指揮専攻

指揮は誰にでも出来る。

指揮者には誰でもなれる訳ではない。

教育目的

授業風景

指揮専攻の教育目的は以下の通りです。

① 指揮棒を振り回す技術を学ぶ事が最終目的ではありません。その前に,音楽家としての基礎能力を徹底して指導します。

② 作曲家とその作品と会話(研究)した事を相手にストレートに伝えられる指揮の技術を人の真似だけでない,自分に相応しい指揮技術を自分で見つける様に導きます。

③ 指揮者は,一人では音楽をする事が出来ない不思議な音楽家です。いつも相手に敬意と愛情を持って指揮台に立ち,卒業後,プロの音楽家・指揮者として活動して行く姿勢を持てる様に指導します。

 本学では,プロの指揮者を育成するため全力を尽くすとともに、並行して人間的に価値のある音楽家を育成します。

授業概要(カリキュラム)

指揮者として必要な指揮法によるテクニック,リハーサルテクニックを個人レッスンに加え,本学のオーケストラや合唱,オペラ等に参加することで習得します。

授業風景

 1年次では,モーツァルト,ベートーヴェンを中心とした作品を中心に実習します。

 2年次では,ロマン派にレパートリーを拡げて実習します。

 3年次では,近現代の作品に加えオペラの作品などにもレパートリーを拡げて実習します。

 4年次では,自分の希望するレパートリーを選択し,自分の進むべき道を確固たるものにする様に,大学時代で学んだことの総仕上げをします。

 学年を問わず,オーケストラ等の授業においては,見学し,リハーサルの代行指揮や,客演指揮者のアシスタントなどの経験を積めるように多くの指揮をする機会を設けます。

科目一覧(現1回生用)

学生インタビュー

指揮専攻で学んで良かったことは?

photo京都市立芸術大学指揮専攻で学んでよかったことは,学生一人ひとりを大切にする教育環境に身を置いて勉強が出来ることです。

少数精鋭の学校だからこそ,定期的な指揮専攻のレッスンだけではなくオーケストラ等で他専攻の先生や学生とも密なコミュニケーションを図る事が出来るため,技術修練に加えて,どのように人と向き合うのか,今相手に対して自分に何が出来るのかなど「指揮者」としての様々を育くむ場所であると感じています。

松川 創(4回生)

授業に関連した専攻での活動について

他専攻の取組との連携

芸祭オーケストラ

各専攻や有志で構成されたオーケストラに,本専攻の学生が指揮者として参加しています。

本学の様々なスタイルのイベントや演奏会に関わり,様々な状況で数多くの本番を経験することができます。

教員一覧

下野竜也
  • 教授
  • オーケストラ 指揮

非常勤講師(実技)一覧

  • 粟辻聡
  • 上中朝美
  • 山上友佳子

非常勤講師(実技)
プロフィールを見る