レクチャーシリーズ「10年後の京芸生」2016

10年後の京芸生京都芸大で学生時代を過ごし、10年経った先輩たちは今、どんな人生を歩んでいるのでしょうか。
毎年恒例のキャリアデザインセンター企画のレクチャーシリーズ、「10年後の京芸生」
今年も卒業生をお迎えし、お話しして頂きます。

日時:6月15日(水)午後5時半〜7時半
場所:大学会館交流室
対象:在学生


古川 健太郎 《
バリトン歌手・クラシックサロンアマデウス経営》
京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻科卒業。関西二期会準会員。関西二期会オペラシリーズにて「コジファン・トゥッテ」「トスカ」「リゴレット」「ジャンニ・スキッキ」「友人フリッツ」に出演。現在神戸の音楽サロン「クラシックサロン・アマデウス」の経営・企画に携わっている。

細江 真弓 《打楽器奏者・関西フィルハーモニー管弦楽団》
京都市立芸術大学音楽学部卒業。同大学大学院修了。小澤征爾音楽塾、サイトウキネンフェスティバル青少年のためのオペラに参加。2015年7月より関西フィルハーモニー管弦楽団打楽器奏者。

堀 久美子 《森林食堂店主・ハッパナーセリー作業員》
芸大卒業後、化粧品会社員、非常勤講師を経て、在学中から地味に続けていた出張カレー屋『森林食堂』を2012年に店舗化。ラッキーな事に、植物や農業、自転車、音楽、美術、デザイン…色んな場とゆる〜く繋がらせてもらいながら活動中。

宗方 秀斗 《禅僧・アーティスト》
2004年 鈴木大輝、葛原直人とともに、MONGO TARDIOとしての制作活動を開始。
3年間 徳島県海陽町で田舎暮らしと波乗り三昧。
2011年 出家。3年半、臨済宗大徳寺の僧堂に安居。 現在、参禅修行中。

吉田 朝麻 《ミュージシャン・デザイナー・介護ヘルパー
1984年生まれ。京都出身、静岡県浜松市在住。2003年より「マッスルNTT」名義にて音楽活動開始。自身のバンド「マッスルNTTなどズ」も2013年より活動開始。2012年より印刷媒体zine(ジン)作りや様々な印刷技術を体験できる場作りユニット「ZING」(ジング)をイラストレーターのトモノカナコと結成。