【特別セミナー】圏外編集者 in 京芸

web2

京都市立芸術大学キャリアデザインセンターでは、2016年度特別セミナーとして、「圏外編集者in京芸」を開催します。
講師の都築響一氏は、編集/写真という手法を通し、人に見過ごされてしまいがちな無名の人、もの、未発掘の世界への眼差しを発信し続け、独自のキャリアを築いて来られました。
2015年には、既存の社会の方法論を打ち破って来た自身の活動について語られた本「圏外編集者」が朝日出版社より発行され、話題を呼びました。そこには、多様な価値観に体当たりで関わりながら自分の力でキャリアを築く、刺激的なお話が詰まっています。
この特別セミナーでは、既にある道筋から圏外へはみ出し突き進んでおられる都築響一氏の思考に触れ、これからの私たちのキャリアについて考えます。

特別セミナー「圏外編集者 in 京芸」
講師:都築 響一
開催日時:2016年12月14日(水)17時半〜19時半
会場:大学会館交流室

入場無料(事前申込不要)

都築 響一(つづき・きょういち)
1956年東京生まれ。ポパイ、ブルータス誌の編集を経て、全102巻の現代美術全集
『アート・ランダム』(京都書院)を刊行。以来現代美術、建築、写真、デザイン
などの分野での執筆・編集活動を続けている。93年『TOKYO STYLE』刊行(京都
書院、のちちくま文庫)。96年刊行の『ROADSIDE JAPAN 珍日本紀行』(アスペ
クト、のちちくま文庫)で、第23回木村伊兵衛賞を受賞。
その他『賃貸宇宙UNIVERSE forRENT』(ちくま文庫)、『現代美術場外乱闘』
(洋泉社)『珍世界紀行ヨーロッパ編』『夜露死苦現代詩』『珍日本超老伝』
(ちくま文庫)『ROADSIDE USA 珍世界紀行アメリカ編』(アスペクト)
『東京スナック飲みある記』(ミリオン出版)『東京右半分』(筑摩書房)など
著書多数。最新刊は『圏外編集者』(朝日出版社、2015年)。現在、個人で有料
メールマガジン『ROADSIDERS' weekly』を毎週水曜日に配信中
(http://www.roadsiders.com/)。

お問い合わせ先:京都市立芸術大学キャリアデザインセンター
電話:075-334-2348
Eメール:career@kcua.ac.jp