【特別セミナー】仕事まるごと「コトづくり」−聴竹居倶楽部をつくった建築家のお話−

特別セミナー2018バナー

キャリアデザインセンターで年一回開催している特別セミナー。
本年度は松隈章氏を講師にお招きし、お話を伺います。
松隈氏は現在、企業の設計本部で建築設計をされながら、重要文化財建築の保存にも携わっていらっしゃいます。新しいものを作りながら、過去に作られたものを守るという、松隈氏のいまのお仕事は、どのように培われてきたのでしょうか。
大山崎の重要文化財 聴竹居のお話も交えながら、これまでの御経験をお話いただきます。

特別セミナー「仕事まるごと「コトづくり」−聴竹居倶楽部をつくった建築家のお話−」
講師:松隈 章
開催日時:2018年12月17日(月)17時30分〜19時30分
会場:大学会館交流室

入場無料(事前申込不要)
006-1聴竹居外観 写真提供;竹中工務店、撮影;古川泰造

松隈 章(まつくま あきら)
株式会社 竹中工務店 設計本部 設計企画部 本部長付 企画担当。
公益財団法人 ギャラリーA4企画マネージャー。
一般社団法人聴竹居倶楽部 代表理事。一般社団法人住宅遺産トラスト監事。
1957年兵庫県生まれ。1980年北海道大学建築工学科卒業後竹中工務店入社。
大阪本店設計部、本社・企画室、本社・地球環境室などを経て2010年より本
社・設計本部所属。設計業務の傍ら近代建築の保存活用やギャラリーA4での
企画展をはじめとする数多くの建築展に携わる。
主な著書に『聴竹居 藤井厚二の木造モダニズム建築』平凡社コロナブックス、
『木造モダニズム建築の傑作 聴竹居 発見と再生の22年』ぴあ関西、『環境と
共生する住宅 聴竹居実測図集』彰国社(共著)、『16人の建築家‐竹中工務店
設計部の源流』井上書院(共著)がある。保存・修復・再生に関わった
「旧ジェームス邸」が日本建築学会作品選集とBELCA賞受賞。
「聴竹居」に関連した一連の活動に対して2018年度日本建築学会賞・業績賞を
受賞。

お問い合わせ先:京都市立芸術大学キャリアデザインセンター
電話:075-334-2348
Eメール:career@kcua.ac.jp