指揮専攻

指揮技術の向上とともに,

音楽家たる人格の形成を図る。

教育目的

授業風景

 指揮専攻の教育目的は3つあります。

 1つ目は、人間的に信頼される音楽家としての指揮者を育成すること。指揮の技術のみに頼ることなく、素晴らしい人格の形成に必要なことを学びます。

 2つ目は、音楽に対し常に真摯に向き合い、作品に関する研究を行うこと。指揮技術の向上はもちろんのこと、楽譜や楽器についての研究を幅広く行います。

 3つ目は、指揮という技術を通じて世の中に尽くすこと。例えば、大きな災害に遭われた方々の心の支えになることなど。

 本学では、プロの指揮者を育成するため全力を尽くすとともに、並行して人間的に価値のある音楽家を育成します。

授業概要(カリキュラム)

 指揮者として必要な指揮法によるテクニック、リハーサルテクニックを個人レッスンに加え、本学のオーケストラや合唱、オペラ等に参加することで習得します。

授業風景

 1年次は、指揮者の必要性、指揮者の歴史や技術の基礎を学びます。入学時に高い技術力を持つ学生も、必ず基礎指揮法を受講します。

 2年次から、オーケストラ作品の指揮を学びます。並行して本学の特長である、オーケストラ作品の一部(管・打楽又は弦楽)を指揮します。1回生から学んできた指揮基礎技術を2回生時に確かめてみることによって、学習の進め方を考えます。

 3年次からは、レパートリーの形成をしていきます。古典の作品から現代までの作品を指揮することにより、広い視野に立って研究します。この頃から、ますますオーケストラを指揮する機会が増えていきます。

 4年次は、“自分の指揮”ということを少しずつ考えてゆき、卒業後の進み方を決めていきます。卒業時は、公開による音楽会形式の卒業試験を行います。

科目一覧(現1回生用)

学生インタビュー

「指揮専攻で学んで良かったことは?」

photo京都市立芸術大学指揮専攻で学んでよかったことは,学生一人ひとりを大切にする教育環境に身を置いて勉強が出来ることです。

少数精鋭の学校だからこそ,定期的な指揮専攻のレッスンだけではなくオーケストラ等で他専攻の先生や学生とも密なコミュニケーションを図る事が出来るため,技術修練に加えて,どのように人と向き合うのか,今相手に対して自分に何が出来るのかなど「指揮者」としての様々を育くむ場所であると感じています。

松川 創(2回生)

教員一覧

下野竜也
  • 教授
  • オーケストラ 指揮

非常勤講師(実技)一覧

  • 越知晴子
  • 上中朝美
  • 水谷彰子
  • 山上友佳子

非常勤講師(実技)
プロフィールを見る