閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

【美術】教員免許状更新講習(申込受付前)

 美術学部では,令和4年3月31日迄に修了確認期限を迎える方を対象に,選択領域18時間分の免許更新講習を開設します。

 本講習は免許更新講習(全30時間)のうちの選択領域の講習『教科指導,生徒指導その他教育の充実に関する事項』(計18時間)として設置しています。

 「現代の教育事情1・2(計6時間)」及び「専門分野の演習(計12時間)」の受講をもって計18時間の講習とします。

 履修を完了するには,講習終了後に本学より送付する「履修証明書」を添えて免許管理者(都道府県教育委員会)へ申請が必要です。

 

 ◆ 免許状更新講習制度に関することは、文部科学省 教員免許更新制Q&Aホームページにてご確認ください。

募集要項(フライヤー)[775KB]

講座概要

講座名 美術工芸の体験と教材化(選択領域 / 時間数:18時間)
会 場 京都市立芸術大学
開催期間 2020年 8月30日(日曜日),9月6日(日曜日),9月13日(日曜日)(全3日)*1
対象者 小学校教諭(図画工作),中学校教諭(美術),高等学校教諭(美術及び工芸)
定 員 30名(定員を超えた場合は抽選により決定します)*2
受講料 20,000円(材料代、資料代を含む)
募集期間

2020年 7月13日(月曜日)10:00 〜7月22日(水曜日)17:00

申込はWEBエントリー方式となります。(下記の申込方法をご参照ください。)

諸注意

*1  本講座は,新型コロナウイルス感染症の状況により,本学が実施できないと判断した場合は開催を中止します。また気象異常など不可避な理由によっても止むを得ず開催を中止する場合があります。なお中止となった場合は受講料を返納し,振替日程での実施はいたしません。何卒ご了承ください。

*2「専門分野の演習(計12時間)」において,A・Bの2コースから選択とします。(詳細はスケジュールを参照)各コース15名を上限とするため,希望者多数の場合は抽選の上決定します。(新型コロナウィルス感染症防止対策として少人数での講座開催とするため)

申込方法

1.エントリー

 本ページにて内容を確認の上,申込フォームにて必要事項を入力の上送信してください。

 

申込フォームのリンクはここに表示されます。
*エントリー期間(2020年7月13日(月)10:00〜7月22日(水)17:00)のみ

 

・申し込み開始直後はアクセスが集中するため,つながりにくくなる可能性があります。
・先着順ではありませんので,時間をおいて再度お試しください。

 

2.申込書類の提出

 エントリー期間終了後,メールにて送付する「受講内定通知」にて受講予定内容を確認し,期限までに申込書類一式(「本人記入欄」と「証明者記入様式」があります)を下記の提出先へ郵送にてご提出ください。(封筒には「教員免許状更新講習受講申込書類」と朱書してください。)

 

送付先:〒610-1197 京都市西京区大枝沓掛町13-6

    京都市立芸術大学 事務局 連携推進課 事業推進担当 宛

 

【申込書の提出期限: 8月14日(金曜日)

 

募集要項

教員免許状更新講習|募集要項

申込書様式

所定の様式を以下よりダウンロードの上,プリントアウトしてご使用ください。

(Word形式またはPDF形式のいずれかをご使用ください。)

教員免許状更新講習受講|申込書

教員免許状更新講習受講|申込書

 

申込書の記入例はこちら

 

*ダウンロードでの入手ができない場合は, 直接本学の担当事務室までお越しいただくか,下記問い合わせ先までご請求ください。

 

 

3.受講料の振込

 受講内定者には内定通知と同時期に「振込依頼書」を郵送しますので,所定の期限までにお支払いください。

【振込の期限: 8月21日(金)

 

スケジュール

対象 講座名 時間数 講座内容 講師
全員受講

[講義]現代の教育事情1

8月30日(日)

9:00〜12:10  *1

3時間

テーマに関する講義及びグループディスカッションを行います。

飯田 真人

(総合芸術学専攻教授)

総合芸術学専攻の紹介ページへ

[講義]現代の教育事情2

9月13日(日)

13:30〜17:30  *1

3時間

テーマに関する講義のあと,筆記による修了試験を行います。

選択 A

*2

[講義]オランダ17世紀絵画の魅力

8月30日(日)

13:00〜16:10  *1

3時間

フェルメール,レンブラントなどが有名なオランダ17 世紀絵画の,魅力あふれる作家や作品について学びます。

深谷 訓子

(総合芸術学専攻准教授)

総合芸術学専攻の紹介ページへ

[実技]

古典技法(テンペラ画)体験

9月6日(日)

10:00〜17:00  *1

6時間

15 世紀に油彩画の技術が確立される以前に絵画制作の主流であったテンペラ技法の体験を通して,単に図像だけではない絵肌のあり様や顔料の美しさから喚起されることの中にある絵画表現の可能性に触れます。

児玉 靖枝

(美術学部油画専攻特任教授)

油画専攻の紹介ページへ

[講義]日本仏像史の基礎知識

9月13日(日)

9:00〜12:10  *1

3時間 日本の仏像について,如来・菩薩・明王・天などの形式別の特徴や,時代による様式の相違を学びます。

礪波 恵昭

(総合芸術学専攻准教授)

総合芸術学専攻の紹介ページへ

選択 B

*2

[講義]中国絵画通史-古代から近世を中心に-

8月30日(日)

13:00〜16:10  *1

3時間 長大な時空の中で育まれ,日本絵画にも大きな影響を与えてきた中国絵画の展開をたどり,鑑賞のポイントを紹介します。

竹浪 遠

(美術学部総合芸術学専攻准教授)

総合芸術学専攻の紹介ページへ

[実技]

お山(やま)のお皿(さら)に景色を作る

(木工・漆体験)

9月6日(日)

10:00〜17:00  *1

6時間

オリジナルデザインの「おやまのおさら」の形や木目を生かして お皿に景色を作っていきます。木製のお皿を磨き,彫刻刀で模様を彫り,色漆を擦り込んで2枚のお皿を仕上げます。お皿の表面の景色と,盛り付けた時の景色を想像しながら制作します。

本漆を使用します。かぶれる場合がありますので,ご了承の上お申し込み下さい。

大矢 一成

(美術学部漆工専攻准教授)

漆工専攻の紹介ページへ

[実技]

京都芸大日本画

裸婦デッサンから学ぶ「線」

9月13日(日)

9:00〜12:10  *1

3時間

本講座では本学日本画専攻での人体の課題に即し,対象を「線」によりとらえて作画を行う日本画表現の基礎的な解釈を,裸婦デッサンを通して学びます。

小島 徳朗

(美術学部日本画専攻准教授)

谷内 春子

(美術学部日本画専攻講師)

日本画専攻の紹介ページへ

*1 いずれも休憩時間を含みます。

*2 A・Bの2コースから選択とします。各コース15名を上限とするため、希望者多数の場合は抽選の上決定します。

 

問い合わせ

申込方法に関すること▶︎

事務局 連携推進課(事業推進担当)

※ お問い合わせはできるだけE-Mailをご利用ください。

電話  075−334−2204

E-mail  public@kcua.ac.jp

教員免許状更新講習の内容に関すること▶︎

教職課程研究室

※ 不在の場合がありますので,お問い合わせはできるだけFAXまたはE-Mailをご利用ください。

電話  075−334−2266
FAX   075−334−2274
E-mail  artedu@kcua.ac.jp 

 

このページのいちばん上へ