豊嶋泰嗣

豊嶋泰嗣TOYOSHIMA Yasushi

豊嶋泰嗣

  • 役職:准教授
  • 専攻:弦楽
  • 専門:ヴァイオリン,ヴィオラ

略歴

桐朋学園在学中よりヴァイオリン、ヴィオラ奏者としてソリスト、室内楽、コンサートマスターとして演奏活動を始める。86年、大学卒業と同時に新日本フィルのコンサートマスターに就任。ソリストとして、国内外のオーケストラとの共演。

現在は新日本フィル ソロ・コンサートマスター、兵庫県立芸術文化センター管 コンサートマスター、九州交響楽団 桂冠コンサートマスター。アルティ弦楽四重奏団のメンバーとしても活躍している。

関連サイト:http://toyoshimayasushi.seesaa.net/

最終学歴及び学位称号

桐朋学園大学音楽学部卒業(弦楽専攻)
芸術学士

業績・研究発表

1991 村松賞、第1回出光音楽賞
1992 芸術選奨文部大臣新人賞受賞
演奏実績・活動等

1988年、サントリーホールでリサイタルデビュー。

その後ベルリン放響、バシュメット&モスクワソロイスツ、ロンドン・モーツァルト管弦楽団等、国内外のオーケストラとの共演。

また、91年、92年、94年のセルフ・プロデュース公演を企画。

室内楽奏者としては、ハレー・ストリング・クァルテットを結成し、2000年 までカザルスホールのレジデントクァルテットを務めた。

その他、サントリーフェスティバルソロイスツなど、数多くの室内楽プロジェクトに積極的に参加。

また、世界的なアーティストであるアイザック・スターン、ヨーヨー・マ、マルタ・アルゲリッチ、ピンカス・ズッカーマン、ミッシャー・マイスキー、リチャー ド・ストルツマン等の共演を重ねている。

2000年3月に紀尾井ホールでリサイタル、10月からは2001年10月にかけてピアノの園田高弘氏とともに「ベートヴェン ソナタリサイタル」3回シリーズを好演。

2003年、「豊嶋泰嗣協奏曲の夕べ」では新日本フィルと共演でシュポア、ヴュータン、ヴィオッティのヴァイオリン協奏曲を一夜にして行った。2004年には指揮者としてもデビュー。