大学概要

  1. 京都市立芸術大学
  2. 大学概要
  3. 教育方針(ポリシー)

教育方針(ポリシー)

美術学部

入学者受入れの方針(求める学生像)

美術学部は,次のような学生を求めています。

1 芸術文化に対して幅広い興味,強い好奇心を持っている学生

2 表現に対する強い意欲を持っている学生

3 自ら課題を見出し,解決しようとする意欲を持っている学生

4 基礎的な学力や造形力,柔軟な思考力を持っている学生

教育課程編成・実施の方針

美術学部は,以下を目的としたカリキュラムを編成し,実施します。

1 専門性の深化と専攻を横断する教育課程を通して,本学独自の開かれた「創造の現場」を作ります。

2 実技教育とともに学科教育も重視することで,表現力の習得だけでなく,新たな芸術を生み出す自由で豊かな発想力,思考力の育成を目指します。

3 少人数による密度の高い教育課程の中で,個々のテーマに合わせて課題を設定し,自ら学ぶ能力の習得を目指します。

卒業認定・学位授与の方針

美術学部は,卒業時までに達成すべき目標を以下のとおりとします。

1 芸術に関わる幅広い視野と,専門的な知識の修得

2 柔軟な思考力と独自の発想力の修得

3 自己の主題を実現する表現手法の修得

 

音楽学部

入学者受入れの方針(求める学生像)

音楽学部は,次のような学生を求めています。

1 音楽芸術の専門教育を受けるに足る基礎的技術と知識,強い学習意欲を持つ学生

2 個性と芸術的創造力にあふれる学生

教育課程編成・実施の方針

音楽学部は,学生が専門分野における技術と知識を学び,感性を養うとともに,あらゆる芸術の土台となる幅広い教養と,次の力を身に付けることを目指し,カリキュラムを編成し,実施します。

1 実演分野においては,楽器,声を操る上での基礎的な身体技法及びそれらを自由に操る知的応用力

2 創作分野においては,作曲上必要となる基礎的な楽音の取扱い方と知的応用力,またその記憶力

3 学術分野においては,問題を把握する基礎的な思考力及び情報リテラシー能力

卒業認定・学位授与の方針

音楽学部は,卒業時までに達成すべき目標を以下のとおりとします。

1 実演,創作,学術の各分野における,音楽人として相応しい音楽的もしくは学術基礎力,応用力の獲得

2 幅広い教養を有し,それらを社会に対して創造的に発信し,芸術文化に寄与できる能力の修得


美術研究科修士課程

入学者受入れの方針(求める学生像)

美術研究科修士課程は,次のような学生を求めています。

1 芸術および文化に対して幅広い興味,深い理解を持っている学生

2 新しい芸術の創造に意欲を持っている学生

3 自ら課題を見出す洞察力と,その解決に必要な知識,思考力および造形力を持っている学生

教育課程編成・実施の方針

美術研究科修士課程は,以下を目的としたカリキュラムを編成し,実施します。

1 専攻を横断する本学独自の開かれた「創造の現場」を通した専門性の深化

2 表現および研究の実践に必要な専門性の高い知識の教授

3 個々のテーマに合わせた密度の高い指導による,自ら研究する能力の養成

修了認定・学位授与の方針

美術研究科修士課程は,修了時までに達成すべき目標を以下のとおりとします。

1 芸術に関わる専門性の深化

2 広範な視野に基づく,独自性をもった表現や研究方法の確立

3 自己の課題を解決し,その成果を社会に発信する力の修得


音楽研究科修士課程

入学者受入れの方針(求める学生像)

音楽研究科修士課程は,次のような学生を求めています。

1 音楽芸術の専門的で高度な研究に必要な技術と知識,強い研究意欲を持つ学生

2 個性と芸術的創造力にあふれる学生

教育課程編成・実施の方針

音楽研究科修士課程は,学部で獲得した基礎力と応用力を踏まえ,学生が専門分野における高度な技術と知識を研究し,また音楽的感性を磨くとともに,次の力を身につけることを目指し,カリキュラムを編成し,実施します。

1 実演分野においては,自らの世界観を表すことのできる想像力と表現力

2 創作分野においては,自らの世界観を反映する音の構想力と第三者への伝達手法

3 学術研究分野においては,自ら研究上の問題を認識する思考力,またその問題解決へと向けた情報リテラシー能力

修了認定・学位授与の方針

音楽研究科修士課程は,修了時までに達成すべき目標を以下のとおりとします。

1 実演,創作,学術研究の各分野における,専門的音楽人として相応しい音楽的もしくは学術的に優れた想像力,表現力,構想力,思考力の獲得

2 他分野に対しても幅広い知見を有し,広く社会に向け,自らの創造的音楽観を問いかけ,グローバルな視野をもって芸術文化の発展に寄与できる能力の修得


美術研究科博士(後期)課程

入学者受入れの方針(求める学生像)

美術研究科博士(後期)課程は,以下のような人を求めています。

1 芸術に関する専門性を持ち,芸術および文化に対して幅広い興味,深い理解を有する人

2 独自の表現と研究方法による,芸術と世界との新たな関係性の創造に意欲的である人

3 研究成果を社会に発信する能力の確立に積極的である人

教育課程編成・実施の方針

美術研究科博士(後期)課程は,以下を目的としたカリキュラムを編成し,実施します。

1 領域を横断する本学独自の開かれた「創造の現場」を通した深い専門性の探究

2 創造および研究の実践に必要な高度な専門的知識や技術の教授

3 創造および研究活動を,積極的に社会に発信する能力の養成

修了認定・学位授与の方針

美術研究科博士(後期)課程は,修了時までに達成すべき目標を以下のとおりとします。

1 あまねく芸術,文化,社会に関する事象から導かれる高度な専門性の修得

2 尖鋭な視点と広範な視野に基づく,新たな地平を創造し得る表現や研究方法の確立

3 創造および研究活動の成果を社会に発信,展開し,新たな芸術文化の牽引者たり得る能力の修得


音楽研究科博士(後期)課程

入学者受入れの方針(求める学生像)

音楽研究科博士(後期)課程は,以下のような人材を求めています。

1 音楽芸術の専門的で極めて高度な研究に必要な技術と知識,強い研究意欲を持つ人材

2 個性と芸術的創造力にあふれる人材

教育課程編成・実施の方針

音楽研究科博士(後期)課程は,次の力を身につけることを目指し,カリキュラムを編成し,実施します。

1 修士課程において獲得した優れた想像力,表現力,構想力,思考力,音楽的感性を踏まえた余人をもって代替不可能な創造力

2 解決すべき課題を自ら創出し,自律的にその解決への道筋を整えることのできる能力

3 専門分野にとどまらず他分野にまたがる広範で深い知識と問題意識

4 社会との双方向的コミュニケーションをなしうるスキル

修了認定・学位授与の方針

音楽研究科博士(後期)課程は,修了時までに達成すべき目標を以下のとおりとします。

1 実演,創作,学術研究の各分野における,専門的音楽人として相応しい音楽的もしくは学術的に極めて優れた想像力,表現力,構想力,思考力の獲得

2 他分野に対しても幅広く深い知見と問題意識を有し,それらについて社会と双方向的に創造的コミュニケーションを図り,グローバルな視野をもって芸術文化の発展に深く寄与できる能力の修得