閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

重松あゆみ

  • 役職:教授
  • 専攻:工芸科(陶磁器専攻)
  • 専門:陶造形

コメント

柔らかな粘土は焼くと固いものとなり、何千年も残る素材です。陶磁器という素材を通して文化や歴史を知り、土から陶へのプロセスを自らの手を通して学ぶことで、多くの事に気づくことが大切だと思っています。

略歴

1958 大阪府豊中市に生まれる
1981 京都市立芸術大学工芸科陶磁器専攻卒業
1983 京都市立芸術大学大学院美術研究科陶磁器専攻修了

最終学歴及び学位称号

京都市立芸術大学大学院美術研究科工芸専攻(陶磁器)修了

芸術学修士

業績・研究発表

受賞歴

1982 第34回京展<市長賞> (京都市美術館)
1983 ’82京都クラフト展<奨励賞> (京都クラフトセンター)
1984 ’84朝日現代クラフト展<優秀賞>(大阪梅田阪急)
1989 第2回国際陶磁器フェティバル’89美濃<審査員特別賞>
1995 第1回神戸キワニス文化賞
1996 平成8年度神戸市文化奨励賞
1998 第10回倫雅美術奨励賞
2001 平成13年度兵庫県芸術奨励賞

主なグループ展

1993 現代の陶芸1950-1990 (愛知県美術館)
1994 クレイワーク (大阪 国立国際美術館)
1998 つくり手たちの原像 (滋賀県立陶芸の森 陶芸館)
「かたち」の領分─機能美とその転生─(東京国立近代美術館工芸館)
2001 現代陶芸の精鋭 (茨城県陶芸美術館)
2002 アジア環太平洋国際現代陶芸展 (台北県立鶯歌陶磁博物館 台湾)
JAPAN in BLEKINGE (Kulturcentrum, Ronneby, スウェーデン)
Japanese Ceramic (Cultuurcentrum Scharpoord, ベルギー)
現代陶芸の100年展 第一部「日本陶芸の展開」(岐阜県現代陶芸美術館)
2003 柳原睦夫と現代陶芸の尖鋭たち  (高知県立美術館)
大地の芸術━クレイワーク新世紀 (大阪 国立国際美術館)
2005 近代工芸の百年 (東京国立近代美術館工芸館)
2006 日本陶芸100年の精華 (茨城県陶芸美術館)
2007 魅せられる…今、注目される日本の陶芸展(滋賀県立陶芸の森 陶芸館、セーブル美術館,フランス、クロッカー美術館ほか2011年までアメリカ各地巡回)
2008 現代の造形 – Life & Art – 陶で彩る (東広島市美術館)
2009 Touch Fire (スミスカレッジ美術館・アメリカ)
2011 現代陶芸の地平を拓く (兵庫陶芸美術館)
East-West Ceramic Collaboration Ⅴ(ハワイ州立大学、アメリカ)
2013 美術の中のかたち­­­­━手で見る造形 近いかたち、遠いかたち(兵庫県立美術館)
2014 やきものって何ダ?-陶芸美術館8館の名品に学ぶ-(兵庫陶芸美術館ほか4館巡回)

個展

1982 ギャラリーマロニエ(京都)[’91]
1984 ギャラリー白(大阪)[~2001, ’04]
1986 ギャラリー紅(京都)[’87,’89,’92,’94,’99]
ギャラリー玄海(東京)[’88]
1989 シティーギャラリー(神戸)
日本橋三越(東京)[’94]
1991 ギャルリ・プス(東京)[’93,’96,’10,’14,’16]
1993 海文堂ギャラリー(神戸)[’95,’98]
1994 ギャラリーコヤナギ(東京)
ギャラリー目黒陶芸館(四日市)[’96,’98, ’01,’04,’08,’12,’15]
1997 コンテンポラリーアートNIKI(東京)
2001 ギャラリー島田(神戸)[’06]
ワコール銀座アートスペース(東京)[’06]
2002 守口京阪百貨店(大阪)[’05]
2003 イムラアートギャラリー(京都)
2005 祇をん小西(京都)[’14]
ギャラリー白3(大阪)[~’07,’09~’16]
2008 ギャラリー島田deux(神戸)[’10]
2012 西武池袋本店(東京)

研究発表・講演

1995 NCECA ’95 (29回陶芸教育全国会議) 「A Room of Own :日本の女性陶芸家」(ミネアポリス, アメリカ)スライドレクチャー
1996 「現代の陶芸4世代の女性陶芸家」展 日本情報文化センター(ワシントンD.C.アメリカ) スライドレクチャー
1998 「日本の女性陶芸」 慶熙大学 水原大学(韓国)スライドレクチャー
『〈かたち〉の領分』展 シンポジウムパネラー 東京国立近代美術館
2000 NHK.BS2「やきもの探訪」重松あゆみ〈気がかりな物体〉
2002 「アジア環太平洋国際現代陶芸展」台北県立鶯歌陶磁博物館(台湾)シンポジウム(スライドレクチャー)
2004 「アジア環太平洋学生陶芸ワークショップ」ハワイ州立大学(アメリカ)(スライドレクチャー)
2009 「Touch Fire: Japanese Contemporary Ceramics by Women Artists 」Smith College Museum of Artにてスライドレクチャー
Amherst Collegeにてスライドレクチャー
2011 「East-West Ceramic Collaboration Ⅴ」ハワイ州立大学(アメリカ)にてスライドレクチャー

その他の活動

ワークショップ・アーティスト イン レジデンス

1996 慶北産業大学 (韓国 テグ)にてワークショップ
1998 滋賀県立陶芸の森(滋賀県・信楽)にてアーティスト イン レジデンス
1999
「Women in Clay Window to the 21st Century」the International Ceramic Studio
( ハンガリー・ケチメイト )にてワークショップ
2004 「Asia Pacific Ceramics Student Workshop」ハワイ州立大学(アメリカ)にてワークショップ
2005 「土でつくる心のカタチ2005」岐阜県現代陶芸美術館にてワークショップ
2011 ハワイ州立大学(アメリカ)にてワークショップ

パブリックコレクション

  • 東京国立近代美術館工芸館
  • 愛知県陶磁資料館
  • 滋賀県立陶芸の森陶芸館
  • エバーソン美術館(アメリカ)
  • アルゼンチン近代美術館「日本の家」(アルゼンチン)
  • 石川県立九谷焼技術研究所
  • 岐阜県現代陶芸美術館
  • International Ceramic Studio (ハンガリー)
  • 台北県立鶯歌陶磁博物館(台湾)
  • 国立国際美術館
  • 高松市美術館
  • スミスカレッジ美術館(アメリカ)
  • 兵庫陶芸美術館
  • ニューメキシコ美術館(アメリカ)
  • The Office of Public Works(アイルランド)

作品

[骨の耳] 1992-11

[骨の耳] 1996-01

[Blue Direction] 2010

[Aqua Pink] 2010

[Transgenic Plant] 2010

[Jomon Illusion] 2016