イベント情報

  1. 京都市立芸術大学トップ
  2. イベントカレンダー
  3. 芸術資源研究センターシンポジウム「ほんまのところはどうなん,『アーカイブ』〜初心者にもわかるアーカイブ論〜」

芸術資源研究センターシンポジウム「ほんまのところはどうなん,『アーカイブ』〜初心者にもわかるアーカイブ論〜」

  • メールで送る
  • 印刷する

芸術資源研究センターシンポジウム「ほんまのところはどうなん,『アーカイブ』〜初心者にもわかるアーカイブ論〜」

京都市立芸術大学 芸術資源研究センターでは,平成27年9月19日(土曜日)午後1時から,本学客員教授・特別招聘研究員を務める美術家の森村泰昌氏を迎え,京都芸術センターにおいて公開シンポジウムを開催します。

シンポジウムは,自らを「アーカイブ初心者」と呼ぶ森村氏が,アーカイブに関して分からないことを研究者に聞いてみるという趣向で開催されます。

「なぜ,いまの美術でアーカイブが話題となっているのか」を一緒に考えませんか。

(参加無料,事前申込不要)

 

チラシ[PDF:2.7MB]

日時/会期 平成27年9月19日(土曜日)13時から17時30分まで
会場 京都芸術センター フリースペース
住所 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏町546-2
プログラム
  • その0:「プロローグ:ボクにもわかるように話してな」話者:森村泰昌(本学客員教授・芸資研センター特別招聘研究員)
  • その1:「なんでそんなもんが出来てきたん」話者:林田新(芸資研センター研究員)
  • その2:「なにかおもろいのか教えてください」話者:佐藤守弘(京都精華大学教授)
  • その3:「アーカイブは病やて言うてる学者がいるらしい」話者:加治屋健司(芸資研センター専任研究員・准教授)
  • その4:「アーカイブを芸術にする人が増えて来た」話者:加須屋明子(本学美術学部教授)
  • その5:「忘れることはよくないことですか」話者:石原友明(芸資研センター所長・本学美術学部教授)
  • その6:「ほんまのところどうなん,『アーカイブ』」(全員)
参加料 無料(事前申込不要)
交通・アクセス
電車
  • JR「京都駅」から地下鉄烏丸線に乗り換え「四条駅」下車,22・24番出口より徒歩5分。
  • 阪急京都線「烏丸駅」22・24 番出口より徒歩5分。
  • 京阪本線「三条駅」から地下鉄東西線に乗り換え「烏丸御池駅」下車,4番出口より徒歩10分。
市バス
  • 「四条烏丸駅」下車、徒歩5分(3,5,201,203,207 系統など)

京都芸術センターへのアクセス

2017/07/02

京都市立芸術大学音楽学部・大学院音楽研究科 第155回定期演奏会

2017/06/10~2017/07/02

京都市立芸術大学芸術資料館収蔵品展 移動する物質—ニューギニア民族資料

2017/05/10~2017/07/05

平成29年度(前期)日本伝統音楽研究センター「でんおん連続講座 B 能の囃子・音曲の骨組みを理解する」

2017/07/06

平成29年度伝音セミナー 第3回 日本の作曲家を聴く(その3)〜レコード「『平家物語』による群読 知盛」を聴く

2017/05/10~2017/07/12

平成29年度(前期)日本伝統音楽研究センター「でんおん連続講座 A 音楽としての義太夫節」

2017/07/08~2017/07/23

笹岡由梨子「Hello Holy!」

2017/07/08~2017/07/23

グループ展「シンフォニーLDK」

2017/07/01~2017/08/06

芸術資料館収蔵品展 「新収蔵品展 2016―2017」

2017/05/16~2017/08/08

平成29年度(前期)日本伝統音楽研究センター「でんおん連続講座 D 常磐津節実践入門(その5)」

2017/08/15~2017/08/17

平成29年度(前期)日本伝統音楽研究センター「でんおん連続講座E 英語による日本音楽概論」

2017/09/07

平成29年度伝音セミナー 第4回 『玉堂琴譜』と催馬楽再考

2017/09/08~2017/09/16

平成29年度(前期)日本伝統音楽研究センター「でんおん連続講座F 三味線音楽研究─町田佳聲をめぐって─」

2017/09/24

第7回 関西の音楽大学オーケストラ・フェスティバル IN 京都コンサートホール

2017/11/18

寄田真見乃 尺八奏法レクチャー&ショートコンサート

開催中のイベント

京都市立芸術大学ギャラリー&コンサートガイド

年度別アーカイブ

卒業生のイベント

  • 美術学部同窓会
  • 音楽学部 同窓会真声会

在学生のイベント

  • 学生自治会ブログ

ソーシャルメディア

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube