日常的に生徒たちと交流しています。

長岡京市との連携

10月3日に長岡京音楽祭の一環として,音楽学部学生が「学生オーケストラの響宴」に参加し,親子で楽しめる世界の名曲を長岡京記念文化会館において演奏しました。

高瀬川音楽祭実行委員会との連携

「高瀬川音楽祭」

 平成26年に開催された高瀬川開削400年記念事業を契機に,平成27年度は高瀬川沿いの各会場で音楽祭が開催されました。

 また,本学音楽学部の学生が,11月22日に開催された「ひと・まち交流館」でのオープニング式典と23日に柳原銀行記念資料館で開催されたコンサートに出演し協力しました。

3 文化団体等との連携

タイトル 概要

京都市音楽芸術文化振興財団との連携

「北文化会館コンサート」

   11月18日に管・打楽専攻が,1月21日に作曲専攻によるコンサートを実施しました。

「ウェスティ音暦」

   6月6日に管・打楽専攻が,12月6日に弦楽専攻によるコンサートを実施しました。

「ウェスティ伝統芸能シリーズ」

 第1弾として「安藤朴翁の琴韻を聴く」を日本伝統音楽研究センターが企画し,7月20日に琴の演奏及び解説によるレクチャーコンサートを開催しました。

「地下鉄北山駅アート作品」展示

 地下鉄北山駅からコンサートホールへ続く地下通路に,音楽にちなんだ作品をデザイン科2回生の授業課題として制作し,9月3日から30点を展示しています。

「関西の音楽大学オーケストラ・フェスティバル」

 同財団が中心となり音楽ファン層の拡大を目指して,平成23年度から関西の8大学(京都市立芸術大学,大阪音楽大学,大阪教育大学,大阪芸術大学,神戸女学院大学,相愛大学,同志社女子大学,武庫川女子大学)が合同でオーケストラを編成し,9月26日にコンサートホールで演奏会を開催しました。

京都国立近代美術館との連携

 「ホワイエコンサート」

 5月30日に作曲専攻が,11月21日に管・打楽専攻が,同館1階ホワイエにおいて,展覧会の企画に合わせたコンサートを行いました。

京都文化博物館との連携

「COOL MUSIC SPOT in MUSEUM of KYOTO 」

 重要文化財である旧日本銀行京都支店(京都文化博物館別館)で,省エネ対策のひとつとして,夏の暑い午後のひと時を涼しい環境で過ごしてもらうために,8月に連続コンサートを実施しています。9日間の会期の内7日間のコンサートに音楽学部学生が参加しました。

京都国際現代芸術2015(パラソフィア)との連携

「still moving」

 京都国際現代芸術祭2015特別連携プログラムとして,平成27年3月7日から5月10日までギャラリー・アクア及び元崇仁小学校等を会場にして,移転プレ事業「still moving」を開催しました。

京都芸術センターとの連携

「アーティスト・イン・レジデンス」

 スペイン・バルセロナ在住のサウンド・アーティストのマルティ・ルイツ氏を招聘し,9月から12月かけて京都に滞在し,本学彫刻専攻の協力を得て音響彫刻作品2基を修復しました。修復した作品を用いて管・打楽専攻の学生が作曲専攻の学生による新曲を演奏しました。

京都市・アンスティチュ・フランセ関西との連携

「Nuit Blanche Kyoto 2015 @KCUA 」

「ニュイ・ブランシュ(白夜祭)」は,10月1日にパリ市が行う一夜限りの現代アートの祭典です。パリの姉妹都市・京都でも,日仏のモダンアートが楽しめる「ニュイ・ブランシュ KYOTO 2015」が開催されました。

 9月26日から10月4日まで堀川御池ギャラリー及びギャラリー・アクアにおいて,リラ・ヌートゥル展,アンバー・カーディナル展,特別展:新しい時代のファッションを開催したほか,イベントとして10月3日に「アンドレア・クルーズ」等によるファッションパフォーマンス,ライブパフォーマンス「ウツル」,4日にシンポジウム「新しい時代のファッション」を開催しました。

