閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

中井悠

  • 役職:講師
  • 専攻:音楽学専攻
  • 専門:実験・電子音楽,歴史的音楽学,表象文化論

コメント

ここ10年ほどニューヨークを拠点にしながら,David Tudorという並外れたピアニストであり,電子音楽のパイオニアとしても知られる音楽家を研究していました。 同時代の作曲家や芸術家に大きな影響を与えたにも関わらず,ほとんど論じられることがなく,本人とともにこの世から消えてしまったと思われていたチュードアの音楽ですが,自作電子楽器の回路レベルからの解析を含んだ調査によって大方の謎を解明することに成功し,いくつかの作品を復活させることもできました。こうした成果をまとめた世界初となるチュードアの研究書がオックスフォード大学出版局から今年あたり出版される予定です。

それ以外の研究として,人の「癖」を無意識のうちに振り付けられた原ダンス(archi-choreography)として抽出・移植したり,「影響(influence)」の理論をさまざまな影響下に身を晒しながら構築したりしています。こちらの方は,ほかの学者からまだあまり理解されないこともあり,コレオグラファーと組んでダンスのワークショップとして展開したり,友人たちと出版プロジェクトを立ち上げて勝手に本を出したりしています。また研究と並行して,音楽,ダンスや演劇を世界のあちこちで制作・上演してきました。

このように関心の内容に応じて出力のフォーマットを使い分け,必要であれば流通経路まで組みたてていくことが,つねに限られた時間とともにある研究や制作にとって大事なことだと思います。大学という制度に甘んじることなく,周りのリソースをうまく使いながら,おもしろいことを一緒に実現できればうれしいです。

略歴

慶應義塾大学(環境情報学部)を卒業後,四谷アート・ステュディウムで研究・制作,東京大学大学院(表象文化論)で修士号,ニューヨーク大学大学院(歴史的音楽学)で博士号を取得。フルブライト奨学生(2009-2011),日本学術振興会海外特別研究員(2016-2018)など。No Collectiveのメンバーとして音楽,ダンス,演劇,お化け屋敷などを制作,また共同運営する出版プロジェクトAlready Not Yetより絵本,雑誌,博物館カタログ,ことわざ集などを出版。デーヴィッド・チュードアの結成したComposers Inside Electronicsメンバー,かがく宇かんアーティスト・リサーチ・フェロー。2016年2月よりニューヨーク大学で音楽その他を教える。

関連ページ

http://nocollective.com

http://alreadynotyet.org

最終学歴及び学位称号

ニューヨーク大学大学院博士号(歴史的音楽学)

業績・研究発表

研究発表・講演

2011

“The Generation of Forms: Stockhausen’s Works in the 1960s,” The Legacy of Karlheinz Stockhausen, Kürten, Germany (8.10)

“How to Imitate Nature in Her Manner of Operation: The Metaphorical Models of Technological Media in John Cage’s Works and Words,” American Musicological Society annual meeting, San Francisco, CA, USA (11.11)

2012

“Cagean Theatre(s): A Scenario,” The Future of Cage, Toronto University, Toronto, Canada (10.27)

“Electronic Ecologies: The Natures of David Tudor’s Electronic Music,” Ecomusicology Conference, American Musicology Society, New Orleans, LA, USA (10.30)

2013 “Inside Pepscillator: David Tudor’s Conception of the Pepsi Pavilion as a Musical Instrument,” Interspatial: E.A.T., Cybernetic Serendipity, and the Future of Creative Collaboration, Exploratorium, San Francisco, CA, USA (9.21)
2014

“Remembrances of Things Past: David Tudor’s Neural Synthesis and the Neural Network Synthesizer,” Bone Flute to Autotune: A Conference on Music & Technology in History, UC Berkeley, CA, USA (4.26)

“Inside-out: David Tudor’s Conception of the Pepsi Pavilion as a Musical Instrument,” American Musicological Society annual meeting, Milwaukee, WI, USA (11.7)

“The Natures of Technology: David Tudor’s Conception of an Island as a Musical Instrument,” Conference on Interdisciplinary Musicology, Berlin, Germany (12.7)

2015 “Insular Organs: On the Nature of David Tudor’s Island Eye Island Ear,” Hearing Landscape
Critically: Music, Place, and the Spaces of Sound, Harvard University, Boston, MA, USA (1.16)
2016

“Late(r) Realizations: David Tudor’s Versions, Sound Systems, and Compositions (1960-1970),” Over, Under, Around, and Through the Music of David Tudor, Wesleyan University, Middletown, CT, USA (3.25)

“The Constancy of Instruments: David Tudor’s Fontana Mix 1967,” Alternative Histories of Electronic Music, Science Museum, London, UK (4.15)

2017

“Musica Instrumentalis: David Tudor and the Occult Passage of Music,” Anthroposophical Society, Oslo, Norway (9.11)

“Untitled: A Series of Never-Ending Works by David Tudor,” American Musicological Society annual meeting, Rochester, NY, USA (11.11)

2018

“Before After Experimental Music,” After Experimental Music, Cornell University, Ithaca, NY, USA (2.10)

“Material Bias: The Natures of David Tudor’s Score/Instruments,” Material Cultures of Music Notation, Utrecht University, The Netherlands (4.20)

論文・著書等

2010

「失われた情報──時間、フレーム、パフォーマンス、実験的行為(1948-92)」表象04

2012

「so to speak(言うなれば):ジョン・ケージにおける即興の問題」ユリイカ44(12)

2013

“Lost Information: Selected Perspectives on ‘Experimental Actions’ (1948-1972),” Tacet: Journal of Experimental Music, No. 2, 18-51

「エレクトロニック・エコロジーズ: デーヴィッド・チュードアの電子音楽における複数の自然=性分」Art Critique (No.2)

2014

“How to Imitate Nature in Her Manner of Operation: Between What John Cage Did and What He Said He Did,” Perspectives of New Music 52-3, 141-160

“The Natures of Technology: David Tudor’s Conception of an Island as a Musical Instrument,” Proceedings of the Conference on Interdisciplinary Musicology (Staatliches Institut für Musikforschung), 96-107

“A Closing Remark: On Several Technologies inside the Concertos Series,” Leonardo Music Journal, Vol. 24 (MIT Press), 39-41

“Hear After: Matters of Life and Death in the Electronic Music of David Tudor,” communication +1, Vol. 3, Article 10

2015

“Of Stone and Sand: John Cage and David Tudor in Japan, 1962,” POST: Notes on Modern & Contemporary Art Around the Globe (Museum of Modern Art, NY)

2016

“In Other Words: How Stockhausen Stopped Writing Theory (And Resumed Ten Years Later)” in The Musical Legacy of Karlheinz Stockhausen (Wolke Verlag)

2017

“Inside-Out: David Tudor’s Conception of the Pepsi Pavilion as a Musical Instrument,” Journal of the American Musical Instrument Society, 171-203

2018

“Theatrical Infrastructures: The Technology of the 9 Evenings: Theatre & Engineering,” in E.A.T. (Experiments in Art and Technology): Open-ended (National Museum of Modern and Contemporary Art, Korea)

作品

House Music (B)(Helsinki,2015)

House Music (D)(London,2015)

Vesna’s Fall(New York,2014)

Improvised Composition(Tokyo,2012)

1.. the title of this piece is this instruction…(スコア)(2009)