閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

東良雅人

  • 役職:客員教授
  • 専門:芸術教育

プロフィール

京都市総合教育センター副所長,元文部科学省初等中等教育局 視学官

大阪芸術大学美術学科卒業。1987 年に京都市立中学校の美術 科教諭として教職に就く。その後,京都市立小学校の図画工作専 科教員を経て,2002 年から京都市教育委員会の指導主事として 教育行政に携わる。2011 年,国立教育政策研究所教育課程セン ターの教育課程調査官及び文部科学省初等中等教育局教育課程 課の教科調査官として着任。全国の美術教育のトップ・リーダー として,我が国における美術,工芸教育の充実と活性化に向けた 普及・啓発,適正な実施に向けての指導,実施状況の調査等に携 わった。

また,国の美術,工芸教育の根幹となる学習指導要領「中学校 美術科」(2017 年 3 月告示),「高等学校芸術科(美術,工芸)及 び美術科」(2018 年 3 月告示)の改訂を実施。2018 年からは,文 部科学省初等中等教育局の視学官,文化庁参事官(芸術文化担 当)教科調査官を併任し,美術,工芸教育のみならず,多岐に渡 る教育課題に対応しながら精力的な活動を展開。2021 年 3 月末 に文部科学省を退官し,現在,京都市総合教育センターの副所長 として京都市の研修等や芸術教育の一層の推進に向けて幅広く 取り組んでいる。