藤田隆則

藤田隆則FUJITA Takanori

藤田隆則

  • 役職:教授
  • 専門:ethnomusicology(民族音楽学)

コメント

日本の中世芸能に音楽面からアプローチしています。専門である民族音楽学は、異文化から最初うける音の響きや匂いの印象を大切にする学問だと思っています。そのようなまなざしを、日本に対して向け続けようとしています。道を同じくする学生を歓迎します。

関連サイト:『日本伝統音楽研究センター 藤田隆則プロフィール』http://jupiter.kcua.ac.jp/jtm/outline/researchers/fujita.html

略歴

1961年山口県生まれ。

大阪大学文学部美学科卒業(音楽学専攻)。

大阪大学大学院文学研究科博士後期課程中退(音楽学専攻)。 

京都大学人文科学研究所助手、大阪国際大学人間科学部助教授、ミシガン大学日本研究センター招聘教授等を経て、2005年より京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター准教授。

最終学歴及び学位称号

大阪大学大学院文学研究科博士前期課程修了

業績・研究発表

研究発表・講演

日本音楽学会、東洋音楽学会、能楽学会、ICTMなどの所属学会を中心に各種行っています。

著書
2000 『能の多人数合唱』東京:ひつじ書房
2006 『能の地拍子研究文献目録』(科研成果報告書)、京都:京都市立芸術大学
2010 『能のノリと地拍子』東京:檜書店

トップページに戻る