閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

音楽学専攻

音楽に関する幅広い知性を養い,

様々な領域で活躍できる人材を育成する。

教育目的

授業風景

「音楽学 Musicology」とは,音楽に関するあらゆる研究を含む学問領域です。音楽や音,音響に関る研究のほとんどすべてを含むような幅広さとともに,専門的な学術研究としての奥行きを持っています。

近年,音楽の領域では激しい勢いで多様化と拡散,複合化が進んでいます。西洋の芸術音楽のみならず,世界の諸民族の音楽,ポピュラー音楽,日本音楽,現代音楽,古楽,また環境音やノイズ,電子音響にいたるまで,さまざまな音楽や音,音響が共存し,互いに影響を与えながら複合的な展開を見せています。

本専攻では,そうした近年の音楽文化の多様化とグローバル化に対応できる人材を育てるために,専門領域の異なる4人の教員がそれぞれ西洋音楽史,現代音楽論,民族音楽学,音響・音楽心理学を軸とした指導を行っています。

音楽学専攻は,音楽の知識だけでなく実践的な経験をふまえた幅広い知性を養い,様々な領域で活躍できる人材を育てることを目的としています。また異なるテーマに関心をもつ学生たちが,たがいに刺激しあい,ともに学びあう環境をつくりたいと考えています。

授業概要(カリキュラム)

授業風景

音楽学専攻では,音楽学の基礎能力と専門的な知識を身につけ,学問的な思考を養うことを目指します。また,幅広い知識と適用能力が求められる現代の状況に対応できるような,柔軟な人間育成のための授業を提供します。

1,2年次には,音楽を理論,実践の両面から学ぶとともに,外国語の科目も履修し,音楽学の基礎的な能力を養います。

3,4年次には,それぞれ志望する演習クラスに分かれて専門研究を行い,卒業論文を仕上げます。

音楽学専攻は1学年3名と小所帯ですが,少人数であることを生かして,きめ細かい指導と教育を行い,柔軟性のある研究環境の実現を目指します。

また,音楽学専攻には一般選抜に加えて,社会人特別選抜が設けられています。すでに社会人の学生も複数在籍し,実社会の経験を生かして,学んでいます。卒業後は,大学院に進む者,実社会に出て就職する者に分かれます。

科目一覧(現1回生用)

在学生の声

美術学部の講義も履修でき,さまざまな刺激を受けています。

ガード エミリさん(音楽学専攻4回生)

2年次までさまざまな授業を通じて音楽学の基礎を学び,3年次から希望する研究室に所属します。少人数なので,学生同士はもちろん先生方との距離も近く,大きな力ぞえを受けて研究することができます。私は20世紀前半におけるフランスの音楽と他芸術との関わり合いに興味を持っています。京都芸大では美術学部の講義も履修できるという利点があるので,そこで得た知識を音楽の研究にも役立てています。先輩方の発表から研究に対する姿勢を間近に学んだり,定期演奏会に向けて行うコラムやインタビュー記事の制作においても,実技専攻の学生と協力して取り組む中で思わぬ気付きを得たり,さまざまな刺激を受けて日々を過ごしています。自分の興味や関心を思う存分掘り下げられる自由な気風こそ,音楽学専攻の魅力です。

授業に関連した専攻での活動について

定期演奏会に向けた出演者インタビューやコラム記事の作成,合同ゼミなど学生主体の企画も充実

専攻の活動

音楽学専攻では,実技専攻の学生とも協力して,本学部の定期演奏会をより盛り上げるため,学内に向けた出演者インタビューやコラム記事の作成などを行っています。上回生になると,定期演奏会プログラムの曲目解説の執筆も担当します。また,学生主体で立ち上げたオンライン合同ゼミも定期的に開催しており,研究室の垣根を越えて学生同士が刺激しあえる環境が整っています。

教員紹介