フライブルク音楽大学(泉麻衣子)

氏名 泉麻衣子
学年 3回生
学部 大学院修士課程
専攻等 器楽専攻(ピアノ)
留学先 フライブルク音楽大学
留学期間 2010年10月~2011年9月(2学期間)
行動記録
9月末 渡航
10月

住民登録、銀行口座開設、保険加入(AOK)、ビザ申請、学生証発行、

新入生説明会、レッスン開始、語学クラス開始、門下コンサート出演

11月 ハワードマスタークラス、奨学生の研修旅行、ブレンデルコンクール、レポート発表
12月 交換留学生コンサート1、チェンバロ演奏
1月 ブレンデルマスタークラス、パーティー
2月 コンサート、レッスン終了
3月 ドイツ、ベルギー、スイス、フランスへ旅行 コチシュ来校
4月 レッスン開始、コンサートに多数出演
5月 門下コンサート、オペラ
6月 コンサート
7月 レッスン終了、交換留学生コンサート2、卒業試験の伴奏、修了パーティー
8月 ドイツ、ベルギー旅行
9月 フランス旅行、帰国

留学先の大学やそこでのレッスン・語学クラスについて

1.大学について

多国籍で、韓国人が一番多いです。他にイタリア、フランスの方等もおられました。

演奏会がほぼ毎日あり、数々のマスタークラスがあります。

レッスンの他に、総合演習、鍵盤楽器総論、室内楽、マスタークラスを受講します。

2.ロイシュナー(先生)クラスの内容

週2回のレッスンとクラスレッスンがあります。

室内楽 伴奏

先生主催のコンサート

パーティーや山登りもあります。

3.語学について

フライブルク大学の語学クラス週2回

フライブルク音大の語学クラス週1回

その他にタンデム(語学交換パートナー)で勉強します。

向こうでの生活について

1.レッスン時間は週どのくらいでしたか?

週2回 各1時間です。

2.伴奏者とのコミュケーションは何語でしたか?

ドイツ語と英語です。

3.外国語での音楽専門用語で困ったことはありますか?

特にありません。単語がわからなくてもBody Languageで通じました。

4.治安はどう感じましたか?

安全でした。キャンパスが山の中になり、学生や関係者以外が来ることはない環境。

5.コンサートにはどのくらい行きましたか?

数えきれませんが、たぶん週に1回以上は行きました。

6.ドイツ語はどのくらい上達したと思いますか?

行く前に比べれば、ずいぶんわかるようになりました。京芸のドイツ語授業の他に夏休みにゲーテにも通っていました。

7.到着から帰国までで一番困ったことは何でしたか?

住民登録、VISA申請、学生証発行、保険加入の一連の手続きです。

8.京芸との違いで、フライブルクの方がいいと思ったことはありますか?

風景がきれい。時間の流れがゆったりしている。

9.逆に京芸がいいと思ったことも教えてください。

先生方はじめ、いい人ばかり。みんな温かく、きっちりしている。

留学前と変わった点について

サバイバル力がついたと思います。外国人にやさしくないところもあり、負けない力が必要。

色々な国の人たちと出会って、考え方や可能性、選択肢の多さを感じた。

演奏家として、日本は少し窮屈に感じる。フライブルクでは自分の息ができた。

はずかしがっていては何もできないので、前に出ていけるようになった。