音と身体の記譜

| 2014年度から |
*2017年度,「西洋音楽の記譜研究」から名称を変更

プロジェクトリーダー:柿沼敏江(音楽学部教授)
滝奈々子(芸術資源研究センター非常勤研究員)
竹内直(芸術資源研究センター非常勤研究員)

西洋音楽の記譜法,日本の伝統音楽や民俗芸能を研究し,その解析や再現を進めます。同時に,作品や創作プロセスを含めて記譜法を広く捉え直し,記譜を新たな芸術創造の装置とみなし,表現の多様性を探ります。

【活動報告】
2014年度
2015年度
2016年度
2017年度

・「五線譜に書けない音の世界~声明からケージ,フルクサスまで~」

ページトップへ戻る