閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

野田凉美

  • 役職:特任教授
  • 専攻:工芸科(染織専攻)
  • 専門:テキスタイル

コメント

素材  

私の周りでは,畑も牧草地もなく木綿も羊毛も採れないので,廃棄される工業資材や消耗品が私の素材となる。

編む

子供の頃に母が編んでくれた緑色のセーターは,背が伸びると解いて火鉢にかかった薬缶の蒸気で伸ばし,別色の毛糸を足して蝶模様のセーターになり,残糸はモチーフ編みの座布団になった。つくる―解く―素材に戻る―つくる―解く―素材に戻る。私もそんな風にモノを作り続けたいと思う。

並置

漆糸と時代遅れの廃品,金箔と安価な玩具。並置することによりそれぞれの文化的背景を炙り出し,新たな可能性を見出す。

www.suzuminoda.com

Facebook

略歴

大阪デザイナー学院室内装飾科卒業後専門学校教員を経て

2001年4月〜2005年3月 岡山県立大学大学院非常勤講師
2006年4月〜2017年3月 川島テキスタイルスクールディレクター
2010年4月〜2012年3月 京都造形芸術大学客員教授
2011年4月〜現在 広島市立大学大学院及び学部非常勤講
2012年4月〜2017年3月 京都造形芸術大学特任教授
2014年10月〜2018年3月 国立民族学博物館共同研究員
2017年4月〜現在 川島テキスタイルスクールアドバイザー

最終学歴及び学位称号

大阪デザイナー学院室内装飾科卒業

業績・研究発表

受賞歴

1997 国際テキスタイルコンペティション 芸術賞
1985 朝日現代クラフト展 奨励賞

個展・グループ展

主な個展

2017 ギャラリーギャラリー(京都)(1989年より14回)
2015 FIBERSPACE(ストックホルム/スウェーデン)
2013 祇をん小西(京都)(’09)
2006 サザンプロジェクトスタジオ(メルビル/オーストラリア)
2003 ギャラリーマロニエ(京都)(’86 ’87 ’90 ’94 ’95 ’98 ’00)

主なグループ展

2015 KAWAII展/UCA芸術大学 2016年ラグビー美術館巡回(イギリス)
2011-2012.2 Lost in Lace 展/バーミンガム美術館(イギリス)
2010-2011.1 テキスタイルの形と色」岡山県立美術館
2010 国際タペストリートリエンナーレ/ウッジテキスタイル美術館(ポーランド)
2006 日豪交流展(メルビル/オーストラリア)
ミラノサローネサテリテ(ミラノ/イタリア)
2005 国際テキスタイルアートビエンナーレ招待(リトアニア)
国際タペストリー&テキスタイルアートトリエンナーレ招待(ベルギー)
2004 2004 Miniartextil Como(コモ/イタリア)
the space between(パース/オーストラリア)
2003 「日本ブルガリア交流展」ソフィア国立美術館(ブルガリア)
2002 「布きれ展」神戸ファッション美術館

アーティスト イン レジデンス

2006 カーティン大学(西オーストラリア)
2001 メルビル市(西オーストラリア)

ワークショップ

2015 HVSKOLA ストックホルム
1999 サントリーミュージアム天保山(大阪)
2003 ソフィア国立芸術大学(ブルガリア)

その他の活動

出版物掲載・寄稿

2017 月刊みんぱく3月号
2012 Textile Plus,221 / Holland
2002 KNITWEAR IN FASHION / Thames&Hudson
Art Textiles of the World JAPAN / TELOS

コミッションワーク

1997 ホテルグランヴィア京都

フィールドワーク

1996 北京中央大学民俗研究所サイン先生紹介により内モンゴル自治区の遊牧民と羊文化を調査

作品

研究講演2017ワークショップまきまきしっぽ

芸術賞国際テキスタイルコンペ

その他の活動コミッションワーク脊椎を持つテーブル

2015琳派潜りっこ 京都芸術センター

2014伝統を覗くと脚の長い外国人がいた

2013商品価値を持つ言葉:健康

2011Lost in Laceバーミンガム美術館

2010Camouflage Yellow岡山県立美術館

2010 商品価値を持つ言葉:伝統

2006ミラノサローネサテリテ

1997Closed Clothes