閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

学長メッセージ

潜在的な表現力を さらに輝くものに

京都の人々は考えた 芸術は新しい時代を切り拓く力だと

京都市立芸術大学は,創立140周年を超える,日本で最も長い歴史をもつ芸術系の学校です。明治初期の京都。幕末からの戦災や遷都によりまちが衰退していた1880年,復興を目指す若い絵師たちの思いを集めて,京都府画学校が設立されました。そして1952年,戦後の復興期に京都市立音楽短期大学が誕生しています。京都の人々は厳しい時代にこそ,芸術や教育が時代を切り拓く大きな力になると考えていました。伝統文化をもちつつ,常に新しいものを取り入れて,まちを活性化させてきた京都。その土壌に学び,さらに新しい価値観を示しながら,本学は日本の近現代芸術の屋台骨を支えるアーティストたちを脈々と輩出してきました。

少人数教育で学ぶ実技と理論 − 思考することで創造力を磨く

京都芸大は,常に「創造の現場」です。私たちが学生に求めているのは,芸術や文化に対する好奇心,表現することへの強い意欲,柔軟な思考力,あふれる個性です。一学年が両学部合わせて200人の小さな大学ですが,この規模だからこその「質の高い少人数教育」と,学部や専攻,実技と座学の「垣根を超えた横断的教育」を行っています。作品制作や演奏のためのテクニックや感性を磨く「実技教育」と同時に「理論教育」も重視します。感性や直感のみに頼らず,広く社会に関心を持ち,思考することで,潜在的な表現力をさらに輝くものに育てていくのが京都芸大の教育です。

いま,先が見えないといわれる時代に,芸術や文化の力が大きな注目を集めており,社会や産業のイノベーションに,デザイン・シンキング,アート・シンキングが必要といわれています。芸術には変化に対応していく柔軟さがあり,困難を乗り越える力があるからです。卒業生たちは,国内外の芸術界,産業界で活躍していますが,いわゆる芸術家のみならず,新しい価値観を生み出す力をもった人材として,社会の様々な分野でその力をふるっています。「無」から生み出すことを学んで身につけた想像力や豊かな表現力を発揮しているのです。

いよいよ2023年秋,学生の皆さんの学びの場となるキャンパスは,京都の玄関口である京都駅近くへ全面移転します。京都芸大は,未来に向けた方針として「テラスのような大学」を目指しています。「テラス」は,地域に開かれ多様な人々と交差し,交流を深める中で新たな展望を開くオープンな場所。本学は,これまでも真に多様な価値観を認め合う大学ですが,芸術の視点から時代や社会の「あたりまえ」を問い直して新たな価値観を提示し,失敗を恐れず実験的な取組ができる開かれた大学として挑戦を続けていきます。

学生は京都芸大という場で,高い志をもった仲間たちと出会い,教員であると同時にアーティスト,音楽家,研究者である教授陣と出会います。お互いに啓発しあいながら芸術を学び,創造力を磨く,そんな全ての体験は,社会に出てからの自信となり強みになります。人生を豊かにする方法を考え,将来の可能性を探っていく大切な学生時代,ぜひ京都市立芸術大学でしっかりと学んで,皆さんの夢の実現につなげてください。

赤松 玉女(あかまつ・たまめ)

略歴

画家。1959年兵庫県尼崎市生まれ。1984年に本学大学院美術研究科修士課程絵画専攻(油画)修了後,国内外の美術館やギャラリーでの展覧会を中心に活動。油彩,水彩,フレスコ技法等,画材や技法を組み合わせた絵画表現の可能性を研究。イタリアでの創作活動等を経て,1993年に本学美術学部美術科油画専攻教員に着任。2018年度から本学美術学部長。2019年4月から現職。2020年度尼崎市民芸術賞,2021年度亀高文子記念―赤艸社賞。