閉じる

共通メニューなどをスキップして本文へ

ENGLISH

メニューを開く

管・打楽専攻

管・打楽器は「音のパレット」。

様々な音色を自在に操るスペシャリストへ。

教育目的

授業風景

管・打楽器奏者は,オーケストラやアンサンブルの一員となっても,ソリストとしての技量を求められます。管・打楽専攻は,その責任を負うにふさわしい音楽家としての成熟を目指す方に開かれています。

在学中に,楽器を自在に操るテクニックを身につけることはもちろん,その楽器でしか出せない音色感の習得,バロック期からアヴァンギャルドにいたる,あらゆる音楽作品に対応できる知識の獲得に努めます。ソリストとしての能力はもとより,オーケストラをはじめとするあらゆるアンサンブルへの適応力を持った奏者の育成に力を入れています。

授業概要(カリキュラム)

授業風景

管・打楽専攻では,フルート,オーボエ,クラリネット,ファゴット,サクソフォン,トランペット,ホルン,トロンボーン,バストロンボーン,ユーフォニアム,チューバ,打楽器の中からいずれか一つの楽器(受験時に選択)を履修します。専攻実技は原則として個人レッスンで行われ,エチュード,独奏曲,室内楽曲等を通し,それぞれの楽器の基礎的な演奏テクニック,各時代の一般的な音楽的表現法の習得に努めます。管・打楽合奏やアンサンブル,オーケストラの授業では,小編成のアンサンブルから吹奏楽や大オーケストラ作品に至るまで,アンサンブルにおける演奏技術,表現法とともに各楽器の役割を学びます。

年に2回,独奏による試験,卒業時には30分程度のプログラムによるジョイントリサイタル形式の試験を実施します。

※2021年度から,新たな楽器科目(専攻細目)として,ユーフォニアムを新設しました。

【1年次】

教員との個人面談によって研究方針を定め,楽器のポテンシャルを最大限引き出すための基礎的な技術と知識を習得します。

【2年次】

古典派作品の演奏を中心に,音楽的文法の理解習得に努め,基礎的な技術と知識を確立します。

【3年次】

19世紀から近代にかけての作品解釈の実践を通し,音楽的知識,並びに高度な演奏技術を習得します。

【4年次】

幅広い年代の作品を演奏研究し,演奏家としてキャリアをスタートするにふさわしい演奏技術と知識を習得します。

科目一覧(現1回生用)

在学生の声

音楽の可能性の広さを知り,自分の音を追求できる場所です。

柳野 伽耶さん(管・打楽専攻4回生)

人数が少ないので,他パートの先輩・後輩ともすぐに打ち解けることができます。さらに他専攻の方々との交流も多々あるため,さまざまな刺激を受けながら広い視野で音楽と向き合うことができます。そしてソロや室内楽,吹奏楽,オーケストラ等,演奏の場が充実しており,楽器の技術やアンサンブル力など自分自身をスキルアップさせるにはうってつけの大学だと思います。新型コロナウイルス感染症が流行し,例年通りの大学生活を送ることができない時期もありましたが,対面レッスンや演奏会等のある日常が戻りつつあるのと同時に,改めて恵まれた環境にいるのだなと心から思いました。私はこの大学に入れたこと,素晴らしい先生方から音楽を学べていること,共に高め合い,時に支えてくれる仲間がいること全てに感謝しています。

授業に関連した専攻での活動について

ウエスティ音暦

専攻の活動

地域への文化芸術の還元,地域文化への寄与,市民に対する良質な音楽の提供を目的として,大学の所在区にある西文化会館での演奏会を京都市西文化会館,京都市音楽文化芸術振興財団との共催により,地域への文化芸術の還元を目的として「ウエスティ音暦」と銘打った演奏会を実施しています。2010年度から,年2回の内1回を管・打楽専攻が担当しています。

 

教員紹介

客員教授

非常勤講師(実技)一覧