文化庁との連携

「次代の文化を創造する新進芸術家育成事業」

  本学ギャラリー・アクアが,ネリー・ソニエ,パヴェウ・アルトハメルとアルトゥル・ジミェフスキ,グイド・ヴァン・デル・ウェルベを招聘し,「FEATHER」(4月20~25日),「HOUSE of day, HOUSE of night」(7月6日~18日),「killihg time」(平成28年2月15日~20日,22日,23日)の3種類のワークショッププログラムを企画しました。育成対象者を公募・選考し,ワークシヨップ実施した後,成果発表展の開催と成果発表用冊子の制作を行いました。

「メディア芸術連携促進事業」

   本学芸術資源研究センターが中心となり,せんだいメディアテーク,ダムタイプオフィス,国立近代美術館等と連携して,「タイムベースト・メディアを用いた美術作品の修復/保存に関するモデル事業」として,古橋悌二<LOVERS -永遠の恋人たち->(1994年)の修復・保存を行いました。12月5日には国立国際美術館との共催でシンポジウム「過去の現在の未来 アーティスト,学芸員,研究者が考える現代美術の保存と修復」を,平成28年2月14日には元崇仁小学校において,修復された<LOVERS -永遠の恋人たち->の公開とワークショップ「メディアアートの生と転生 保存修復とアーカイブの諸問題を中心に」を開催しました。

京都ライオンズクラブとの連携

「ピアノフェスティバル」

 6月25日に京都ライオンズクラブの協賛を得て,ピアノフェスティバルを府民ホールアルティにて開催しました。

4 他大学との連携

タイトル 概要

京都大学との連携

「クロックタワーコンサート」

 平成17年度に締結した「京都大学と京都市立芸術大学の大学間交流に関する覚書」に基づく事業の一つとして,5月10日に京大百周年時計台記念館百周年記念ホールにおいて,指揮専攻の企画によるオーケストラ演奏を行いました。

東京音学大学との連携

「吹奏楽交流演奏会」

 平成25年度に締結した「東京音楽大学と京都市立芸術大学の大学間交流に関する覚書」に基く事業として,11月7日に東京音楽大学100周年記念ホールにおいて交流演奏会を開催しました。

芸術系大学と京都市教育委員会との連携

「京都芸術教育コンソーシアム」

 平成24年度に子供たちの「生きる力」の育成と芸術創造都市・京都の創生に向けて芸術系5大学(京都嵯峨芸術大学,京都精華大学,京都造形芸術大学,成安造形大学,京都市立芸術大学)と京都市,京都市教育委員会等で「京都芸術教育コンソーシアム」を設立しました。11月21日には京都嵯峨芸術大学において5芸大学長によるフォーラム「予測できない未来を生き抜くために」を開催した他,平成28年1月から3月には各大学の作品展をつなぐ京都子どもアートラリー探検2016を実施しました。

大学博物館連携

「京都・大学ミュージアム連携」

 平成23年度に14大学15ミュージアムが相互の活性化と京都からの文化発信を目指して,「京都・大学ミュージアム連携」を発足させました。6月20日にシンポジウム「倣うから創る」-京都高等工芸学校・京都市立美術工芸学校の図案教育Ⅱ-を京都工芸繊維大学で開催したほか,10月23日から11月23日まで沖縄県立芸術大学において,大学は玉手箱!京都・大学ミュージアム連携 出開帳 in 沖縄「二つの王都 京都と首里」を開催しました。

取組内容の紹介

平成23年度  平成24年度  平成25年度  平成26年度  平成27年度  平成28年度

各専攻における取組

美術学部
美術科
デザイン科
工芸科
総合芸術学科
音楽学部

本学との連携を希望される場合は,次の窓口にご連絡ください。

連携推進課事業推進担当

電話:075-334-2204

FAX:075‐334‐2241